x
91b1cd717145947c835ca0424c3be8198b802cc8
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
1312 フォロワー
tabbed by Ma☆sa
83cf77ed4bc5acd45c43a788e185a4fac81b74ca
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
ふわふわとした雪のような、不思議な焼きアイス
京都・織物の街、西陣の閑静な住宅街に佇む、京町家をリノベーションしたあられ処「菓匠 宗禅」に併設されてる和カフェ「茶房 宗禅」 販売スペースから茶房も繋がっていますが、店脇の路地には茶房の入口があります 店内は、どこかゆっくりとした和の空間が流れ、情緒溢れる落ち着いた雰囲気の中で心地よい時を過ごすことができます 一番人気は「春待ち焼アイス」 焼きアイスは、大文字などの送り火で知られている京都の五山に降り積もった雪を、ふわふわのメレンゲで表現しています 一番の見所は目の前で焼き色をつけてくれるパフォーマンス!うっすらと焦げ目のついたメレンゲに抹茶やきな粉、そして黒ごま・黒米・黒大豆・黒松の実・黒かりんから作る黒五のパウダーがトッピングされる様子は、雪解けを迎え、徐々に色づいてゆく春の野山を思わせます メレンゲの中には、それぞれのトッピングと同じく抹茶・きな粉・黒五入り黒豆アイスが隠れていて、お米のラングドシャ、お米のラスクなど、あられ匠ならではの素材がアイスの下に敷かれていて、口に入れた瞬間はメレンゲのとろける風味、そして一歩遅れてアイスのひんやり感が伝わってくる面白い食感を楽しめる一品 オススメは「西陣パフェ」 何色もの糸を使って織り上げる西陣織をイメージし、まあるい抹茶ときな粉のアイス、お米のラスクやアイスショコラなど、十数種類の素材がいくつもの層を作り上げ、奏でるハーモニーにワクワク感が高まります。その中でも注目すべきは、あられ用の秘伝醤油を加えた生クリーム!コクが生まれ、甘さを引き立て病みつきになる美味しさ! そのほかにも、京素材を使ったお米のパンケーキやぜんざい、夏季にはかき氷などが楽しめます *営業時間 10:30〜17:00(茶房) 10:00〜18:00(販売) *定休日 月曜日、毎月6日 ※祝日の場合は営業
6a09cd0b35f6234342a57dec3649a10f3eecf7ec
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
京都で見つけた、上品な駄菓子屋さん
大正元年創業。京風情漂う二条城エリアに佇む、創業当時のままの姿を残す駄菓子屋「格子家」 店内に入る前からすでに懐かしい光景が広がっていて、井戸水で冷やされているドリンク。定番のコーラはもちろん昭和の香り漂うニッキ水が彩りを添えています 暖簾をくぐるとそこは別世界!蛸や紙風船など、いたるところに昭和を連想させる玩具がディスプレイされ、まるでタイムスリップしたかのよう。そして畳の上には懐かしい水飴や金平糖、そしてカラフルなニッキ水などが並んでいます ここでつくられるお菓子は「うれしなつ菓子」と名付けられ、その名の通りノスタルジックな気持ちにさせてくれます 初代から変わらず受け継がれる手作りの技。京都唯一のしゃんこ屋として、現在でも手作りにこだわったお菓子作りを続けています しゃんことは、いわゆるおこしを黒糖につけ込んだお菓子のこと。おこしに染みこんだ黒糖の甘みに癒やされる、素朴なおいしさが魅力です しゃんこ=黒糖のお菓子ということで、茶色いお菓子が多いかと思いきやカラフルなお菓子もたくさんあります 一番人気は「どろぼう」 いなり生地を水あめと黒糖で煮詰めて乾かしたお菓子。しっとりとやわらかい独特な食感に、体に染みわたるかのようなコクのある甘みが特徴で美味!黒糖だけではなく、京都ならではの抹茶味や白味噌味も楽しめます どろぼうの名前の由来は、創業当時のまだ甘いものが貴重だった時代、あまりの美味しさに「どろぼうしてでも食べたい」と言われたことから、そのまま商品名になり、今もすべて手作りで創業より伝わる味を守り続けています オススメは「うめばち」 いなり生地を飴でコーティングしたお菓子で、白いものや抹茶の緑、紅芋のピンクと可愛らしい3色を楽しめ、ちょっとした手土産にも喜ばれると地元の人にも人気の高い一品 古き良き昭和の時代にタイムスリップした気分を味わえ、懐かしくも新鮮、しみじみと美味しい、京の庶民のお菓子に出合える貴重な一軒です *営業時間 10:00~18:00 *定休日 不定休
F7aa281a47412341cbbdb31f1e8009f3c120768b
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
まるで鳥の巣!フォトジェニックな本格カレー
京都・二条城エリアの堀川沿いに佇む、デザイナーズカフェ「SONGBIRD COFFEE」 入口の上に「SONGBIRD DESIGN STORE. 」と並ぶピンクのアルファベットが目印。2階がカフェで、3階はカフェを運営するインテリアデザイン会社の事務所兼、家具のショールームになっています センスが光る店内は、どこを切り取っても絵になるスタイリッシュで洗練された居心地がいい空間が広がっていて、静かにゆったりと過ごすことができます 一番人気は「SONGBIRD CURRY」 鳥の巣をイメージして円柱型に盛られたライスの上に半熟卵がのったユニークなカレー。玉ねぎの甘みのあとに香辛料のスパイシーさが効いて、卵がまろやかさをプラスする絶妙な味わいの一品! 口の中でほろほろとほどける鶏肉と、親鳥が集めた枝に見立てた、ザクザクした食感のフライドオニオンのハーモニーが楽しめます オススメは「EGG SAND」 京都の人気ベーカリー「ル・プチメック」のもっちりとしたパンに、バターの香りが漂う、ふわっふわの半熟たまご焼きを挟み、やさしい味わいで絶品! カフェタイムには、フレンチトーストやパンケーキなどのスイーツも楽しめます こだわりの美味しいコーヒーは、4店の焙煎人に「SONGBIRD」をテーマに焙煎してもらったオリジナルブレンドコーヒーを楽しめます 「吉岡コーヒー/名古屋」 オーガニックの生豆を使用していて、土の香りを感じるような、しっかりとした深入りの味わい 「六曜社珈琲店/京都」 しっかりとしたコクと、味わいもありながら、毎日でも飲みたくなるような中深煎りコーヒー 「かもがわカフェ/京都」 ハンドロースターで丁寧に焙煎され、深入りでしっかりとしたコクもありながら、すっきりとした飲みやすい一杯 「SHELPA COFFEE/岐阜」 あっさりとした味わいと、適度な酸味が個性的な浅煎りのコーヒー カフェスペースでは雑貨の販売もしていて、芝生のコースターや家の形をしたお香立てなど、オリジナル商品でセンスの光るものばかりです *営業時間 12:00~20:00 *定休日 木曜日、第1・3水曜日
