x
Missing
奈良県
5 フォロワー
tabbed by yuya
グルメ
7adf0aa6f4a168214371ea85d537102bcddc515b
奈良県
【玄】ユーミンが『死ぬ前に食べる最後の晩餐』に選んだ、ミシュラン⭐️の蕎麦処
奈良市福智院町、室町時代の書院造りの様式を伝える文化財・今西家別邸を利用した、ミシュラン1つ星を2012年以来毎年獲得し続ける有名人御用達のお蕎麦の有名店。 清酒「春鹿」で有名な今西家の別邸として建てられた、とても趣きのある建物を使用していて、まさに「隠れ家的」と言いたくなってしまう渋い店。 以前、ユーミン(松任谷由実)さんが「死ぬ前に食べる最後の一食を選ぶとしたら?」という質問に対して、"最後の晩餐"を玄さんのお蕎麦だと雑誌『文藝春秋』の蕎麦特集で言っていて、ご主人が年末になるとユーミンさんの自宅へ年越し蕎麦として生蕎麦を贈る仲だとか。 また、著名人や歌舞伎役者、某ハリウッド監督もフラリと立ち寄ったり、奈良出身の堂本剛さんがコンサートの打ち上げなどでよく利用しているお店なんだそう。 夜は一日二組限定、今のところ(15'12月現在)当面は予約はパンパンみたい。 お昼のメニューは、基本のお蕎麦は「せいろそば(@1,050円)」「田舎そば(@1,050円)」の2種類。 そのバリエーションとして、「梅たたきの水そば(@1,260円)」「山かけそば(@1,260円)」「おろしそば(@1,260円)」とある。 また、蕎麦を使った一品も何種類かあり、「そばがき(@1,260円)」「そば団子(@420円)」「そば豆腐(うにのせ・ゆばのせ)(各@525円)」などもある。
A35c2200774c195ef9a68c1d8d555f2baf7cd206
奈良県
ポスト竹田城の最有力候補!?山上に築かれた戦国の巨大城砦跡 ~高取城(奈良県高取町)
高取城へ登るルートは2つある。 一つは車で頂上付近まで登るルート。こちらは車を降りて10分程度で城跡までたどり着くことができるお手軽なコースなのだが、途中から道が狭く、駐車スペースも少ないので注意して行って欲しい。 もう一つは壺阪山駅から歩いていくルート。こちらは約2時間のハイキングコースとなる。 高取城の第1の城門から本丸までの高低差は390m。これは日本最大のもので、さらには山城としては最大の敷地面積を誇る。この広大な城を体感したいならこちらのルートをおススメする。麓の中世の面影が残る城下町の武家屋敷や寺社の横を通り抜け、当時の人々が歩いた道を進んで城に登ることができる。こちらはほぼ登山コースになっているので、しっかりと準備をして行きたい。 どちらにしても最終的にはこの大手門跡にたどり着く。こんな山奥に立派な石垣が残っていることに驚かされることだろう。 高取城は元々は南北朝時代に築かれていたようだが、本格的に整備されたのは戦国期になってから。豊臣秀長が郡山城主になった際に重臣の本多氏が築いた城で、本丸に天守閣を備え、多数の櫓を備えた本格的な要害となっている。 江戸期になっても城は高取藩の藩庁として存続し、明治6年に廃城になるまで使われ続けてきた。 廃城になってからは約150年といった所だろうが、石垣からは巨大な木々が生い茂り、植物に覆われていく姿は、古代遺跡のような風化具合にも見える。 人の手が入らないと、こうもすぐに自然に飲み込まれていくものなのだろうか。 城内の道は敵を防ぐために入り組んで造られている。何度も石垣に囲まれた曲がり道を進まされて、容易に天守閣に近づけないような造りになっている。まるで迷路の中を進んでいるようだ。 それもそのはずで、この高取城は江戸期に作られた城主の権威を示すものとして造られたというより、天然の要害を利用して造った実践向きの本格的な山城なのである。 関ヶ原の戦いの直前に、東軍についた本多氏は西軍の大軍に囲まれるが、この高取城に頼って戦い、陥落することは無かった。 さらに幕末には天誅組の襲撃を受けたが、吉村寅太郎率いる約1000人の軍勢をわずか200名の守備兵で撃退した。 まさに実戦も経験した難攻不落の要塞なのである。