x
0f6e4b05669edabc353e2668c7585196ab5ea135
Atsuko Saitoの気になるスポット
1 フォロワー
tabbed by Atsuko Saito
180102f3cfd4496dc544577d7dd345a94576921b
Atsuko Saitoの気になるスポット
幻のカカオ!絶品スイーツの数々…
超希少なカカオ「アリバカカオ」専門のフェアトレード・チョコレート専門店「MAMANO」 あらゆるカカオの原生種といわれているカカオで南米・エクアドルでしか採れない幻のカカオを使ったスイーツが楽しめます 夏の人気は「チョコレートスノーマウンテン」 夏季限定の世界初のチョコかき氷!花のような香りとフルーティーさが特徴のアリバカカオのチョコレートをたっぷりと使用し、かき氷のベースとなるチョコ氷には、水を一切使用せず、チョコレート・ミルク・生クリーム・グラニュー糖だけ! 薄く削られたチョコレート氷は、口の中でふわっと消えてなくなり、かき氷というよりジェラートに近い濃厚な味わいで絶品! 期間限定で、酸味や甘味に特徴のある爽やかなフルーツピュレや果肉を閉じこめ凍らせた「フルーツチョコ氷」も楽しめます! 冬の人気は「ほっちょこ氷」 ホットチョコレートとチョコかき氷を同時に楽しめる、新感覚の熱くて冷たいチョコレートドリンク。寒い冬にかき氷を食べても、ホットチョコで身体はポカポカ♪ そのほかにも、アリバ75%を使用した濃厚な極上ジェラートやガトーショコラをベースとした超濃厚チョコレートケーキなど、アリバカカオをふんだんに使用したチョコレートスイーツの楽しめます *営業時間 11:00~21:30(月~木曜日) 11:00~22:30(金曜日) 11:00~20:00(土曜日) 11:00~17:00(日曜日・祝日)
9e6c82066598d706adff56861d70966e3b2a99ce
Atsuko Saitoの気になるスポット
廚菓子くろぎ(本郷)
赤門ではなくて春日門からすぐなのでお間違いのないように❗️ 「品のイイ甘さで次々食べられちゃう。甘いものがダメな主人も、ここのわらびもちは好きなんです。インテリアも素敵だし、都内とは思えない緑豊かな環境で、絶対にまた来たいな♡」 廚 菓子 くろぎの絶品和菓子は"かき氷"と"蕨もち"。 なんとこちらの店は東京大学のキャンパス内に店を構えている。 ちょっと意外な立地がまた魅力だという。 「美味しい蕨もちがあると友人に聞いて、いても立ってもいられなくなって。話を聞いて、次の日にはもう伺ってました。キャンパス内を少し歩いて行く感じも楽しいですし、なによりお店の建物もカッコよくて。店内の雰囲気も抜群にいいんですよ」 国仲さんがいうこの建築は、同大学の教授で建築家である隈研吾氏が設計したもの。外観は杉板がウロコ状に張り巡らされており、店までの景観も楽しめるようになっている。 「蕨もちは口に入れた瞬間のあのプルプルとした触感がたまらないんですよね。『厨菓子くろぎ』のは特に他にはないつるりとした口当たりで……。そのおもちにきな粉をたっぷり絡めていただきます」 蕨もちの話になると説明に力が入る。心の底から薦めてくださっているのがわかる熱心さだ。 「本当は毎日でも食べたいくらいなんですけど、さすがにそれだと太っちゃいますから……。なんとか月1回くらいで我慢してます(笑)」 それ程ハマる蕨もちは仕事現場の差し入れとしても大活躍しているとか。 「この感動をみんなにも知ってもらいたいので!」 あまりの美味しさに、自らがつい広報役を買ってしまいたくなるほどこの品を愛しているのだという。 暑いオフィスの中でも、まるで風が抜ける縁側で休暇を過ごしているかと感じる贅沢な逸品。 「あの『くろぎ』の和菓子!」と、秘書室から歓声が上がること請け合いだ。 住所 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス 春日門 Daiwaユビキタス学術研究館 1F 予約不可 丸ノ内線「本郷3丁目駅」より 徒歩5分 営業時間 9:00~19:00 日曜営業 定休日 2014.12より無休 予算 [夜] ¥2,000~¥2,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 カード 可