1721e8c12437f9d724c8b34f49d1de8f08078573
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
京都でしか手に入らない、お味噌のお菓子
1830年創業。京都御所の西、室町一条で風格ある庄屋の佇まいを残す老舗味噌店「本田味噌本店」 かつては御所御用達も務めた味噌の老舗が手掛ける新ブランド「Le martin de miso」が展開するスイーツが楽しめます 本田味噌本店が造る西京味噌は、米麹を大豆の約2倍使って仕込むことで生まれる、まったりとした上品な甘みと、淡黄色の美しい色合いが特徴! 柏餅や花びら餅など、古くから白味噌を使った和菓子が作られてきた京都。こちらでは、西京味噌以外にもさまざまな味噌が使われていて、和の味噌と洋のスイーツが見事にマッチした、ここでしかできない味わいを楽しめます オススメ№1「京 フィナンシェ」 小麦粉とアーモンドプードルを使用したバターの風味豊かなしっとりした生地に、西京味噌と加えることで深い味わいなり、アクセントで柚子味噌を使い、微かに感じる柚子の香が爽やかさも引き出している一品 オススメ№2「京 ボンボンショコラ」 ミルクたっぷりのチョコレートやビターなチョコレートに西京味噌を忍ばせた4種類が楽しめます アクセントに柚子やアプリコットなどを加えることで、爽やかな味わいやフルーティな味わいなどが楽しめ絶品! オススメ№3「京 お野菜クッキー」 京野菜ではなく、あえて洋のお野菜を使い、野菜のペーストやチャンクを練り込んだクッキー生地に、西京味噌とホワイトチョコレートのガナッシュクリームをサンドした、まるでお花のようなちっちゃくてやさしい色合いのクッキー! イタリアンな雰囲気に仕上がったトマトと爽やかなバジル、優しい味わいのカボチャ、豊な香りが口に広がるブラックオリーブ、ピンクの色が可愛いビーツ。甘さ控えめの風味が楽しい5種類が楽しめます その他にも、西京味噌と隠し味の赤味噌を使ったクリームがマッチしたダックワーズや、甘塩っぱさがクセになる味噌カラメルシューケットなど、やさしい甘み中にさりげなく味噌の風味を感じられるスイーツが楽しめます *営業時間 10:00~18:00 *定休日 日曜日
A6b740a81638b4ee38dd584877e73069fb7d2355
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
名物!季節の移ろいを感じる琥珀流し
1885年創業。時代を超えて慈しまれてきた京町家リノベーションした老舗京菓子店・大極殿本舗に併設されてる甘味処「栖園」 大きな暖簾をくぐると、格子窓からこぼれるやわらかな光の中、銘菓「花背」をはじめ、季節の移ろいをそっと告げてくれる京菓子が上品に並べられていて、その奥に端正な坪庭を望める甘味処があります 一番人気は「琥珀流し」 口あたりのなめらかな寒天と月ごとに替わる蜜をあわせた寒天涼菓子で一年を通して味わえます 1月「白味噌」 2月「ココア」 3月「甘酒」 4月「桜花」 5月「抹茶小豆」 6月「梅酒」 7月「ペパーミント」 8月「冷やしあめ」 9月「葡萄」 10月「栗と大豆」 11月「柿」 12月「黒豆と黒糖」 オススメは「相生ぜんざい」 厳選した大粒の丹波大納言小豆をゆっくりと炊き上げ、ふっくらとした食感で皮までほろりとやわらかく、上品な甘味。お餅は、香ばしい胡桃を練り込んだクルミ、春の風味が満ちるヨモギ、シンプルな白餅の3種類で、歯切れがよく小豆の食感とも相性抜群で京を感じる味わいです そのほかにも、わらび餅や上生菓子、季節限定の甘味などが楽しめます *営業時間 10:00~18:00 *定休日 水曜日
4d73a14db5758422fd4d8299e8574639baa0e778
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
甘い蜜の香りに誘われて…
織り機の音が響く西陣の路地奥。築130年になる長屋の一角にある蜂蜜専門店「dorato」 店内に入るとガラス瓶に入れられた、色とりどりのハチミツが歓迎してくれます。町家の格子戸から差し込む光が降りそそぎ、琥珀色に輝くはちみつの美しさは、まるで上質なステンドグラスを見ているかのよう♪ クローバーや向日葵からとれるスタンダードなハチミツから蕎麦やアボカド、コーヒーといった変わり種のハチミツまで、常時約40種類以上のハチミツが揃えられています 一つ一つをテイスティングすることが可能で、それぞれの甘さや風味を比べながら、自分好みのハチミツを探すことができます 人気は「バラの谷の蜜」 ブルガリアのバルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれたバラの谷と呼ばれるバラ園で栽培されるダマスクローズという品種から採取したハチミツです ダマスクローズは、かのクレオパトラも愛したとわれる最高級のバラで香りの高さが特徴。はちみつの採取量も少なく、日本には滅多に流通しない希少品で、口に含むと上品な甘さの後に濃厚なバラの香りが広がります オススメは「柚子蜂蜜」 柚子と蜂蜜だけで仕込んだ、柚子の香りが爽やかなシロップ。冷たい水や炭酸、ヨーグルトやアイスクリームなどの色んな楽しみ方ができる一品 そのほかにも、蜂蜜を使った、ラスクやアイスクリーム、ジャムなども楽しめます *営業時間 13:00~18:00 *定休日 木曜日
