x
3d0691ccafc689f12303ce5fad723a905862e47a
東京 いろいろ(^_^)/
2 フォロワー
tabbed by ぱいぴぃ
A470e1ca9a10e3114680a6c74ba041b760695418
東京 いろいろ(^_^)/
虎ノ門3206本店
神谷町駅から御成門駅へ向かう通り沿いにある「虎ノ門3206本店」。 大使館など向けに製造する傍ら店舗での販売も行っている。 注目は40種類以上あるサンドイッチ。デパートなどの催事でも売り切れ続出の人気商品。定番のツナとアボカドのサンドは、1缶分かと思うくらいのツナの存在感。ゆで卵たっぷりとタルタルソースが入ったデビルサンド。極めつけはオールデーブレックファースト。レタス、トマト、ベーコン、目玉焼き、ソーセージがまとまった厚さは約8cm。 併設カフェでのイートインランチは、ラザニアやハンバーグなどのほかに、サンドイッチ2種類とドリンクのセットも人気。店頭にはサンドイッチのほか、もっちりしたベーグルなど約30種類のパン、15種類の生ケーキ、ラスクなどの焼き菓子も並ぶ。春秋は11時過ぎから混み合い、テラス席も早々に埋まる。 ツナとアボカドのサンド 440円 デビルサンド 400円 オールデーブレックファースト 460円 クランベリーベーグル 200円 サンドイッチ2種類とドリンクのセット 950円~ 虎ノ門3206本店 東京都港区虎ノ門3-20-4 クレジデンス神谷町1F 03-6435-7933 平日 8:00-20:00 土日祝 9:00-18:00 無休 完全禁煙 神谷町駅3番出口より徒歩3分
Ae8270345bb0e7b409e4bb7574957e9db9486ed6
東京 いろいろ(^_^)/
「格之進R」が、新たな試み、先取りとして黒毛和牛のTボーンの提供をする姉妹店をオープン
昨今の熟成肉ブームのずっと以前から日本にあった熟成の手法“枯らし”。その“枯らし”による熟成肉に取り組み、焼肉店での提供を試みてきた「格之進R」が、今度は新たな試み、先取りとして黒毛和牛のTボーンの提供をする姉妹店を今年1月にオープンさせました。店名は「肉屋 格之進F」、場所は六本木一丁目のアークヒルズサウスタワーになります。店名に肉屋とあるとおり、店頭では精肉も販売、肉の専門店を目指しています。 同店では黒毛和牛のなかでも経産牛やA3の肉を使用することで昨今の赤身肉人気に対応し、また高価な黒毛和牛をリーズナブルに提供することを実現しています。本来であれば経産牛やA3はA5に比べ旨みの点でも味が落ちると考えられていますが、熟成肉(ドライエイジング)を使用することでその点を補っています。提供するお料理は気軽にオーダーができる価格帯のものばかりで、どれもサイドメニューは600円前後、黒毛和牛のグリルも1000円~1200円での提供となっています。そして、なんといっても白、赤のグラスワインが290円で10種類以上用意されていることも驚き、嬉しいサービスです。 ■肉屋 格之進F ・住所:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー B1F ・TEL:03-3505-0298 ・営業時間: 月~金 ランチ   11:00~15:00 ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00) 土日祝 11:00~22:00(L.O.21:00)
08bb2ba00b3053e13be71f231e225300e1b482ab
東京 いろいろ(^_^)/
都内で最強にウマくて安い焼肉屋キター!和牛ドッサリの盛り合わせが自慢『俺の焼肉屋』
霜降りのとろけるような肉がくいてー! けど和牛を食えるほどの金がない! とお嘆きの人に朗報だ。 東京に霜降りのとろける和牛カルビやロースがドッサリ乗った盛り合わせが激安で食べられる焼肉屋があるとの情報を読者からゲットしたので早速行ってみた所、確かにメチャメチャうまくて安いのにお会計は焼肉チェーン並みだったので、ご報告しよう! そのお店の名前は『俺の焼肉屋』。所在地は東京・蒲田だ。人気店なのかと思いきや20時半で客席の埋まりが7割程度だったので若干不安になったが、気を取り直してメニューを見てみることにした。 まずはドリンクを見てみると、サワーが294円、ソフトドリンクが100円とメチャメチャ安い!お酒を飲めない人にはかなり嬉しい値段設定だ。 肉も特選の和牛カルビやロース数種類が350グラムも乗った盛り合わせが3000円、牛タンも650円と激安。早速それとナムル盛り合わせ(350円)、ライスの中と小を注文。 数分ほどしてすべてのメニューが到着、盛り合わせの肉すべてに美しいサシが入っており、とても良い肉を使っていることが伺える。 一口食べると和牛の甘味、旨味が口いっぱいに広がり、ライスと一緒に食べると幸せすぎてショック死しそうな味わいである。一般的な価格で言うと、最低でもこの1.5~2倍ぐらいはしそうな気がした。 また、ナムルや牛タンも値段以上の味。店舗の雰囲気は落ち着いた感じではなく、ガスによる火で焼くタイプの焼肉だが、それを差し引いてもコストパフォーマンス抜群のお店であった。良い肉を使っているので、炭火でなくとも十分に美味しいのである。 ちなみにかかった金額は2人で4000円ちょっと。特選の盛り合わせを頼まなくても普通の和牛カルビは430円からあるので、更に出費を抑えて良い肉を食べることだって可能だ。 2人で盛り合わせを食べたら死ぬほど腹がいっぱいになってヤバかったので、2人の時は単品メイン、3~4人で来たときは350グラムの盛り合わせを頼み、お腹の具合を見ながら他に2~3品を注文するのが良いかもしれない。 蒲田は京浜東北線か京急線、東急線を使わないと行けないので、若干都心から行くのは不便な地域かもしれないが、それでも行く価値がある店であった。