x
F7f2bb7701e0347305535bc82d08ef1330bb1e0c
御茶ノ水/水道橋
22 フォロワー
tabbed by トン クル
E3e03df5e577f7b080f2444c0f4ac506451b1d92
御茶ノ水/水道橋
揚げの技が光る!『ポンチ軒』の究極のヒレ一本揚げ
とんかつフリークを自認するなら、一度は試してみたい逸品が、ここ『ポンチ軒』の名物「究極のヒレ一本揚げ」である。 豚は、旨みの濃い沖縄豚。これをゴマ油とコーン油をブレンドした揚げ油で静かにゆっくりと揚げていく。 「中心部まで火を通しつつ、パサつかせないよう揚げるには、温度のキープが肝心。140℃をキープしながら、約15~20分ほど揚げたら、今度は145℃に揚げて約5分。周りをカリッと揚げ切る」のが、『ポンチ軒』スタイルだ。 対して、サクッと艶やかな衣の中から現われたのは、肉汁を湛えて潤う肉片。 仄かにピンクを帯びた芯の部分が、キュイソンの見事さを物語る。 このギリギリの火加減から生まれるジューシーさも、500gの塊で揚げればこそだろう。カツはロースに限るという向きも納得のおいしさだ。 ちなみにこの店、フライの旨さで定評のあったあの赤坂『フリッツ』のリニューアル店。 この店のとんかつは、グルマン達には周知のところだが、実はもう一つ、知る人ぞ知る名物メニューがある。 〝手切り豚しゃぶ〞だ。 文字通り、手で切った厚切り(3〜4㎜)の豚肉を使い、食べ応え満点。 手切りにする理由は、「肉の断面に微妙に凹凸ができるため、口の中に入れて噛んだときに、食感がいいのはもちろん、肉から旨みがたっぷり出てくるんです」と店長。 豚肉は味わいにクセがなく、脂が甘い沖縄産のブランド豚を使用。 昆布やカツオの和風だしを沸騰直前まで温め、水菜とねぎをたっぷり入れた上に肉を浮かべる。 ゆっくり火を通して、全体に白くなった瞬間に食べるのがベスト。 厚切り肉なので火を通し過ぎると硬くなってしまうのだが、店のスタッフがほぼ付きっきりで面倒を見てくれるので安心。 もっちりとした食感と濃厚な旨みは、しゃぶしゃぶの概念を覆す。 一度知ったらリピーターにならざるを得ない珠玉の豚しゃぶだ。 都営新宿線小川町駅B5出口を出て最初の角を右折突き当たりを左折したら60mほど先の右側 営業時間 11:15~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:00) ランチ営業 定休日 日曜日、第3月曜日 予算 [夜] ¥2,000~¥2,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 カード 可 (JCB、AMEX、Diners)