62f7448ae53a66c0c764974aadc49110da1a5eed
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
大人気!バラエティ豊かな創作大福
和菓子の聖地・京都。第3の街と言われる西院にある老舗の和菓子店「養老軒」 店内はこぢんまりとした、昔ながらの和菓子屋といった雰囲気が漂っています ショーケースには十数種類の創作大福をはじめ、京都の雅な心を現代のニーズにあった創作銘菓が並んでいます 看板商品のフルーツ大福は、フレッシュフルーツを特製白餡が薄く覆い、求肥や餅で包み、瑞々しいフルーツと程よい甘さの白餡の組み合わせが絶品! 大福に包まれるフルーツは、みかん・イチゴ・キウイ・パイナップル・葡萄・無花果・柿など、季節ごとに変わります フルーツ大福以外にも、ユニークなオリジナル大福もラインナップ!大葉の風味としば漬けの塩味がアクセントのしば漬け大福や、甘酸っぱいカシス餡の中にチョコレートを包んだカシスショコラ大福、カボチャ餡の中にキャラメルクリームを入れたパンプキン大福など、ほかではお目にかかれない大福も楽しめます オススメ№1「みかん大福」 完熟した愛媛産のみかんを1つずつ丁寧に皮をむいて丸ごと使い、口いっぱいにジューシーな果実感と優しい餡の風味が広がる逸品! オススメ№2「いちご大福」 果肉がしっかりとしている佐賀県産「さがほのか」を使い、大粒の果実をまるごと、白餡と口当たりの良い柔らかな餅で包むシンプルなものですが、由緒ある和菓子店ならではのこだわりが詰まっている一品 オススメ№3「いちごあんクリームチーズ大福」 いちごの果肉をたっぷり加えた白餡の中に、大きくカットした上質なクリームチーズが一粒入っていて、いちごの甘酸っぱさを活かした餡に、まろやかかつ爽やかなクリームチーズが絶妙で、和菓子のような洋菓子のような、両方の魅力が楽しめる一品 そのほかにも、どら焼きや月餅など焼き菓子や、冷やしぜんざいやアイスロールなど、創作スイーツが楽しめます *営業時間 10:00~18:00 *定休日 水曜日、木曜日
Fdd0b6c14a1123f5cecf92b5f6c1a9fdaf4f7945
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
10分間だけ味わえる、至福のモンブラン
京都最大アーケード商店街。三条会商店街の一角にある、町家をリノベーションした菓子工房&カフェ「Sweets Cafe KYOTO KEIZO」 店内は隅々にまでこだわりが感じられ、ヴィンテージ感溢れる雰囲気で、吹き抜けの心地よい空間が広がっていて、奥にはテラス席のある中庭。そこにある離れが、数々の名スイーツを生み出す工房になっています オススメ№1「10分モンブラン」 上品な甘さのモンブランクリームとサクサクッとた小気味良いよい軽やかな食感のメレンゲのマリアージュが、他にはない独特のモンブランとして楽しむことができます 添えられているカカオソースは濃厚で、粒子の粗いザラザラした食感がカカオの風味をしっかりと伝えてくれ、モンブランと絡めるとまろやかな甘さにキレのあるカカオの風味が加わって、後味すっきりな味わいを楽しめ絶品! 賞味期限が10分な理由は、低温で焼いたメレンゲが時間が経つと水分を含んでしまいサクサク食感でなくなってしまい、マロンがねっとりとした食感になり、風味もどことなく濃くなり、まるで違うケーキかのように変化してまうので、10分以内に食べることをオススメします 通常の栗のモンブランだけではなく、期間限定のテイストのモンブランに出会えることもあります オススメ№2「宇治抹茶のテリーヌショコラ」 ベルギー産の最高級ホワイトチョコレートに、宇治の抹茶や丹波黒豆、渋皮栗、卵を練り込み低温でじっくり2時間蒸しあげているため、テリーヌよりテリーヌらしくモチモチした食感が楽しめ、アクセントに南仏アルマニャック地方のブランデーで風味づけした大人のスイーツです オススメ№3「スイーツセット」 チーズケーキ、ティラミス、その日のおすすめタルトの3種類のケーキがワンプレートになった贅沢な一品 濃厚なチーズケーキの下の層は、桑の葉を使って作られていて、鮮やかな緑色。真っ赤なベリーソースがチーズケーキの酸味とコクを引き立てています。ティラミスは洋酒が効いている本格的な味わいです そのほかにも、焼きたてのカスタードアップルパイなど、テイクアウトできるスイーツやフードなども楽しめます *営業時間 11:30~19:00 *定休日 月曜日
56e083f43c39e37d9fb55ff35ac9d8a27031f424
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
絶品!濃厚な抹茶モンブラン
スイーツ激戦区・河原町にある、京都府の宇治茶カフェと認定されてる隠れ家的な和カフェ「季の音」 店内は木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気で、居心地がいい空間が広がっています 抹茶は宇治茶の老舗、黒豆は丹波産など、こだわりの素材から生まれる京スイーツの数々が楽しめます 一番人気は「濃茶モンブラン」 宇治丸久小山園の抹茶をたっぷり使った深緑色のクリームは、優しい甘味のあとに、上質な抹茶ならではの深い味わいとほろ苦さを感じられ、抹茶スポンジケーキの中には、ふっくら炊いた丹波の黒豆が入っていて絶妙なマリアージュを楽しめる逸品! モンブランの鮮やかな緑色が出せているのは、抹茶をふんだんに使っているためで、香料や色素は全く使っていません。全て手作りのため、数量限定です オススメは「抹茶パフェ」 上質な抹茶を使った抹茶アイスや抹茶シフォンケーキ、抹茶ゼリーと抹茶スイーツを中心に、白玉やや丹波黒豆、わらび餅、寒天、小豆など様々な食感を楽しめ京都を感じられる一品 そのほかにも、あんみつやシフォンケーキ、季節限定スイーツなど、京スイーツが楽しめます *営業時間 11:30~19:00 *定休日 火曜日
57fe3ca18ab0d116c9f5862d1a0cde1c3fe4b17b
