x
5157023da7157710a5acc40e10e3813223a0d5f7
cafe & sweets
49 フォロワー
tabbed by Neko Master
行って良かった 行って見たいスイーツとカフェ
Fc06da524f8de4ac16ce8a9cd56cd4c69d97f403
cafe & sweets
自家焙煎珈琲と、百塔の街プラハ『roastery 百塔珈琲(ひゃくとうコーヒー)』
アルプス洋菓子店以外にカフェ好きの心をとらえるお店が見あたらなかった駒込駅界隈が、百塔珈琲の登場で一躍「おいしいコーヒーが飲める街」に変身しました。 印象的な店名を目にした瞬間に浮かんだのは、チェコの首都、「百塔の街」と呼ばれる古都プラハ。 はたして店主、李容氾(り・よはん)さんと簡単なメールをやりとりすると、李さんがかねてよりフランツ・カフカの小説やシュヴァンクマイエルの映画などのチェコ文化に心惹かれており、用意した幾つかの候補の中からプラハを意味するこの店名を選んだことがあきらかになりました。 ここでは圧倒的にコーヒーが主役。ほかにはコーヒーと相性の良いケーキ、紅茶3種類とりんごジュース。 メニューにはブレンド4種類とストレートコーヒー8種類が、焙煎度ごとにわかりやすく並んでいます。すべて550円、日替わりで500円になる銘柄も。 酸味とボディのバランスのとれたメインブレンド「百塔ブレンド」と、甘いコクを持つ「駒込ブレンド」はシティロースト。ビターチョコレートを思わせる「ショコラブレンド」はフルシティロースト。やわらかな苦味の「深煎りブレンド」はその名の通りフレンチロースト。
22cd4ece101000ab1c1fc701c584c226903bb721
cafe & sweets
日本一美味しいショートケーキのお店 FRENCH POUND HOUSE
日本一美味しいとされるショートケーキがなんと、東京・巣鴨にあることをご存じでしょうか。この店の名は、FRENCH POUND HOUSE(フレンチ パウンド ハウス)。JR巣鴨駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅街に位置し、いつも多くのスイーツファンでにぎわっています。 また、テレビや雑誌などの多くのメディアでも紹介されているため、特にイチゴのショートケーキは大盛況とのこと。スポンジ作りが間に合わないため、品切れしてしまうこともあるのだとか!これは一度食べてみたい。錦戸亮君もあっという間に完食したショートケーキを食べてみたい! この日、訪れたのは11月のとある昼下がり。早速、店内に入ってショートケーキを2個注文。2個注文した理由は、単純にショートケーキの種類が2種類あったからです。 ・ブラン(599円税込)・・・たくさんの苺、良質の生クリーム、スポンジに軽く苺の果汁を含ませて。お酒は使っていません。 ・ルージュ(599円税込)・・・苺の果汁を加えたメレンゲを生クリームと合わせ、香りづけ程度の苺のお酒とキルシュを使いました。 (※公式サイトより引用) 果たして本当にこのショートケーキは美味しいのでしょうか。早速、一口食べてみると、「お、お、オイシイ!」。今まで何個もショートケーキを食べてきましたが、これほど上品でかつしっとりしたケーキは食べたことありません。特にルージュの方は多少お酒が入っているため、よりさっぱりとした印象で風味も最高でした。 やはりメディアで騒がれていることだけあるでしょう。次回は家族を連れてこのお店に訪れたいと思います。 みなさんも、某雑誌ケーキランキングでも1位になったこのショートケーキ、是非食べてみてはいかがでしょうか。完売する恐れもあるので、できるだけ早い時間に行くのがオススメですよ。 ■FRENCH POUND HOUSE(フレンチ パウンド ハウス) 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-4-4 巣鴨駅より徒歩約5分/駒込駅より徒歩約12分 営業時間 10:00~20:00 (年中無休/12月31日18:00~1月5日はお休み)
