x
84dd8ade59a548530f5a4dea213b172f98dff375
*行ってみたい* 【東北】
13 フォロワー
tabbed by ♡ramyu♡
*東北地方の行ってみたい場所をclip*
0a59d597ecf0d3d528288829815ee9f0634d8e6e
*行ってみたい* 【東北】
売り切れ必至のづんだ餅
1877年創業。もともとは伊達家御用達の御菓子司で、ずんだ餅の発祥と言われてる餅の老舗「村上屋餅店」 店内は、美味しそうな餅菓子が並ぶショーケースと懐かしい風情のテーブル席があり、まさにレトロな昭和の風情です 枝豆で作る自然な色合いの黄緑色のあんが特徴の仙台名物「ずんだ餅」地元で愛される郷土の味を丁寧な手仕事で作り続けています ここのずんだ餅は、あえて「づんだ餅」の表記を使っています。これも時代に流されない、本物にこだわる姿勢の一端かもしれません 餅は粘りが強く味わい深い、もち米の王様といわれる宮城県産みやこがねを使い、もち米そのものの甘みと香りがしっかり感じられる、ずんだ餡ともよくからみます ずんだ餡は、枝豆そのものの美味しさを生かすため、砂糖・塩・水のみで作っています。豆の薄皮を一つ一つ取り去る、手間ひまかけた作業が、きれいな色となめらかな食感のずんだを生み出し、着色料や保存料を一切入れていないので、長時間経つと少し色がくすんできますが、それも無添加の証しです まじりけのない美味しさがストレートに伝わってくる「づんだ餅」は、口いっぱいにふくよかな枝豆の風味と甘さが広がり絶品! オススメNo.1「塩づんだまんじゅう」 薄緑色の皮の中には、ちょっと固めのほくほくしたずんだ餡がたっぷり入っています。沖縄の塩「ぬちまーす」を練り込んだ皮はマイルドな塩味で、甘さひかえめのずんだ餡ともぴったり。ほっこりナチュラルな食感の逸品! オススメNo.2「づんだ大福」 淡い緑色の餅の中に、ずんだ餡がたっぷり。餅に沖縄県産のまろやかな塩をきかせ、餡の甘みを引き立てた一品です オススメNo.3「笹のしづく」 ずんだ餡入りの葛まんじゅう。プルプルする葛は口溶けがよく、ずんだ餡にしっとりと合い、餡の鮮やかな色が葛に透けて見え涼やかな一品 *営業時間 9:00~18:30(月~土曜日) 9:00~18:00(日曜日、祝日) *定休日 不定休
Ee889278c3245facf32924280486d4d5adf261d7
*行ってみたい* 【東北】
弘前さくらまつり
日本一の規模を誇る弘前公園の桜は、正徳5年(1715)津軽藩士が25本のカスミザクラなどを京都から持ち帰り、城内に植えたのが始まりと云われています。 明治に入って、荒れ果てた城内を見かねた旧藩士 菊池楯衛が、ソメイヨシノ1000本を植栽。 その後も市民からの寄付は続き、大正に入るとお城の周りは見事な桜で埋まりました。 現在、公園内には、ソメイヨシノを中心に、シダレザクラ、八重桜など、約50種類2600本の桜が咲き誇ります。 また、花びらが舞うころ、西濠にある桜のトンネルをくぐったり、水面に写るドラマティックな桜を眺めるのも素敵で、ライトアップされた夜桜も艶麗な美しさです。 ◇平成27年の弘前さくらまつりまでは、天守を現在の位置で見ることができます。 弘前城本丸石垣修理工事に伴い、内濠の水は抜かれ、埋め立てられた状態となっています。 ★この石垣修理工事を「今しか見れない貴重な機会」ととらえ、埋め立てられた濠に立って、下から天守を間近で仰ぎ見るることができます。 (外濠はこれまで通り、水面に映る桜や花筏をお楽しみいただけます。) ☆天守では、これまで弘前城や弘前藩に関する歴史資料の展示が行われてきましたが、天守曳屋工事に備えるため、この期間は展示品がない状態での公開となります。 (さくらまつり終了後、天守を閉館して曳屋工事の準備に入ります。) 期間 2015/04/23~2015/05/06 会場 弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」) 住所 弘前市下白銀町1 お問い合わせ 弘前市立観光館  0172-37-5501 期間 2015年4月23日~2015年5月6日 ※例年、4/23~5/5で固定していた弘前さくらまつりの会期ですが、平成27年度も6日が祝日であることから、1日延長し、4/23~5/6まで行うこととなりました。 有料区域・有料時間 本丸・北の郭 7:00~21:00 ※5/6、通常時は9:00~17:00 植物園 9:00~18:00  ※通常時は9:00~17:00 入園料 本丸・北の郭 大人310円、小人100円 植物園 大人310円、小人100円 共通券(本丸・北の郭、植物園、藤田記念庭園)大人510円、小人160円 ※各種10名様以上団体割引あり