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
絶品!スペシャル・フルーツサンド
明治2年創業。京都・四条大宮にある、有名な老舗果物店が営むフルーツパーラー「ヤオイソ」 店内はカジュアルな雰囲気で、メロンやイチゴなどの躍動感溢れるフルーツが描かれた鮮やかなマリンブルーの壁画が目に飛び込んでき、フルーツの香りが漂う明るい空間が広がっています 一番人気は「スペシャル・フルーツサンド」 ちょっぴり塩味をきかせたパンに、大きくカットされたメロンやイチゴ、キウイなどフレッシュなフルーツとあっさり軽めの生クリームがサンドされ、フルーツの酸味や生クリームの甘味、それぞれのバランスが絶妙で絶品! そのほかにも、通常のフルーツサンドや、マスクメロンとマンゴーが入ったロイヤルフルーツサンド、季節限定のフルーツサンドが楽しめます オススメは「季節のフルーツパフェ」 メロンやイチゴ、マンゴーやイチジクなど8種類前後の旬のフルーツがごろごろ入ってボリューム満点!フルーツの自然の甘みとアイスクリームの甘さが絶妙に絡み合い、一口食べれば思わず笑みがこぼれる一品 そのほかにも、クリーム葛あられやフルーツみつ豆、パンケーキなども楽しめます *営業時間 9:30~17:00
Be35261de6c7fd51f32daab354ebf8334fbb571b
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
くずきりの中でも名門中の名門!
江戸中期・享保年間創業。長い歴史を刻み、祇園で愛され続ける御菓子司「鍵善良房」 歴史を感じる店内のショーケースには、茶人に好まれ、茶事に用いられてきた四季折々の上生菓子や干菓子をはじめ、日常の菓子として町衆に愛された饅頭などが並んでいます 菊の花を型どった干菓子「菊寿糖」は、江戸時代から受け継がれる名品中の名品。上質な阿波和三盆糖ならではの繊細な甘味が秀逸! オススメは「鍵もち」 丹念に錬り上げた求肥にきな粉をまぶしたやわらかな餅菓子。国産の米粉を炊き上げ、昔ながらの製法で砂糖や卵白とともに、時間をかけて丁寧に空気をはらませた餅は、信じられないほど滑らかな舌触り!ふわふわの餅が纏うきな粉は、上品な香りと口どけ。どこまでもやさしい甘さで、おもたせにも喜ばれる逸品! 店内の奥には、シックで和モダンな茶寮があり、落ち着いた雰囲気の中で甘味を堪能できます 一番人気は「くずきり」 祇園の旦那衆に、何か新しい甘味を作ってほしいと頼まれ、昭和の初めに誕生した名物です 注文を受けてから吉野本葛粉と水だけで作り、出来立ては透明でまさに清流のようで涼やか。もちっとコシのある葛きりに、沖縄の波照間産の黒糖を使った、さっぱりとした甘さの黒蜜が絡み、喉ごしが良く上品で他では味わえない逸品!  オススメは「わらび餅」 本わらび粉を使い、ふんわりとした口どけ。上品な甘さで、香ばしいきな粉の匂いがいつまでも鼻に残り、香りまで美味しい逸品! そのほかにも、繊細な上生菓子や冬期限定のきび餅ぜんざい、おしるこなどを風情たっぷりの中庭を眺めながら楽しめます *営業時間 9:00~18:00 *定休日 月曜日 ※祝日の場合は火曜日
2696a210ea59ddc6e3f818e35517398d8e91f859
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
心ときめく生八ッ橋
白を基調にパステルカラーをあしらった瀟洒な外観が目を惹く、聖護院八ッ橋総本店が手がける新ブランド「nikiniki」 生菓子やスイーツのエッセンスをプラスして、今までにない八ッ橋とニッキの楽しみ方を提案しています ショーケースに並ぶ生八ッ橋は、まるで宝石のように色鮮やかで、どれも食べるのがもったいないほど♪ 人気は「le gâteau de la saison」 生八つ橋の風味と食感を生かしつつ、あの伝統の形から抜け出した一期一会のデコ八つ橋! 桜やこどもの日、金魚など和菓子の定番モチーフだけでなく、ハロウィンやクリスマス、不思議の国のアリスといった洋風モチーフもたくさん!それぞれの時期に彩った可愛くて鮮やかで女性の心をくすぐり、お土産にも喜ばれるます オススメは「carré de cannelle」 数種類のフレーバーの生八ッ橋とさまざまな種類の餡・コンフィを好きに組み合わせバルスタイルで楽しめます。餡やコンフィは、粒あんや季節のあんこだけでなく、アプリコットのあんこや季節のフルーツのコンフィ、トマトのジュレ、さらにカスタードクリームやきんぴらごぼうまで!自分だけの八ッ橋をオーダーすることができます *営業時間 11:00~19:00 *定休日 不定休
236d284df7e9d4c3c63ef1b6b3fc088ee75a94d7
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
宝石のような極上フルーツスイーツ
東海道五十三次の西の起点。三条大橋の近くにある、老舗青果卸問屋がプロデュースする、人気のフルーツパーラー「ARROW TREE」 店内は甘い香りが漂い、1階は旬のフルーツの販売や、ショーケースには、新鮮なフルーツを使ったスイーツが並んでいて、2階はシックで落ち着いたカフェスペースになっています みずみずしい果汁が溢れ出す桃やメロン、甘みたっぷりの完熟マンゴーやイチゴなど、フレッシュなフルーツが主役のケーキをはじめ、パフェや生ジュースなど、フルーツの持ち味を最大限にいかしたスイーツが楽しめます 人気は「イチゴのタルト・チーズ台」 しっとりしたタルト生地にまろやかなベイクドチーズが敷かれ、イチゴの酸味とみごとに調和され絶品!イチゴのタルトの台には、ほかに甘すぎないやわらかなチョコレートを使ったチョコ台、アーモンドを用いたダマンド台もあり、3種類から選べます オススメは「あまおうパフェ」 厳選した福岡産のあまおうをたっぷりと使った、冬~春に楽しめるパフェ。濃厚なバニラアイスの風味とあまおうの甘味、上品な甘さの北海道産の生クリームのバランスのとれた逸品!あまおうの甘みや酸味などフレッシュな魅力を余すことなく楽しめます *営業時間 11:00~21:00(月~金曜日) 11:00~20:00(土日祝)