B863c7e0ab699909d1610d31fef6873f0005463c
Atsuko Saitoの気になるスポット
知っていると自慢できる❤︎ キキ ハラジュク フリュイ ドゥ マ パッション
明治通りから一本入った路地裏にある、人気のビストロ。 Lunch¥2,500¥3,500 Dinner¥3,500¥4,000 旬の食材を活かすよう心掛けています。 目を奪われる彩り鮮やかな一皿と斬新な美味しさが評判を呼び、多くの女性が訪れている。 もちろん、デートにも有効。 原宿という土地柄とお店の個性とのギャップで、ハートと胃袋をがっちり掴むこと間違いない。 その原宿で本物のフランス料理をカジュアルな雰囲気の中で食べられるキキ・ハラジュクの存在は非常にユニーク。 原宿界隈ではわたしの中でトップを争うこちら。 お店はこじんまりだけど、メニューが全て果物を使ったもの。 女子は絶対好きですよ、男性陣! 東京原宿にある隠れ家的フランス料理の店『KIKI HARAJUKU fruit de ma passion』。 メニューは全て果物を使ったもので、メニューの斬新さもあって女性に人気。 メニューはよく変わるので、何度行っても新鮮な楽しさを味わうことができる。 料理と一緒に味わえるビオワインも絶品。 Lunch¥2,500¥3,500 Dinner¥3,500¥4,000 旬の食材を活かすよう心掛けています。 ワインはフランスから3種¥2600 5種¥3900 7種¥4800 器も素敵だしビオワインがとても美味しい! そして何より本当に一皿一皿が可愛い! 野菜やフルーツがどのお料理にもふんだんに使われてて、お魚やお肉と掛け合わせると彩も良くあまり食べたことない新境地の味付けに。 それが毎回ワクワクするし、楽しい! 青りんごとキウイを合わせた甘くないチーズケーキ風の前菜や、柑橘を合わせたパスタなど、まるでデザートのように美しい料理で未体験の味を届ける。 ワインペアリングコースもぜひ❤︎ 予約可 交通手段 東京メトロ明治神宮前駅7出口から徒歩5分 明治神宮前駅から236m 営業時間 12:00~14:00(L.O.) 18:00~22:00(L.O.) 定休日 水曜中心月7日 [夜] ¥6,000~¥7,999 | [昼] ¥3,000~¥3,999 カード 可 サービス料 300円
7cf8758c530c25c99b78d873ebcf2bfe3946bb07
Atsuko Saitoの気になるスポット
賞味期限30分!絶品!わらび餅!
東京大学・本郷キャンパス内の春日門にある、知る人ぞ知る和食割烹の名店「くろぎ」が手がける和菓子店「廚 菓子 くろぎ」 まず驚くのはその外観。奇抜なようでいて木の温もりを感じさせる開放的な建物は建築家・隈研吾氏によるデザインで、とても洗練された印象です 店内は、お洒落でモダンなセンスが漂い、木の温もりに溢れる大人の空間が広がっていてテラス席もあり、ゆっくりとくつろげます こちらでは、これまで本家「くろぎ」のコース料理の最後にデザートとして出されていた和菓子などが楽しめます また、恵比寿のスペシャルティーコーヒーの専門店「猿田彦珈琲」をパートナーに、和菓子とコーヒーの組み合わせを提案していて、和菓子に自然になじみます オススメ№1「蕨もち」 希少な本わらび粉で作り、艶やかな黒色の瑞々しい本わらび餅は、口の中でもち~っとどこまでも伸び、驚くほどの弾力感が感じられ、この独特の食感は作ってからたった30分しか味わうことができないため、賞味期限を30分としています また桜の花びらといただくと、その風味と塩気が大きなアクセントに感じられます。一緒に添えられたきな粉と、香り高い抹茶を混ぜ合わせた青大豆で作るうぐいす粉にはほんのり塩味が加えられていて、甘みをより一層引き立て、2種類の味が楽しむことができ絶品! オススメ№2「あんころもち」 うるち米を加えて炊いた餅米は粒を残してふっくらと握られ、潰し餡は小豆の風味がしっかり。甘さを抑えた餡は上品で、懐かしさの中にもモダンを感じます。作りたて数量限定のため、タイミングが合えば味わえる逸品! オススメ№3「おぜんざい/冬季限定」 ここのおぜんざいは焼きたての丸餅がミニ七輪の上に乗せられ、あんこと別々になっています。