x
4958c5b1c852a3202579c46b5d44072862718b1a
銀座周辺
4 フォロワー
9078b2455099066fdff3015ac544c06202068cec
銀座周辺
気軽に使えてデート向き❤︎ まほろば 新橋 うなぎ
コンセプトは、酒のつまみとしてうなぎを楽しめるお店。 いわゆるうなぎ専門店より気軽に使えて、デート向きなんです。 店主の実家は、高知県のうなぎ養殖業者。 こだわって育てたうなぎを安価に仕入れることが可能ゆえ、どの料理も驚くほどお手ごろ価格です。 うなぎの餌には鯵のすり身を混ぜているため旨みが強く、皮と身の間の脂身もしっかりあるので食べ応えも満点。 うな重やひつまぶしはもちろん、この店だけの名物、塩焼きや醤油焼きなど飽きのこない品揃えが魅力。 ビルのちょっと奥まったところにあるお店。 入り口に看板やのぼりが出てなければ、なかなか入りづらいだろう。 左側にカウンター数席、右側にテーブル席12人分くらいか。 ランチのうな重(1800円)を注文。 お重の大きさはちょっと大きいと思ったが、蓋をとれば標準的な大きさか。 うなぎ一匹分を使っているとのことだったが、下のご飯が見えてしまっているのが残念。 タレの味は甘すぎず辛すぎずちょうどいい。 こげがついていないきれいな焼き色。パリっというよりも柔らかい。 鰻の厚みは少しうすい気もしたが、このお値段なら十分なレベルではないでしょうか。 しかも高知県産の鰻を使用しているとのこと。国産鰻は久しぶりな気がします。 そしてしじみ汁、漬物、サラダもついてきてこの値段というのはかなりお得だと思います。 さすが新橋の有名店、素晴らしいコストパフォーマンスですね! ちなみにランチは他にうな丼(1500円)もあるようです。 二段うな重(3400円)もあるそうなので気になるところです。 夜はガッツリ鰻コースもあるそうで、こちらも一度いってみたいところであります。 人気店みたいですのでけっこう混んでいましたが、美味しい鰻をいただきました。 内幸町駅から256m 営業時間 11:30~14:00 17:15~23:00(L.O.22:00) ランチ営業 定休日 日曜日(不定休) 予算 (ユーザーより) [夜] ¥8,000~¥9,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 実際にお店へ行った人が使った金額です。 カード 可 (JCB、AMEX、VISA)
Da3eed5cc735a8f0ae475a8ba3be9fd281e1d4c0
銀座周辺
予約の取れないレストラン!荻野伸也監修デリ&カフェが銀座にOPEN
コンセプトは"おいしさにハッピーとヘルシーを+する" カフェスペース(50席)が設けられた店内では終日イートインが可能。 11:30から 15:00までは、イートインだけでなくテイクアウトもできるので、お仕事の合間に来るのもいいですね。 「nu dish Mousse Deli & Cafe」では終日イートインができるようになっており、“ムース食”以外にも季節の野菜を使用した様々なメニューも用意している。 ランチタイム限定で主食から1品、冷菜・温菜から2品ずつ自分の好きなメニューを選び、スタッフが目の前で盛り付けてくれるランチプレートは1200円(税込)のワンプライス! こちらはテイクアウトも可能となっている。 ランチタイムのデリメニューは週替わりで飽きのこないメニュー構成は女性に嬉しいところ。 そして、17時からディナーメニューに変わり、荻野伸也シェフ自慢のシャルキュトリー(お肉を加工した料理)やアルコールも提供するとのことで、夜もヘルシーでおいしい食事が楽しめそう。 忘年会シーズンの12月はなにかと不規則な食事になりがち。 「nu dish Mousse Deli & Cafe」のヘルシーで、尚且つおいしい食事は積極的に取り入れたい! 場所:東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1F 電話:03-3561-0730 営業時間: 平日 11:30~22:00 (L.O. フード 21:00/ドリンク 21:30) 土日祝 11:30~20:00(L.O. フード 19:00/ドリンク 19:30) ランチ 11:30~15:00 レイトランチ 15:00~17:00 ディナー 17:00~22:00(土日祝は20:00まで) 定休日:不定休
88ef91691359ab8e1cdbb294d4401362c64eaffc
銀座周辺
世界遺産のレストランに女子も思わず食いつく『ラ・メール・プラール』
東京店限定の「キノコのクリームリゾットとフォアグラのオムレツ」2,160円。 約25cmと巨大だが、メレンゲのように軽くて食べやすい 本店があるノルマンディー地方の煮込み料理やムール貝の料理なども評判。 特産シードルと共に味わいたい。 東京店も本店の温かい雰囲気が受け継がれた空間。 本場仕込みのふっくらしたオムレツは、目でも楽しめて優しい味わい。 世界遺産のレストランに女子も思わず食いつく『ラ・メール・プラール』 フランス西海岸サンマロ湾上に浮かぶ小島に築かれた世界遺産「モン・サン・ミッシェル」。 その地で歴史と伝統を受け継いだ『ラ・メール・プラール』初の海外店で2011年にオープン。 地下鉄有楽町駅とJR京葉線東京駅から駅直結、アクセス抜群だ。 本店の創業は1888年。 マダム・プラールがモン・サン・ミッシェルを訪れる巡礼者のためにホテルを開業し、栄養価の高いオムレツでもてなしたのが始まりという。 ふわふわのスフレオムレツはたちまち評判となり、世界中に知られるようになった。 ランチコースA。ラ・メール・プラール伝統のオムレツ、ココット2種、季節のオードブルと食後のコーヒーがセットに 看板メニューが、"伝統のオムレツ"。以来120年の時を超え、今や世界中に知られるまでに。ここ丸の内店は、記念すべき海外初進出店。 料理人は全て現地で修業を行い、本場同様の味を提供している。 一番人気は、やはりオムレツ。 1人前3個分の卵を5分間かけて丁寧に泡立て、かつてない口溶けとふわふわの食感に仕上げている。 地下鉄有楽町駅、JR東京駅から地下コンコースで連絡、雨の日も安心。 重厚な扉が訪れる人を迎えてくれる❤︎ 予約可 交通手段 有楽町駅より徒歩1分 営業時間 レストラン 11:00~23:00(22:00 ラストオーダー) カフェ 11:00~21:00(20:30 ラストオーダー) ランチ営業、日曜営業 定休日 無休 予算 [夜] ¥3,000~¥3,999 | [昼] ¥2,000~¥2,999 カード 可 (JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners) サービス料10%