4cccffb8ff757b8f96af55eba49d7594a8c2a74d
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
かわいい見た目にひと目惚れ♪
注目のストリート、鞍馬口通にある、絵本にでてきそうな小さくて愛らしいロールケーキ専門店「菓子屋 little CHIMO」 店内は、スイーツがあふれるミニマムな空間で、ショーケースには、ひと口サイズのカラフルなロールケーキが並んでいます 主役は新感覚のロールケーキは、1種ごとに驚くほど工夫が凝らされていて、うす焼きのスポンジ生地に、生クリームではなく多彩な味わいのバタークリームやフルーツ、ナッツなどの具材を散りばめ、くるくると巻いています 一口食べると、バタークリームの芳醇な味わいの中に、フルーツの香りやほのかな酸味が広がって、爽やかさな余韻も感じられ、食感のアクセントにも心が踊ります! 美味しさのヒミツは、バタークリームのコクに負けないような、具材の食感、味のバランスや、バタークリームと一体になって口の中でほどけるような、生地のコシや焼き上がりの薄さです そのほかにも、マドレーヌやクッキー、ガレットやメレンゲ菓子など、豊富や焼き菓子や、マルベック種の赤ワインとラム酒がたっぷり入ったクーベルチュールスイートチョコレートが楽しめます *営業時間 10:00〜18:00 *定休日 日曜日 ※不定休あります
0fd9838b2fb52336356c50366f7ec746b9065ee6
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
京都発!独創的な甘美な世界へ
京都の町並みに溶け込むように佇む、京町家をリノベーションした新しいスタイルのスイーツショップ「ASSEMBLAGES KAKIMOTO」 店内は、シックでモダン雰囲気で、ショーケースには、ケーキやショコラなどがジュエリーのように美しくディスプレイされていて、奥にはイートインスペースもあり、まるでバーカウンターのようで雰囲気で上質な大人の空間が広がっています パティシエ、ショコラティエ、キュイジニエと、3つの顔を持つシェフが織りなす独創的なショコラやスイーツが愉しめます オススメ№1「アッサンブラージュa」 キャラメルチョコレートやムース、ガナッシュやアーモンドプラリネなどを8層に重ねていて、それぞれのバランスがよく、口いっぱいに香りが広がります。ワールドチョコレートマスターズ日本予選で優勝されたチョコレートケーキで、イートインスペースでも味わえます オススメ№2「ヌガーグラッセ・オランジェ」 グラスの器の中に、ヌガーグラッセやノワゼット、オレンジやマンゴーなどが盛りつけられ、食感・温度・味・香りのアンサンブルを奏でます。仕上げに温かいビターオレンジのソースをかける演出!一つのグラスの中で、様々なコントラストとマリアージュを愉しむことができます 途中で添えてある、チョコバーを入れて合わせていただくと、芳醇なコーヒーの香りが一気に広がり、全く異なる大人テイストに一変! オススメ№3は「テ・ベール」 新緑をイメージした抹茶スイーツ。ガラスの器に、ふわふわの抹茶のメレンゲや抹茶のスポンジケーキ、求肥やアーモンド、そして青柚子が盛られた様子が日本庭園のようで芸術的で、京を感じる逸品! 多彩なボンボンショコラは、ユニークでミョウガや大葉などを取り入れた日本らしいショコラも並び、ほろ苦いカカオの中にほのかに感じられる香りは、奥ゆかしく繊細。イートインでも味わえ、お酒とのマリアージュも愉しめす 夜は事前に予約をすれば、厳選した素材で芸術的なコース料理を堪能できます *営業時間 12:00~19:00(Take-out) 12:00~18:00(Eat-in) 18:00~23:00(Dinner) *定休日 火曜日、第2・4水曜日
61a315f29ed7baa7c2c58446cf149aafd979b70f
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
非日常の空間へいざなう隠れ家カフェ
京都らしい町並みが残る西陣の路地に佇む、大人の隠れ家カフェ「まぼろし小路東入ル ヱントツコーヒー舎」 その名の通り「まぼろし小路」という路地を入ったところにあり、ファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような非日常的な雰囲気が楽しめます まぼろし小路の入り口は煙突が目印!通りから入ると「まぼろし探偵社」と書かれた扉があり、さらに奥に細い路地が続きます。見上げると少しずつ色の変わる不思議な空が広がり、壁には「まぼろし小路東入ル ドン突き三分ノ一番地」という標識があり、さっきまでのどかな住宅街を歩いていたのに、表から数歩で違う世界へ迷い込んでしまったかのような幻想的な雰囲気で、路地の突き当たりにお店があります 店内は、昔のミシン台をリメイクしたテーブルや教会の椅子など味わいのある家具が置かれ、細部までつくりこまれた内装と、至るところに散りばめられた遊び心ある装飾や仕掛けがあり、どこか懐かしさが感じられる居心地がよく、天窓から明るい光が入る穏やかな空間が広がっています 空間づくりはもちろん、ナポリタンやオムライスといった昔ながらの喫茶店を思わせる一品や、手作りのチーズケーキなど、メニューも雰囲気とともに楽しめます 自慢のコーヒーは、マンデリンをベースに4種類の豆をブレンドして、豆本来の甘味を生かすよう焙煎して、一杯ずつハンドドリップで淹れていてます ここの魅力は、メニュー含めた空間そのもの。路地の奥に現れるレンガ造りの壁やアンティークランプなど、奥へ進むほどに異空間へ来てしまったような不思議な世界観。街中に突如現れる非日常な世界で至福の一杯を楽しめます *営業時間 12:00~20:00 *定休日 水曜日
Cec5e7bcc84d06e7ccec9a78baf9abb6215796c4
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
評判のアップルパイとアメリカンスイーツ!