炭火で焼かれたお餅は外はパリッと中はもっちり!あんこには、隠し味で黒糖と醤油が入っているので、味がギュッと引き締まり上品な味わい。豆の形もしっかり残っていて一味違う味わいを楽しめます そのほかにも、見た目にも美しい季節の上生菓子や葛きり、かき氷などが愉しめます。かき氷は、毎月1種類ずつ季節に合わせたもので、他では味わえない洗練されたかき氷が楽しめ、毎月訪れる人も多く評判の一品 おもたせにも喜ばれる、お持ち帰り用の上生菓子や干菓子なども販売してます *営業時間 9:00~19:00 *定休日 不定休
8a96d9eae3d5021ea63df3a8bc83f49bcb75c01f
Atsuko Saitoの気になるスポット
サンフランシスコ発!クラフトチョコレート
東京下町・蔵前の路地裏にある、チョコレートファクトリー&カフェ「Dandelion Chocolate」 店内はカカオの濃厚な香りが漂っていて、1階はファクトリーとスタンド、2階は木の温もりを感じる落ち着いたカフェスペースになっています ビーントゥバーチョコレートは、シングルオリジンと呼ばれる、ブレンドされていない生産地の明快な豆を選んでいることが特徴!豆の選別から成形まで全てが手作業で行われ少量生産に徹し、一つ一つこだわって作られています カカオとケインシュガーのみを使い、牛乳や類似する添加物を使用しないことでカカオ豆の風味を純粋に味わうことができ、ラインナップは時期によって変わります カフェスペースでは、サンフランシスコの本店の味を再現したチョコレートドリンクやスイーツを楽しめます ~オススメ№1~ 「パプアニューギニア・スモア」 グラハムクラッカーの上に、ビターなチョコレートガナッシュ入りの四角いマシュマロをのせてあり、バーナーで焼いてます。焼くことによって甘さを増したマシュマロと、中央のチョコレートのほろ苦さが口の中でお互いを引き立て、新鮮な味わいで絶品! オススメ№2 「ブラウニー・バイト・フライト」 カカオ豆が異なるシングルオリジンチョコレートを使った3種のブラウニーの食べ比べができ、それぞれ独自のフレーバーが引き立ちます ~オススメ№3~ 「ミッション・ホットチョコレート」 唐辛子やシナモンなどのスパイスを加えた変わり種のチョコレートドリンク。見た目はカプチーノですが、一口飲むと柔らかい口当たりでチョコレートの香りとピリッとしたスパイスの味が口の中でふわっと広がる大人の味わいを楽しめます *営業時間 10:00~20:00 *定休日 不定休
A302a01622b0c7863c8cd9cfbba84955d33272e5
Atsuko Saitoの気になるスポット
正統派本格日本式焼肉食べ放題ランチ 1365円
創業46年を誇る老舗として、これまで正統派本格日本式焼肉の真髄を守り、 真心のこもった手作りの味を大切にしてきました。 創業48年を誇る老舗として、これまで正統派本格日本式焼肉の真髄を守り、 真心のこもった手作りの味を大切にしてきました。 秘伝のタレにつけ込んだ、国産黒毛和牛の自慢の肉を味わえる本格焼肉や、 自慢の充実した韓国家庭料理の数々を、是非ご賞味下さい!◆8階は料理・空間・サービスどれをとっても納得の本格派向け! (6階は満腹派の食べ放題) ◆これぞ正統派焼肉◎創業46年!自慢の老舗の味に妥協なし!! ◆コンクールで受賞経験のある料理長の手作り料理が自慢です。 ◆JAZZが流れる空間は女性にも人気♪女性が7割という清潔感あふれる店内。 ◆無煙ロースター完備なので、においが服についてしまう心配なし。 ◆老舗ならではの肉へのこだわりは、接待・記念日などにもオススメです。 日替わりランチ 季節にあわせた絶品日替わりランチ。ビュフェバイキングも食べ放題となります。 【ランチ焼肉食べ放題メニュー】 焼肉食べ放題のお肉は皿盛りのテーブルバイキングです。 日替わり9品 ビュッフェバイキング 前菜/キムチ/カクテキ/サラダ/ナムル 日替わりお惣菜/日替わりお鍋 杏仁豆腐/コーヒーゼリー 食べ放題 ビュフェバイキングも食べ放題となります。 