x
Fbebe1f78a4f4ae3c8b22fa2162403424accceda
そこはかとなく麺類
247 フォロワー
tabbed by amedama
A353b7850d3dc1659ffd3c719b7d32f065079bf3
そこはかとなく麺類
きしめん 寿々木屋|澄んだつゆにプルプルの麺
きしめんは、モチモチと弾力ある食感が心地よい、名古屋を代表する名物。人形町「寿々木屋」は、その本場のきしめんを忠実に再現し、立ち食い価格で提供する貴重な店。 元々日本そば店だったが、約15年前にきしめん中心の立ち食い店に変更。店で製麺し、大釜でゆでて冷水でしっかり締めたきしめんは、プルプルの噛み応えが実にいい。 かつお節、さば節、昆布で取っただしに、名古屋直送の白しょうゆを使ったかえしを合わせたつゆは、だしのうまみが濃厚なやさしい味わい。東京のきしめんはそば用の黒いつゆを使ったものが多いが、同店はあくまでも名古屋風の澄んだつゆにこだわっている。ただし「冷やし」はやや甘みのあるもりつゆが合うそう。 店の一番人気は基本の「きしめん」。つゆと麺のおいしさをシンプルに味わえる一品だ。常連客はこれに思い思いのトッピングをのせて楽しむ。 人気のトッピング「かき揚げ天」(130円)。ほかにいか天やえび天、なす天、ピーマン天などもあり、揚げものは充実している。 きしめん 380円 油揚げ、刻み昆布、花かつおが飾られた看板メニュー。揚げの風味が残る油揚げはほどよい甘さで、刻み昆布の食感が心地いい。 冷やしかきあげきし 500円 もりつゆを使用しており、麺がより引き締まっていて美味。玉ねぎ、干しえび、さつまいもなどが入ったかき揚げもサクサク。 きしめん 寿々木屋 東京都中央区日本橋人形町3-13-12 03-3661-1642 月-金 10:30-19:00 土日祝休 完全禁煙 人形町駅A4出口から徒歩1分 水天宮前駅7番出口から徒歩4分 浜町駅A1出口から徒歩6分
Aea00c82af6f1301d763b5ec627d89c270e74b55
そこはかとなく麺類
きしめん 寿々木屋|澄んだつゆにプルプルの麺
きしめんは、モチモチと弾力ある食感が心地よい、名古屋を代表する名物。人形町「寿々木屋」は、その本場のきしめんを忠実に再現し、立ち食い価格で提供する貴重な店。 元々日本そば店だったが、約15年前にきしめん中心の立ち食い店に変更。店で製麺し、大釜でゆでて冷水でしっかり締めたきしめんは、プルプルの噛み応えが実にいい。 かつお節、さば節、昆布で取っただしに、名古屋直送の白しょうゆを使ったかえしを合わせたつゆは、だしのうまみが濃厚なやさしい味わい。東京のきしめんはそば用の黒いつゆを使ったものが多いが、同店はあくまでも名古屋風の澄んだつゆにこだわっている。ただし「冷やし」はやや甘みのあるもりつゆが合うそう。 店の一番人気は基本の「きしめん」。つゆと麺のおいしさをシンプルに味わえる一品だ。常連客はこれに思い思いのトッピングをのせて楽しむ。 人気のトッピング「かき揚げ天」(130円)。ほかにいか天やえび天、なす天、ピーマン天などもあり、揚げものは充実している。 冷やしかきあげきし 500円 もりつゆを使用しており、麺がより引き締まっていて美味。玉ねぎ、干しえび、さつまいもなどが入ったかき揚げもサクサク。 きしめん 380円 油揚げ、刻み昆布、花かつおが飾られた看板メニュー。揚げの風味が残る油揚げはほどよい甘さで、刻み昆布の食感が心地いい。 きしめん 寿々木屋 東京都中央区日本橋人形町3-13-12 03-3661-1642 月-金 10:30-19:00 土日祝休 完全禁煙 人形町駅A4出口から徒歩1分 水天宮前駅7番出口から徒歩4分 浜町駅A1出口から徒歩6分
2fc40b555b947a170745f398336ae0bd6abe7090
そこはかとなく麺類
厚生食堂|市場ならではのあなご天そば