京都・烏丸御池の路地にある、美味しいアメリカンケーキで知られている人気のカフェ「松之助」 店内は黒と白を基調としシックな雰囲気で、ビスケットの香りがふわっと漂い、テーブル席奥のショーケースには人気のアップルパイやチーズケーキなど、ニューヨークスタイルのアメリカンケーキが並んでいます 一番人気は「アップルパイ」 しっかりした食感と酸味が特徴的な紅玉を主に使用し、通年味わえるサワークリーム・アップルパイの他にカスタードやメープル、キャラメルが楽しめ、フレーバーごとにパイ生地がそれぞれ異なる逸品! オススメは「チーズケーキ」 濃厚なのになめらか、それでいて軽い口当たり。通年楽しめるニューヨーク・チーズケーキをはじめ、キャラメルやココア、マーブルやリコッタなども楽しめ、本物のニューヨークチーズケーキに出会えます そのほかにも、京都一と言われるパンケーキ、コーヒーに合うパウンドケーキなども楽しめます モーニングも人気で4種類が味わえます ・プレーンパンケーキ ・ホームメイドビスケット ・ホームメイドスコーン/クリームジャム ・ホームメイドグラノーラヨーグルト オススメはビスケット!ほわっと温かく、サクッとして中はしっとり、ほのかな甘みで繊細な味わい。添えられたメープルシロップとの相性もぴったり♪さらにソーセージエッグやベーコンエッグをつけることもできます *営業時間 8:00~17:30 ※モーニングは~10:00 *定休日 火曜日 ※祝日の場合は営業
470c240ed9865ad1c50334a0bd36f59f43bd7dcc
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
京都の新感覚チョコレート
二条城近くの京都で長い歴史をもつ昔ながらの堀川商店街の一角にある、チョコレート専門店「NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto」 主原料となるカカオマスは、コロンビア産の純度の高いものを使い、ドライフルーツや黒豆といった、様々な素材と合わせるので力強いストレートな味わいのカカオをセレクトしています。また、油分はカカオバターのみで、香り付けには天然のバニラのみというシンプルさ! どこまでピュアにやれるかの一点のみを追求した商品には派手さはありませんが、まるでワインを飲み比べているかのように、一口にチョコレートといっても味と組み合わせが幾通りにも楽しめることを教えてくれます 一番人気は「京テリーヌ」 口の中ですっとほどける柔らかなチョコレートにザクザクと具材が入っています。ミルクチョコレートにメロンとピスタチオの入ったものや、ほうじ茶フレーバーのチョコレートに黒豆が入ったものなど6種類が楽しめ、ほかでは味わえない逸品です オススメは「ショコラショー」 カカオ66%と、店内で一番高いカカオ率のドリンク。なんともさっぱりとした味わいで、カカオ本来のほろ苦い甘さをしっかりと感じさせながら、嫌なあと味は一切残りません そのほかにも「もっとピュアに」を信条に生み出された様々なチョコレートに出会えます *営業時間 11:00〜19:00
3ed8915f9d6efd0304155d24637f6a5c25122a82
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
絶品!抹茶フォンデュ
京の花街、祇園。八坂神社近くに佇む、見た目も美しい京洋菓子が楽しめるカフェ「京洋菓子司 ジュヴァンセル 祇園店」 店内は和と洋がミックスされ、柔らかな自然光が格子窓から差し込む居心地いい空間で、ゆったりとした時が流れる大人の空間です 一番人気は「祇園フォンデュ」 季節のフルーツや団子、パウンドケーキなどを、とろ~りと溶けた宇治抹茶チョコソースにつけて楽しみます。宇治抹茶を贅沢に使った、ほんのり温かい抹茶チョコソースは苦みとコクが深く、素材の味を際立ててくれ、目と舌で楽しめ心もほっこりさせてくれます そのほかにも、季節の果実をたっぷり味わえる季節限定フォンデュもあり、それぞれの季節感の違いを楽しめます そのほかにも、和の素材を洋菓子に取り入れたスイーツなども楽しめ、心が癒されます ショーケースには、女性の感性が生かされた美しい京生菓子や焼き菓子が並んでいて、手土産や自分のご褒美にオススメ! お土産にオススメは「竹取物語」 上品な甘さの大粒の和栗と国産黒豆を贅沢に使い、竹の皮に包んで焼き上げられています。しっとりとした生地と、ほどよく甘いホクホクの栗や黒豆の上品なハーモニーを感じる焼き菓子です *営業時間 10:00~18:00 *定休日 不定休
3727292fffe39c85881b019a77d171182adb5001
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
日本初!ジャン=ポール・エヴァンの路面旗艦店