05e6c7dfd2431ee53720326eaada7a5f8377e87d
cafe & sweets
NYで最もおいしいショコラ「マリベル ニューヨーク」のカフェが自由が丘に♪
NYで最もおいしいショコラ「マリベル ニューヨーク」のカフェが自由が丘に♪ “銀座ショコラストリート”という通りができるほど、おいしいチョコレートが集まる東京。海外の有名なショコラトリーがひしめく中、また1店舗、4月26日(土)、東京・自由が丘にオープンしたのが「マリベル ニューヨーク 自由が丘店」。ニューヨークでいちばんおいしいと言われているそう! 「2000年にニューヨーク、ソーホーにオープンして以来、ニューヨークタイムスに最もおいしいと評され、数々の著名人を魅了し続けているショコラティエが『マリベル ニューヨーク』です。2012年に京都店をオープン、そして渋谷にトゥモローランドとのコラボレーションショップとなる東京1号店が登場し、今回ついに東京初出店となるカフェを併設した自由が丘店が誕生しました」と広報担当の米澤さん。 自由が丘店では、2階のカフェでショコラやサンドイッチ、パンケーキもいただけるとか♪ どんなメニューかもっと詳しく教えて! 「『マリベル』の核となるカカオは、希少価値の高い、良質なクリオロ種。もちろん、ほかの原料も独自の厳しい基準で選んだフレッシュなものを使い、丁寧に手作業で仕上げています。そうして完成したショコラを、自由が丘店の2階でお召し上がりください。特に、『ホットチョコレート』は人気のメニューのひとつ。こちらは、とろりと濃厚なヨーロピアン、アメリカン、エスプレッソ入りのモカチーノの3タイプ。このタイプごとに、プレーンなアズテックやビターなダーク、スパイスをブレンドしたスパイシーなどフレイバーを5種ずつ揃えております。また、オリジナルデザート『クレイジーショコラ』もぜひ。ショコラを使ったパンケーキ生地の上に、人気のシングルモルトのジェラートを添えています。濃厚なショコラとシングルモルトの香りがベストコンビなんです。ほかにもジェラートやサンドイッチなどもございますよ」(同) どれもおいしそうで、迷っちゃう♪ NYで評判のショコラを、自由が丘店のカフェでじっくり堪能してみては? ショコラティエがチョコレートの魅力を伝授☆ショコラカフェ「DEL’IMMO」 マリベル ニューヨーク 自由が丘店 東京都目黒区自由が丘2-16-10メイプルファーム内 03-3724-5052 オープン日/4/26(土) 営業時間/11:00~20:00 
7ba2fe820080aa28f32ca6a0ac23cb192ff2dee8
cafe & sweets
谷中ボッサ
  『谷中ボッサ』は、そんな谷中の町に佇む、小さな小さな喫茶店だ。木の扉を開けると、そこは誰にも邪魔されない穏やかな空間。築100年の民家を改装した店内は居心地がよく、音量を絞ったボサノバは耳元で囁くように優しい。周りを見渡せば、地図を広げながら考えごとをする人、一眼レフで撮影に興じる人、道行く人々をぼんやりと眺める人……。それぞれが自分だけの時間にどっぷりと浸りながら、店の空気に溶け込んでいる。  「コーヒーを飲みつつ、長居してくださるお客様が多いですね」と話すのは、物腰柔らかなマスター。音楽はもちろん、コーヒーやアマゾンの自然、サッカーなどブラジルのすべてを愛して止まない、筋金入りのブラジル・フリークだ。「うちのコーヒーはすべて、無農薬・有機栽培の豆を使っています。有機のコーヒーはヘンな酸味や苦味がないから、体に良いだけじゃなくておいしいんですよ」と教えてくれた。料理に使う野菜も、なるべく無農薬や減農薬にこだわるなど、細やかな心配りが嬉しい。ブラジル・北東部バイーア地方の郷土料理「ムケッカ」や、手作りのケーキにもファンが多いという。  週末の夕方を中心に、不定期でライブも開催している。ボサノバはもちろん、キューバ音楽や韓国太鼓、弦楽と詩のコラボレーションなど、ジャンルは多彩。アンプやマイクに頼らず、小さな店ならではの親密なムードを大切にしている。  静かに流れる音楽を聴きながら、まったりと過ごすひととき。傍らには、体にも舌にも嬉しいコーヒーと料理。散策の途中に、ぜひ立ち寄りたい隠れ家だ。