横浜中央卸売市場内にある「厚生食堂」は、その名の通り市場関係者のための店。魚市場の2階へ行くスロープ下に店があり、一見部外者を寄せ付けない雰囲気だが、実はこの店、一般の人も利用でき、しかも激ウマそばを提供している。店内は12人ほどで満員になるが、外にもテーブルがあって食事できる。 この食堂ではそばは冷凍麺、つゆは業務用かえしを使いコストを削減。その代わり、天ぷらに使う魚や野菜は驚くほど上物。さらに、そばだけでなく刺身や定食類も反則級にうまい。例えばまぐろづけ丼のまぐろは、脂の質が本格寿司店で食べるレベルだし、カレーも専門店並みの味。 とはいえ、高級あなごを使ったあなご天そばを500円で出すのは通常は無理。それが可能なのは、市場内で容器が破損した魚を仕入れるなど、特殊ルートがあるから。また、市場関係者が水揚げされた魚の味をチェックするのに、その魚を安く売って調理させることもある。 あなご天そば 500円 東京湾や伊勢・志摩で取れた上質なあなごを天ぷらに。あなご独特の風味が濃厚。衣もつゆを吸ってプルプルの食感。 たぬきそばと半マグロづけ丼 650円 天然物のインドまぐろをづけに。脂の甘み、キレのよさは言葉を失うほど。たぬきそばもほうれん草や煮玉子が入 って贅沢。 えび天そば 500円 新鮮なえびを使用 横浜魚市場卸共同組合 厚生食堂 神奈川県横浜市神奈川区山内町1-1  横浜中央卸売市場本場内 045-441-5559 4:00-15:00 日祝休 完全禁煙 横浜駅きた東口から徒歩20分 京急神奈川駅から徒歩15分 市営バス「コットンハーバー行き」中央卸売市場前バス停すぐ
9ed7824996b8e59cc0a13676c5eb161267c06619
そこはかとなく麺類
そばうさ|バジル香る新感覚のそば
2015年2月にオープンした新感覚の店「そばうさ」。店主は31歳でこの店を始め、早くから立ち食いファンの高い評価を受けている。 そばはそば粉の挽き方から業者に細かくオーダーした生麺を使う。麺はゴリゴリした食感で、香りもしっかり感じられる。 代表メニューは「バジルそば」で、バジルやオリーブオイル、松の実などをペーストにしたソースに和風つゆを合わせたつけ汁が実に斬新。爽やかなバジルの香りと松の実のコクが、たまらないうまさ。 メニューはほかにも牛すじそばや坦々そばなどがあり、つゆ(ソース)はメニューごとに素材も異なる。仕込みは大変だが、お客さんにはそれぞれ味を極めたものを食べてほしいという。メニューに揚げ物がないのも、従来の立ち食いそばとまったく違う味を提供したいからだ。 とはいえ、店主は元々大の立ち食いそば好き。いまも馬喰町の「そば千」のそばはよく食べているという。立ち食いそばに新しい風を送る「そばうさ」には、立ち食いそばのDNAがしっかり息づいている。 バジル冷そば 850円 バジル香るつけ汁で食べるそばが絶品。付け合わせにベーコンやスクランブルエッグなどが入り、味の変化も楽しい。 スタミナ牛すじ冷そば 900円 そばの上にじっくり煮込まれプルプルの牛すじがたっぷり。つけ汁はひき肉やねぎ、にんにくと鷹の爪が入っていて、かなり甘めの味付け。 SOBA STAND そばうさ 東京都千代田区麹町2-5-2 金森共同ビル1-B 03-6380-9912 月-金 11:00-15:00/17:00-21:00 土 11:00-15:00 日祝休 立ち食い 完全禁煙(外に灰皿あり) 半蔵門駅1番2番出口より徒歩1分 麹町駅1番出口より徒歩3分
2f1a7106577e4737d4d66f3991e6a6d2a40f2d0d
そこはかとなく麺類
いっぱい喰い亭|ブランド品種の自家製麺の立ち食いそば