ショコラトリー激戦区、京都。洋館や町家が建ち並び風情ある三条通にある、世界的ショコラトリー「JEAN-PAUL HÉVIN」 店内は京都らしくうなぎの寝床のように細長く、京都にあるパリをテーマに、フランスのカフェ気分を味わえるオープンテラス、クラシックでオシャレな雰囲気のイートインスペース、ゴールドに煌めく販売スペースになっており、3つの洗練された雰囲気の大人の空間で京都の町にパリの日常を演出してます ゴールドのまばゆいタイルをあしらった高級感ある販売スペースには、ボンボンショコラやマカロンのほか、ケーキや焼き菓子などがゴールドのショーケースに並び、本田味噌本店の白みそを使ったケーキやマカロン、一保堂茶舗の抹茶を使ったサブレマッチャなど、地元食材を取り入れた京都店限定商品も味わえます 明るく華やかなイートインスペースでは、ショコラやスイーツ、フランスの定番レシピをエヴァン流にアレンジしたクロック・ムッシュやキッシュ、京野菜にフランスのエッセンスを加えたタルティーヌといった京都限定のサレメニューも楽しめます オススメ№1 「プロフィットロール・オ・ショコラ」 フランスの伝統菓子であるプロフィットロールをアレンジして、焼き立てサクサクのシューにバニラ風味の生クリームがたっぷり挟まれています。最後、席に運ばれてから温かくてトロトロのグラン・シュのショコラソースをかけて仕上げてくれるので、できたての味わいを楽しむことができる京都限定の逸品! オススメ№2 「ムース・オ・ショコラ・ミソ」 本田味噌本店の白味噌をビターチョコレートの器に、白味噌風味のショコラムース。白味噌の芳醇な香りと、ほのかな塩味で深みのある味わいに仕上げられた一品 オススメ№3 「キッシュ・パリキョウト」 京野菜の九条ネギと京都産の絹ごし豆腐をフランス料理の定番であるキッシュに使った、二つの都市をつなぐのにふさわしい一品。とろける口当たりとあっさりした味に、表面に乗ったロックフォールチーズの塩味がアクセントになっていて、これをいただけるのは世界的にも京都店のみ! *営業時間 10:00~20:00
1e87dd7f7a24ff5df16df7e00f1317f8d55fd70d
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
茶室のような趣ある空間で味わう、こだわりの一杯
京都で人気の自家焙煎コーヒー専門店がプロデュースする、コーヒースタンド「WEEKENDERS COFFEE TOMINOKOJI」 今まで見たことがない立地にびっくり!路地裏感というか穴場感!コインパーキングの奥にあり、道路沿いにある小さな看板を見落としたら辿り着けません 古い蔵をリノベーションした京都らしい風情ある建物で、店内を形づくるひとつひとつの素材もこだわりを感じる空間です 店の前には花や実をつける草木が植えられて、四季の移ろいに合わせて表情を変える庭を眺めながら店内の石づくりのカウンターで一息つくと、落ち着いた時間を過ごせます ウィークエンダーズコーヒーといえば、京都のコーヒー好きの間で広く知られる名店で、本店では豆と器具の販売のみ。喫茶を楽しめるのはココだけ! 注文を受けてから一杯ずつミルで豆を挽くコーヒーは、芳醇な香りが立ち昇り、口に含めば爽やかな酸味が広がります 深煎りを扱う店の多い京都で、ここの豆は浅煎りをメインにしていて、焙煎を浅くすることでフルーツのような香りと酸味を引き出し、コーヒー本来の澄んだ味を感じることができます *営業時間 7:30~18:00 *定休日 水曜日
A790cc948c8cd2f99f580438aa2a2be078d656e3
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
5つの味が楽しめる抹茶スイーツ
観光客で賑わう新京極エリアにある、京都の老舗喫茶店「前田珈琲」がプロデュースする、新しいスタイルのカフェ「TEO KAFON」 店内は、植物に囲まれた木を基調にしたナチュラルテイストな落ち着いた空間です エスペラント語で、テオ=お茶、カフォン=コーヒーを意味し、抹茶を中心としたスイーツをはじめ、日本の魅力が詰まったメニューが楽しめます 一番人気は「抹茶スウィーツプレート」 厳選された抹茶を使った、タルト、抹茶ロール、抹茶チョコボール、抹茶ビスコッティ、抹茶エクレアの5種の抹茶スイーツが一度に楽しめます。どれも甘みの中に独特の苦みを持ち合わせた濃厚な味わいで絶品! オススメは「抹茶ニューヨークパフェ」 お店のコンセプトでもある、和と西洋の融合したパフェ。抹茶をふんだんに使い、オレンジクリームをアクセントになっていて、抹茶と全体のバランスがよく、さっぱりした味わい ドリンクも京都の魅力を感じる抹茶や珈琲、地ビールなどが楽しめます オススメ№1は「KAFON Set」 京都で焙煎した珈琲豆を京都の伝統工芸辻和金網の珈琲ドリッパーでいれる珈琲が味わえます オススメ№2は「TEO Set」 厳選した抹茶を自身で点てて、味わえる体験型メニューで、初めての方でも楽しめます *営業時間 11:00~19:00 *定休日 火曜日
62f271b0f5e95927cfd3ef88e2a358484d70271f
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
穏やかな時間が流れる水辺カフェ
