x
2e2b3fe7b08d45a81897a9fede86b2aec7fd9af7
グルめん(ご飯)
8 フォロワー
tabbed by ぱんくん
Dc8d4110946abb2c5c656594d6c8e8131b91d56f
グルめん(ご飯)
【石原さとみもハマッた♡】美容と健康の寝かせ玄米を食べられる都内のお店
目黒のデザインホテル「CLASKA」を運営する会社のカフェ。 ホテルのコンセプト「どう暮らすか?」に対し、「どう食べるか?」。 食事の基本「一汁三菜」をドーならではの定食で提供。 プラス100円で雑穀米から酵素玄米にできます♪ 日本橋のCOREDO室町3の2Fのテナントのひとつ、CLASKA Gallery & Shop "DO"に併設されているカフェでご飯です。 こちらは体に良い食材を使った和食をテーマにされているカフェで、一汁三菜の定食をはじめ、デザートなどのカフェメニューも用意されています。 この日は一汁三菜の定食「TABELKA定食」を頂いてきました。 1日30食限定で通常の十五穀米を酵素玄米に変更できるらしい(プラス100円必要です) 主菜は4つあるメニューの中から好きなものを選ぶことが出来ます。 私は、蒸しおぼろ豆腐の肉みそ添えをチョイス。 副菜は、 ・レモン風味の粉ふきいも ・ズッキーニとトマトと押麦のマリネ ・サラダ そしてお吸い物と十五穀米、香の物です。 まず最初にいただいたお吸い物が、お出汁が体に染み入るような美味しさ! 購入できるお出汁だったらぜひ買いたいくらいです。 おぼろ豆腐は柔らかいかと思いきや、意外としっかりした食感があります。 かかっている肉味噌は、お味噌が濃厚でお豆腐にもご飯にもよく合って美味しかったです。 副菜2種は量が少ないなーと思ったのですが、どちらも丁寧に手の込んだお料理でなんだかんだで満足感ありました。 ちょっと食生活が荒れていた時期だったこともあり、お野菜たっぷりで、ちゃんと手の込んだご飯がとてもありがたい気持ちになりました~。 ティータイムにはオリジナルのぜんざいや、ケーキなどのスイーツも楽しめます。 ディナータイムも定食はもちろん、お酒と一品料理もあるので、女性ひとりでも気軽に楽しめるのもうれしいですね。 予約可 11:00~21:00(L.O.20:30) 定休日 不定休(COREDO室町3に準ずる) 予算 (ユーザーより) [夜] ¥1,000~¥1,999 | [昼] ¥1,000~¥1,999 実際にお店へ行った人が使った金額です。
0935e86904beac18a851b11985c542d2a6d7c5ab
グルめん(ご飯)
【けんぞう 手打ちそば】『大本山永平寺』に参拝の際は行列覚悟で寄り道したい、超ド級の有名そば店
大本山永平寺から車で7km程走らせた住宅地の一角に、行列必至のそばの超有名店はひっそり佇む。 数多くの芸能人が過去に来店していて、細川元首相、菅元首相、長嶋茂雄元監督に京セラの稲盛会長更など堂々たる面々が来店したことがあるらしい。 全国の素人そば打ちの雄が集まり技術を競う「全日本素人そば打ち名人大会」で2年連続最優秀賞を受賞した経歴を持つ主人。 その主人が打つそばはつなぎを使わずそば粉100%の10割そばで、福井産と北海道産をブレンドしていて、北海道産は農場と契約し、「けんぞう」と看板を建てた専用農場で生産してもらっているという特製のもの。年に一度は店のメンバーで北海道まで足を運び、自らのそばの原料となるそばの畑を訪ねている。良質の素材にこだわるご主人ならではである。 メニューは主に「おろしそば」と「けんぞうそば」の2種類。中でも辛味大根の搾り汁にダシを足して食べる「けんぞうそば」は、大根の風味と爽やかな辛味が、なんとも言えない美味しさ。 田舎に帰郷したような雰囲気が特徴で、相席が基本の店内。 ちなみに相席がNGな人はだめかも⁉️
5c0c354ea18d94abd1ce32cb7eb0b8c46bca2693
グルめん(ご飯)
【秋葉原】極上の肉汁 トンカツ「丸五(まるご) 」
秋葉原にトンカツ界の横綱とも言えるお店があることをご存知だろうか?そのトンカツ屋の名前は「丸五(まるご)」。秋葉原の駅からあるくこと約5分、表通りとはうってかわって、ひっそりとした場所にその銘店はある。 この店は食べログのトンカツ部門で全国ランキング2位のお店でもあるが、1回でもこのお店のトンカツを食べれば、ランキング結果が正しい事が分かる。 このお店でぜひチャレンジしてもらいたいのが「特ヒレ」。 「ヒレ」の場合はロースのような脂身のウマミではなく、豚肉本来がもつ肉のウマミをしっかりと感じる事ができるメニューなのだ。塩とレモンもしくはポン酢でサッパリといただいてもいいし、この店特製のソースをしっかりとかけて味わってもいい。 特筆すべきなのが、溢れ出る肉汁と肉の柔らかさ。まさに豚肉をパン粉で包んだ極上の蒸し料理といっても過言ではないほどの揚げ加減なのだ。上品な色をしたトンカツからは気品すら感じられる。 また、このお店はトンカツをよりおいしく食べさせてくれる工夫を随所に行っている。その最たるものがサラダだ。よくサラダを見ると分かるのだが、シソの葉をキャベツと同じ千切りにして程よく混ぜているのだ。その気遣いに店主の心意気を感じる事ができる。 サラダによって口の中をリフレッシュし、メインであるトンカツをより美味しく食べる事ができる。そのほか、卓上には梅干しやらっきょも揃っている。 もちろんふっくらとつややかに炊かれたご飯や、なめこの赤出汁も1つ1つが丁寧な手仕事が加えられており非常に美味。そこへ極上の肉汁あふれるトンカツが供されるのだから、最強のトンカツ定食となるのだ。 食欲の秋、トンカツを食べたくなったら秋葉原に行くことを強くおすすめしたい。 お店 丸五 (まるご) 住所 東京都千代田区外神田1-8-14 営業時間 11:30~15:00 17:00~20:20 定休日 月曜日及び第3火曜日