昼は立ち食いそば、夜は立ち飲みで京橋近辺のビジネスマンの心を掴んでいる店「いっぱい喰い亭」。2013年のオープン以降、着実に客数を伸ばしている。特に11時半〜14時の昼どきは、店内はずっとすし詰め状態。昼だけで200人は来ているそうだ。立ち食いながら広々した空間。夜も多くの飲み客で賑わう。 同店はゆで麺と生麺を提供しているが、特に生麺がすごい。茨城県の高級品種、常陸秋そばを使い、自家製麺している。細身に打ったそばをすすると、清涼な香りが鼻から抜け、のどごしも文句なし。これが通常のそばに50円を足せば食べられるというのだから驚く。 つゆは宗田節、さば節、本かつお節でだしを引き、かえしも自家製。化学調味料は使わない。 店長は元寿司職人。料理へのこだわりは強く、人気メニューの肉豆腐は、味に深みを出すために、牛すじや赤ワイン、名古屋の赤だしを贅沢に使う。 夜は店長自慢の一品料理で酒を飲み、締めにそばを楽しむことも。 鴨南かけそば 600円(生麺) 宮城県産の鴨もも肉を使用。噛めばあふれる肉のうまみがたまらない。つゆにも鴨の脂が入ってコクがアップ。鴨南つけそばも同価格。 ミニ肉豆腐丼セット 700円 冬季限定メニューの肉豆腐丼は牛すじがトロトロ。肉のうまみとワインの風味、赤だし味噌のコクもたまらない、赤字覚悟の一品。 いっぱい喰い亭 東京都中央区八重洲2-10-10 03-6225-2484 月-金 7:00-22:30 土 7:00-13:30 日祝休 30席(立食) 完全禁煙 京橋駅より徒歩2分 銀座一丁目駅より徒歩5分 JR有楽町駅より徒歩5分 JR東京駅より徒歩7分
157bc6cb4f32ff4ccce22f344bf0279233418def
そこはかとなく麺類
ヨーロッパ食堂|渡り蟹のトマトクリームソース
三軒茶屋の路地裏にある赤いテントと窓のペイントが目印の「ヨーロッパ食堂」は、地元で愛され続ける小さな名店。ランチタイムはすぐに満席になってしまうほど人気店。店名に「食堂」と付けたのはイタリアンを気軽に食べてほしいという思いから。 看板メニューの「渡り蟹のトマトクリームソース」は、店で手作りした生パスタを使用。ぷりぷりの食感がソースの味を引き立てる。渡り蟹をまるごと一匹使ったトマトクリームソースは、トマトの酸味を残しつつまろやかに仕上がっていて、しっかりとした蟹の旨みも楽しめる。 日曜日も営業しているので休みの日にのんびりとランチしたり、夜はこだわりの料理とワインを楽しみに訪れても。 ランチメニュー 1000円 (サラダ or スープ付) ●自家製生パスタ(パン付) ○渡りガ二のトマトクリームソース ○豚バラ肉のラグー トマトソース ○能登産カキのホウレン草クリームソース ●オリジナルカレー ○能登産カキのカレー ○薬膳カレー 鶏肉と豆 ヨーロッパ食堂 東京都世田谷区太子堂4-18-16 三松ビル1F 03-5856-4750 月火木-土11:30-14:00/17:00-23:00(LO22:00) 日 11:30-14:30/17:00-23:00(LO22:00) 水曜休 三軒茶屋駅から徒歩3分
Cf8c47181217be8047e2e49a786ead3cd3002199
そこはかとなく麺類
まるしょう 本郷三丁目店|モチモチ自家製麺の焼きそば専門店
柏市に本店のある焼きそば専門店が、2015年2月に東京へ支店をオープン。 一般的に焼きそば=ソース焼きそばと思われがちだが、まるしょうの焼きそばはソース味だけでなく、醤油味、塩味、ナポリタン味などなど、様々な種類の味付けで提供。また、季節ごとに旬の食材を使用した「季節のオススメ焼きそば」もあり、常に10種類以上の焼きそばを用意している。毎日店内で製造されている自家製麺は、モチモチの食感と、小麦の風味豊かな味わいを感じる。 海鮮バター醤油焼きそば めんたいソース乗せ 850円 販売開始以来、大人気のバター醤油味。まるしょう以外では食べることのできない特別な一品。秋には「きのこのバター醤油焼きそば」冬には「広島産牡蠣のバター醤油焼きそば」など季節限定メニューでも大人気。 まるしょう特製ソース焼きそば 並630円/中720円/大810円 宮古島の雪塩焼きそば 630円 野田市の醤油焼きそば 630円 ナスと豚肉のおろしポン酢 醤油焼きそば 730円 海鮮五目あんかけ焼きそば 830円 海鮮雪塩あんかけ焼きそば 850円 スタミナにんにく醤油焼きそば 半熟卵乗せ 780円 100%有機トマトケチャップのナポリタン焼きそば(太麺) 630円 まっくろイカスミ焼きそば(太麺) 780円 韓流ラージャン焼きそば(太麺) 780円 まるしょう 本郷三丁目店 東京都文京区本郷3-42-7 03-3868-2827 昼の部 11:00-16:00(LO15:30) 夜の部 17:00-23:00(LO22:00) 日曜休 50席(カウンター6席、テーブル20席、2階座敷24席) 分煙 本郷三丁目駅から徒歩5分