A,ランチ焼肉食べ放題 1365円 (カルビ、ハラミ、タン、豚ロース、鳥モモ、ハツ) B,ランチ焼肉上物食べ放題 1827円 (やわらかカルビ、骨付きカルビ、ハラミ、タン、豚ロース、鳥モモ、ハツ) 【TEL・予約】 050-5868-2433 (予約専用番号) 03-3200-2934 (お問い合わせ専用番号) 【住所】東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 東海苑ビル 8F 【交通手段】 JR新宿駅東口徒歩3分/西武新宿線西武新宿駅徒歩3分/地下鉄丸ノ内線新宿三丁目駅徒歩3分/小田急線新宿駅徒歩5分 新宿西口駅から306m 【営業時間】 11:30~15:00(LO) 17:00~翌1:00(LO) ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業 【定休日】年中無休
E6ec4eafbf8941da5da19765c8573f1951e34c99
Atsuko Saitoの気になるスポット
TOKYO Kenkyo
贅沢な厚みと芳醇なモッツァレラが奏でる絶品カツサンド モッツァレラカツサンド 1400円 自家製のソーダとサンドイッチが堪能できる『TOKYO Kenkyo』。JR渋谷駅から徒歩10分ほどの場所にあり、閑静な住宅街にある。 『TOKYO Kenkyo』は2014年12月にオープンしたばかりのカフェスペースなのだが、早くも地域住民の間で噂になっている。「何度も通ってしまうほど美味しい」と言われているのだ。 この店では、果実をジャムにし、ソーダと組み合わせて自家製ドリンクを提供している。それが絶品なのは言うまでもないが、贅沢な厚みと芳醇なモッツァレラチーズが奏でる絶品カツサンドが人気なのだ。 カツは注文を受けてから仕込むため、完成まで十数分の時間を要する。待っている間、自家製ソーダやコーヒーを飲みつつじっくり待つ。 モッツァレラカツサンドは驚くほど厚みがあり、その断面を見てみると、ジュワジュワと肉汁があふれ出ているのがわかる。 たっぷりとソースがかけられており、酸味のあるフルーティーな香りが漂い、食欲を沸き立たせる。 食べた瞬間、焼きたてのサクサクとしたトーストの香ばしさと食感が伝わってくる。それを追いかけるように、ジューシーで柔らかいカツが肉汁を大放出。 トーストが香ばしさ、カツがジューシーさを役割として受け持ち、そのバランスが絶妙なのだ。 しかも、カツの中にモッツァレラチーズがサンドされているため、まろやかさと芳醇さが増すのである。 手づかみで食べたいところだが、ナイフとフォークも用意されているので、上品に食べることもできる。 店内の雰囲気が良いため、ソーダやコーヒーを飲みつつ寛いでいる人が多くいるいう。カフェとサンドイッチが好きならば、行く価値がある店といえよう。 TOKYO Kenkyo 住所: 東京都渋谷区南平台町7-9 営業: 8:00~24:00 休日: 無休 ルート: JR渋谷駅から徒歩約10分
Bc8f2762829c4f51fa473660ef5f02ea65e1a6e9
Atsuko Saitoの気になるスポット
“せんべろ”の名店!赤羽・立ち飲みおでん屋「丸健水産」
丸健水産ではおでんの練り物がすべて手作り! お店の奥では職人さんたちが軽快な包丁さばきですり身を作ってくれています。 この練り物はおでんに用の具ではあるのですが、おでんの汁に使っていない練り物も別枠で食べることができます。 まずは一杯ひっかける前に魚のすり身の本来の味を楽しみましょう♪ タイミングが良ければ厚揚げやがんもどきが揚げたてホカホカで食べることができますよ。 魚本来の甘みが感じられ、店員さんに注文するときのワクワク感もたまりません! 丸健水産のおでんは東京風。色は薄いながらも鰹出汁の濃い汁と、手作りの練り物から染み出る出汁とがあいまった最高のおでんです。 出汁とのコラボレーションが最高の練り物を食べるもよし、良く出汁の浸み込んだおでんの王様大根や玉子を食べるもよし。 おでんでひと時の幸福を噛みしめてください♪ また、注文してから出汁に入れてくれる水産庁長官賞を受賞したことのあるフワッフワーで大きいはんぺんも絶品です! 【お品書き】 大根  120円 こぶ      60円 はんぺん   110円 つみれ    150円 スタミナ揚げ 260円