四条木屋町。静かな空気が流れる高瀬川に面したカフェ「KILN COFFEE SHOP」 店内は、高瀬川に面した大きな窓から柔らかな光が差し込み、夜は照明の静かな光が、ダークグリーンを基調とした壁を淡く照らして、大人のくつろぎ空間を感じさせてくれます 晴れた日には、大きな窓が開け放たれ、開放的な雰囲気。春は満開の桜が、初夏にはアジサイが目を楽しませてくれます 自慢のオリジナルコーヒーは、サーカスコーヒーのブレンドによる豆を使い、爽やかですっきりした味わいの「キルンブレンド」をはじめ、酸味や苦味、コクなどそれぞれ特色のあるコーヒーをバランスよく楽しめす コーヒーだけでなく自家製の果実酒を使ったアルコールや、様々なフレーバーの紅茶を楽しむことができます ドリンクと一緒に楽しめるスイーツは、どれも手作りでアメリカンなスタイルのスコーンやクッキーは1年を通してショーケースに並び、ケーキやタルトは季節ごとに様々な旬のフルーツやフレーバーを味わえます セルフサービスのお冷は、ウォーターサーバーから注ぐスタイルですが、水や氷だけではなくローズマリーなどのハーブやオレンジなどのフルーツが一緒に入っていて、香りはもちろん見た目にもオシャレに楽しませてくれます *営業時間 11:00~23:00 *定休日 水曜日
E222b1c9429e0749fe0e2f5b9da7f1e938650107
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
すだちが香る、天然水の爽やかゼリー
京の風情を色濃く残した京都室町に佇む、歴史ある呉服店をリノベーションした御菓子司&茶寮「然花抄院 京都室町本店」 暖簾をくぐると、土間のたまり。左側には、できたてのお菓子が並ぶショップ。右側はゆったりとくつろげるカフェになっています カフェは春のしだれ桜など、光溢れる四季折々の中庭を眺められ、落ち着いた空間の中でスイーツを楽しめます オススメ№1「然・かすてら」 代表銘菓で、一般的なカステラとはまったく異なる食感!全体的にしっとりしていて、中はやわらかくてクリーミー。厳選した素材を使い、丹波黒豆を食べて京都で育った鶏の卵でつくる濃厚な味わいで絶品! オススメ№2は「水車厘」 夏季限定の天然水で作られた水のゼリー。ほのかに甘く、見た目同様透明感のあるすっきりとした味。黒蜜とすだちの二種類でオススメはすだち!ゼリーにすだちを絞ると、喉をすっと甘みと酸味が通り抜け、とても爽やかで魅力的な一品 オススメ№3は「宝卵」 カステラの中にカスタードを流し込んで焼き上げた生菓子。卵の味がしっかりと効いていて食べごたえがあり、少しずつかみしめたくなる味わい。なめらかな口当たりと、周りを囲むふんわりとしたカステラの食感が相性抜群で、まるでケーキとプリンを一度に味わえたような気分になります *営業時間 10:00~19:00 *定休日 第2・4月曜日
Eaa0a187d52e1da68a9685deda3c92e9c5d5d3eb
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
北海道発!絶品チーズタルト
札幌の人気洋菓子店「きのとや」がプロデュースする焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」 古民家をリノベーションした店内は、梁や格子を残しつつ、ダイナミックなタルト台にはLEGOブロックを7万個も使用し、遊び心を演出しており、焼きたてチーズタルトが所狭しと並び、甘い香りに包まれています 焼きたてチーズタルトは、サクッとしたクッキー生地と、しゅわっとしたチーズムースの食感が特徴! チーズムースに使われるこだわりのクリームチーズは、素材の美味しさを引き出すために3種類をブレンド。北海道素材で軽い風味が特徴の函館産とコクのある別海産。そこに塩味が強めのフランス産をバランスよくミックスさせています タルト部分のクッキー生地もこだわっていて、よりサクサクで美味しくするために、チーズムースとは別にクッキー生地だけも焼き上げる2重焼きをしています タルトほかにも、新千歳空港店で1日1000本販売することもある大人気ソフトクリーム「極上牛乳ソフト」も味わえます。6巻半のボリュームと生クリームをそのまま凍らせたような濃厚さとふわっとした口どけで絶品! *営業時間 11:00~20:00
A86cf85c463cd1956597ffbd5028190546bc7d11
大人の週末“京都/洛中Sweets散歩”
これぞ甘党のための甘味処
四角いみたらし団子で有名な甘味処「梅園」が手がける甘味処「うめぞの茶房」 1階はテイクアウト専門になっていて、レトロなショーケースには、和と洋の素材が見事に調和した、楚々として愛らしい、新感覚スイーツのかざり羹が並んでいます 2階は茶房になっており、落ちついた町家の佇まいで、窓や天窓からもやさしい光が差し込んで、ほっと心がほどける空間です かざり羹は、常時8~10種が並び、四角い形のものが定番。まるい形が月替わりのものになっています オススメ№1は「紅茶」 白あんをベースに紅茶の風味をきかせた生地に、白あんやぶどう、バラの花びらが飾られてた一品 オススメ№2は「ブルーベリー」 漉し餡とブルーベリーを合わせた生地に、白あんやディル、カシューナッツや胡桃が飾られた一品 オススメ№3は「レモン」 白あんベースにレモンのほのかな酸味が爽やかな余韻を残す生地に、生クリームや焙じ茶の茶葉、チャービルが飾られた一品 どれも和と洋の素材がさりげなく調和していて、和菓子の要である小豆の包容力を感じられる和スイーツです ドリンクは、月ヶ瀬の和紅茶「べにひかり」をはじめ、焙じ茶や煎茶、おうすや季節のお茶なとが楽しめます *営業時間 11:30〜19:00 *定休日 不定休