B6b51e981da357ed5c2b6a2e874b4344a4d2e8e0
そこはかとなく麺類
UDON BUZEN|新感覚の豊前うどんは麺の弾力とのどごしが魅力
「UDON BUZEN」は、福岡県北部の「豊前うどん」を提供するファストうどんの店。2014年1月に新橋に登場し、ビジネスマンを中心に高い評価を集めている。豊前うどんは東京のうどんよりやや細め。讃岐うどんほどコシは強くないが、噛むと適度な弾力があり、ツルツルプルンとしたのどごしが楽しめる。 つゆはかつお節と数種類の魚介から取っただし、北九州の特製しょうゆなどを使用。つゆの色は美しい黄金色で、口に含むとだしのまろやかな風味と甘みが広がる。 おすすめは「とりごぼう天うどん」。しょうがなどで下味をつけた鶏の天ぷらがジューシー。冷やしのざるうどんも同店のウリで、こちらは押し返すような麺の弾力が存分に楽しめる。 とりごぼう天うどん 550円 細麺に黄金色のつゆが絡み、国産ごぼうの食感が相まってたまらないうまさ。夏は冷やしの「とりごぼう天ざる」もおすすめ。 究極の肉うどん(Sサイズ)860円 国産黒毛和牛の牝牛肉をぜいたくに使用。肉はだしだけで炊いて徹底的にアクを取り、素材のうまみを引き出した。 UDON BUZEN(ウドン ブゼン) 東京都港区新橋1-16-8 1F 03-3504-3811 月-金 8:00-23:00(LO22:00) 土 11:00-15:00 日祝休 完全禁煙 JR新橋駅銀座口から徒歩3分
7aa7268a145329c129d32464b9aa7f2c6166b7b1
そこはかとなく麺類
豊しま 飯田橋店|丼を覆うホロホロ豚バラ肉
飯田橋交差点を首都高を横目に北50mほど歩くと、青いテント、紺色の暖簾が現れる。看板には「是れはうまい!関東風肉そば」の文字。店は仕切りなし、カウンターのみの立ち食いで、10人立てば満員になる広さ。 店の大将によれば創業は53年前。元々巣鴨の青果市場近くに店を構えていたが、市場移転に伴いこの地に移ってきた(ちなみに同店は江戸川橋にも店舗がある)。 店の名物「肉そば」は30年ほど前にできたメニュー。安さが売りの天ぷらそばに対し、かなりの贅沢メニューだったが、これがたちまち人気に。いまや客6割が注文するという。 「元祖厚肉そば」は肉そばの上級編。厚切りにされた豚バラ肉がじっくり煮込まれ、噛めば肉が崩れるほど柔らかい。そばは王道のゆで麺。つゆはコクのある甘辛の暗黒汁。この色とコクは、かえしを半年近く寝かして初めて出るのだそう。 元祖厚肉そば 680円 どんぶりをほぼ覆い尽くす豚バラは贅の極み。良質な国産豚肉を使っており、この価格でもコスパは高い。揚げ玉がコクをプラス。 肉そば 480円 味も色も濃い汁に、大きな豚スライス一枚が横たわる。店の看板メニュー。  天ぷらそば 350円 かき揚げの中身は玉ねぎ、にんじん、春菊、干しエビ。衣が厚めだが、この暗黒汁を吸うと、衣自体がごちそうになる。 豊しま 飯田橋店 東京都新宿区下宮比町1-9 月-金 6:30-18:30 土祝 6:30-15:00 日曜休 JR飯田橋駅から徒歩3分
A5104255d40bc4ae42e80b0d59d3df3ae752ebcb
そこはかとなく麺類
長浜屋台やまちゃん|正統派「長浜ラーメン」
