x
05df8f2c38c86eb64dd91b50e4b3083bc430ce2e
duke.tohgoの気になるトコ
11 フォロワー
tabbed by duke.tohgo
F235b2e19d175a0d235e60530194b7fc544029b7
duke.tohgoの気になるトコ
焼き鳥とワインのマリアージュを存分に味わう『乃木坂 鳥幸 銀座店』
希少部位を豊富なワインと『乃木坂 鳥幸 銀座店』 血肝、すなぎも、丸はつ、かしわ。大半の串の単品は¥300前後。 単品のほかに鳥幸コース¥6,000なども 特筆すべきは、串の種類の多さ。 ソリレース(もものつけ根)をはじめ、おたふく(胸腺)やちょうちん(腹卵)といった“変わり種”も充実している。 部位の特徴をとらえ、鶏の旨みを逃さないように焼き上げるのはもちろん、タレや生醤油、塩を使い分け、それぞれの持ち味を最大限に引き出す。 モッツァレラのたまり醤油漬けやカマンベールの稲荷焼きなどのつまみを、厳選されたワインに合わせ、奥深い味わいをじっくりと堪能したい。 ワイン豊富なオシャレで上品な焼鳥 乃木坂が本店で、最近恵比寿にも出店しているお店。 まず驚いたのが、焼鳥屋なのに煙が一切なく空気が綺麗なこと。 最近増えてきているそうなのですが、カウンターの手元に煙の吸い込み口があるため、天井まで煙がいかないんだとか。 内装もすごく高級感があり、雰囲気は抜群。 客層もとても良く、銀座に来たなあというのを感じさせるお店です。 ソムリエがいらっしゃるようで、ワインを飲む上品なお客様が多いです。 まずは、生ビールを注文。 出ました。プレミアムモルツ。 料理メニューはかなりシンプルで、数も最小限でした。 お店のオススメで一通り頼んだのですが、 ・特上レバー ・ねぎま ・つくね ・丸ハツ (ハツを開かない状態で出していましたが、少し臭みが気になりました。) ・金針菜(高級焼鳥屋に必ず置いてあるイメージですね) ・出汁巻き(三人で行って一人一切れ!少ないような、、、) ・その他もろもろ 全体的にボリュームはなく、上品な分量です。 私の中で、焼鳥屋の定番である煮込みを食べたかったのですが、置いていませんでした。 乃木坂の方にはあるようなので、店舗によってメニューが違うようです。 総評としては、銀座で焼鳥屋に行くならなら、選んで間違いないでしょう。 銀座は、武ちゃんも気になっていますが、並ぶのはちょっと、、、ですもんね。 予約可 地下鉄 銀座駅 徒歩3分 営業時間 17:00~23:30(L.O.22:30) 定休日 日曜 [夜] ¥6,000~¥7,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 カード 可
D9f5f596e57665605142a4bb31c31925186fbe1d
duke.tohgoの気になるトコ
麻布十番の老舗焼き鳥や
たれ怪獣」と定評がある焼き鳥屋とは? 「たれ怪獣」と定評がある焼き鳥屋とは? 焼鳥丼 750円。 台湾人レポーターが日本の老舗について語る一冊。いわば個人ブログの書籍版。一体その他台湾人は日本の何に感動しているのだろうか。 これを見ていってきた。 東京麻布十番にあるとても気になるお店。あべちゃん 著者はあの黒茶色のたれ壷を「たれ怪獣」と評価。 実際見ないとわからないが確かに迫力はすごい。ではその実態とは レトロで東京下町の雰囲気を醸し出す。17時ですでに飲んでる人たちがいるのはなぜ?しかも夜なのにお昼のメニューもそのまま。 焼鳥は屋台方式での提供もある。ちょっと台湾チックな雰囲気が台湾人に受けたのかも知れない。 メニューも下町仕様で意外とリーズナブル。ジャンボセットとは・・・お値段1100円が最高額。 サマーセットってちょっと早くないか 飛び散った「たれ怪獣」で少々汚れが目立つカウンター前にあるメニュー。一串160円ぐらいからで二串からの注文。夜というか夕方というか、常にランチメニューを提供している。東京の片隅でおっさんたちのたまり場になるわけだ。 焼鳥丼にはお吸い物がついてくる。肉が柔らかくたれが甘辛い、そしてとろみがありうまく肉に絡めてあって、ホント下手な牛丼チェーン店の焼鳥丼よりも断然美味しい。 ビール、新聞、焼鳥、オヤジ三拍子、とうとう私もこの境地に来てしまったのか。 視点をさらに奥に置くと、なんと「たれ怪獣」と評価されたあのたれ壷が・・・。すごいことになっていて、見た目は確かに恐ろしい。おそらくだが、一度も洗ったことはないのではないか。入り口にありながら圧倒的な存在感は無視できない。
06202e4e0b0f4be1bd11b241af12aead82de1de7
duke.tohgoの気になるトコ
甘辛のタレにミンチの職人技が光る!焼鳥の主役つくねが美味い
骨董通りスターバックスのちょい先にあるバルビゾンビル地下1F。 お忍びでしっぽりも可能だ! 表参道の骨董通りといえば、ファッションのイメージが強いが意外にも飲食店で面白いところはある。 こちらの『焼き鳥 平良』もそう。 六本木にある『鮨 鯛良』(あの渡部健さんも絶賛!)から派生した焼き鳥店で、イマドキのお洒落な雰囲気が◎。 ワインなどの品揃えも豊富だ。 冬の時期の「水炊き」も捨てがたいが、やはり本道の串ものをここでは楽しみたい。 中でも、つくねは絶品だ。 ちょっと荒めに挽いてあるので、食感がちゃんとあり、鶏の旨味が溢れ出す。 タレは甘からずちょっと醤油がたっているので、それも僕好み。定番である半熟卵をつけて食べるスタイルも好きだ。 ちなみに、コロンとした見た目は女子ウケもよさそう。 表参道で焼き鳥、そしてつくね、ならここをお薦めしたい。 予約可 【月〜金】 昼の部12:00~14:00 夜の部18:00~23:00 【土,祝】 夜の部18:00~23:00 定休日 日曜日 [夜] ¥6,000~¥7,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 カード 可 アラカルトでのご利用のお客様にはお通し料金を頂戴致します。