長浜ラーメンとは、九州博多のソウルフード。福岡の長浜市場で働く人たちのために作られたラーメンが発祥と言われていて、競りの合間のごく短い時間で食べられるよう、すぐに茹で上がる極細麺が考案されたのだそう。 中でも博多人から熱烈な支持を集めている店が「長浜屋台やまちゃん」。本場九州ですら3店舗しかない人気店の長浜ラーメン、関東で食べれるのは銀座だけ。 銀座店の店長はもちろん生粋の博多っ子。本場の味を出すため、毎日福岡から麺と新鮮なネギを取り寄せている。 シンプルな長浜ラーメンはトッピングで自分好みにできるのがポイント。麺は当然正統派の極細麺。麺の硬さは「バリかた」「かた麺」「ふつう麺」「やわ麺」「ズンダレ」の5種類。スープはコクがあるのにさっぱりとしたとんこつで、臭みがない透明で上品なスープ。それが極細麺にからみついたのを一気にすする喜びは、やはり長浜ラーメンならでは。 長浜ラーメン 700円 長浜屋台やまちゃん 銀座店 東京都中央区銀座3-11-10 03-5565-1838 月-土 11:00-翌4:00 日 11:00-20:00 祝 11:00-23:00 無休(年末年始休) 18席(カウンター10席、テーブル8席) 完全禁煙 東銀座駅から徒歩1分
81445d131b460b0b75a0b244e9fe686c5cd0d17b
そこはかとなく麺類
阿波や壱兆|半田そうめん
知る人ぞ知る阿波とくしまの逸品「半田そうめん」を使った創作そうめん屋。 半田素麺は徳島県の特産品で、太くコシのある麺が特徴。それを引き立てるツユは、鰹節や煮干し、干し椎茸などからとる、濃厚ながらもすっきりとした味わい。徳島県出身の店主が子供の頃から慣れ親しんだ母親の味を出すため、煮干しなどもできるだけ徳島産を使用している。 半田そうめんは実は「温めん」で食すのがおすすめ。一年中飽きずに食べられるように、ほぼ日替わりで提供される「日替わり創作そうめん」も楽しめる。 すだちそうめん(温・冷) 880円/ハーフ680円 すだちの皮も種も丸ごと味わえる至極の一杯。 さっぱりとした味わいが人気。 田舎ぶっかけ(温・冷) 780円/ハーフ620円 阿波や壱兆めん(温) 850円/ハーフ650円 素そうめん(温・冷) 580円/ハーフ500円 ねぎそうめん(温・冷) 680円/ハーフ600円 日替わり創作そうめん 阿波や壱兆 あわやいっちょう 東京都中野区東中野1-58-11 セリタビル1F 03-3363-7234 お試しで24時間営業中 無休(しばらく定休日なし、臨時休業あり) 10席(カウンターのみ) 全面喫煙可(ランチ11:00-14:00は全席禁煙) JR東中野駅西口から徒歩1分 大江戸線東中野駅A1出口から徒歩3分
0e24b6d2c7f5154af572e4ea41b5b0c272b0f0d7
そこはかとなく麺類
支那麺 橋悟 銀座本店|担々麺
担々麺で有名な「支那麺 橋悟」。香り豊かなゴマダレと上品な辛さ、深みのあるスープが人気。辛さは3段階から選べる。化学調味料は一切使っていない。排骨や太肉も好評。麺が細く、さっぱりとした後味で、飲んだ後にもぴったり。ゆったりとした上品な作りのカウンターで、女性一人でも入りやすい。 担々麺 だんだんめん 800円 四川料理特有の味付けで、冬は温まり夏は食欲を増進させる少し辛い味付け。芝麻醤・醤油を中心とした温かいつゆそば。 搾菜担々麺 ざあさいだんだんめん 900円 鶏絲担々麺 ちいすいだんだんめん 1000円 太肉担々麺 だあろうだんだんめん 1000円 排骨担々麺 ぱいこうだんだんめん 1000円 搾菜麺 ざあさいめん 700円 鶏絲麺 ちいすいめん 900円 太肉麺 だあろうめん 900円 排骨麺 ぱいこうめん 900円 酸紅麺 さんほんめん 900円 鶏絲涼麺 ちいすいりゃんめん 900円 太肉涼麺 だあろうりゃんめん 900円 焼賣 しゅうまい(4個)400円 餃子 ぎょうざ(5個)900円 支那麺 橋悟 銀座本店 はしご 東京都中央区銀座6-3-5 第二ソワレ・ド・ビル1F 03-3571-1750 月-金 11:00-翌5:00 土日祝 11:00-21:00 無休 24席(カウンターのみ) 全面喫煙可(11:00-15:00全席禁煙) 日比谷駅から徒歩4分 銀座駅から徒歩5分 JR有楽町駅から徒歩5分