x
84dd8ade59a548530f5a4dea213b172f98dff375
*行ってみたい* 【中国地方】
20 フォロワー
tabbed by ♡ramyu♡
*中国地方の行ってみたい場所をclip*
9dddf8818b56d1a229d6e57b3f262835a9786daa
*行ってみたい* 【中国地方】
🚭お侍茶屋彦右衛門 愛らしい姿に食べるのがもったいないような新感覚の和っふるたい焼き
📷瀬戸の花嫁たい焼き ¥220~¥350 角隠しに見立てた生クリームはシルクの味わい。 色とりどりの季節のフルーツを簪(かんざし)や笄(こうがい)のように盛り込みました。 生地はソフトなワッフル生地。ひとつひとつ丁寧にこんがりと焼き上げました。 上等なふわふわ感をお楽しみください。 ※ 瀬戸内花嫁たい焼き号で御要望があればいつでもイベントに参加します! 和っふるたい焼きはもちろん、焼き立てのたい焼きも味わえます! 他オススメ ・お侍茶屋名物ちどり足 特製だれを付けて炭火で香ばしく焼いたお侍茶屋の名物…抜き足、差し足、ちどり足。 炭火で焼くたびに美味そうな香りが館内に広がっておりますので、ご来店の際には名物ちどり足を是非ともお召し上がりください。 海の幸、旬の野菜を厳選した海鮮和食レストラン。 瀬戸内の新鮮素材、周防大島の恵いっぱいの季節の料理でおもてなしいたします。古民家を改装した癒しの空間で楽しいひとときをお過ごし下さい。 名物の釜飯をはじめ、冬季にはKRY山口放送2012年3月16日放映、遠くへ行きたいなどTVで数々取り上げられた「みかん鍋」もございます。 新感覚スイーツ「瀬戸内花嫁たい焼き」やパリサク羽付きたい焼きなどデザートも充実! 0820-73-1511 アクセス JR山陽本線 大畠駅 バス40分 防長バス 土居口停留所 徒歩5分 山陽自動車道 玖珂I.C. 車45分 🈺 11:00~22:00(L.O.21:00) 定休日 月曜日 (祝日の場合翌日) 平均予算 1,500円(通常平均) 1,200円(ランチ平均) 総席数 70席 店内全面禁煙🚭 参照ページ http://r.gnavi.co.jp/me6ua41b0000/ http://www.suouoshima.com/syokuji/hikoemon.html
A89f3e58d57ce0c731f50c3f00e6c1fa8e7dc93f
*行ってみたい* 【中国地方】
モダンな庭園 漢陽寺の曲水庭 山口県
名庭として名高い庭園のひとつに、漢陽寺「曲水庭」があります。曲水庭とは平安時代から鎌倉時代にかけて流行した庭の様式。小川に盃を浮かべて上流から流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を詠むという、当時の貴族の宴を「曲水の宴」といいます。 漢陽寺「曲水庭」は昭和の雪舟とよばれた日本庭園の権威故重森三玲氏が、晩年に約8年の歳月をかけて完成させた作品。平安時代様式の曲水の庭園は現存しないため、その様式を後世に残すために作られたのがこの庭園です。 また漢陽寺には、この他にも様々な時代の様式の庭園があります。「地蔵遊化の庭」、鎌倉時代様式の「蓬莱山(ほうらいさん)池庭」「九山八海(きゅうせんはっかい)の庭」、桃山時代様式の「玉澗式(ぎょくかんしき)枯山水庭」、そして水郷の八景を描いた北宗水墨山水画の画題となった「瀟湘(しょうそう)八景庭」という、枯山水式でありながら、モダンアートを思わせる斬新な庭園も。これらの庭は、新緑、紅葉、雪景色と、そのそれぞれに違う表情を見せてくれる自然美が本当に心和む空間なのだと住職の杉村宗一さんは言います。 さらに裏山から清水が流れてくる潮音洞の、音や景色もほっとする穏やかな空間となっています。
776d529d0cfe947daf96ffe82f779e7757512358
*行ってみたい* 【中国地方】
お告げで祀ってわき出したという伝説の湧き水・別府弁天池湧水(山口)
「別府弁天池湧水」はカルスト地域に見られるコバルトブルーの美しい湧水で、主に生活用水として利用されています。また「別府弁天池湧水」を飲用すると、長生きができ財宝を授かるといった言い伝えが残されています。 水の種類 : 湧水 水  温 : 約14.0~15.0度(通年) 水  量 : 1日約55.000立方メートル 硬  度 :  主な成分 : カルスト地域の湧水のため、水質が良好で透明度が深い。またカルシウム含有量(20ppm)が、水として最も美味しいとされています。 飲  用 : 可 持ち帰り : 可(灌漑用水や鱒(ます)の養殖にも利用されています。持ち帰り用の容器がない場合、ペットボトル120円/タンク700円~で販売しています。) 毎年9月の第1日曜日、豊年満作を願い水に感謝する「別府弁天祭り」が開催されます。そして別府弁天池周辺には露店が立ち並び、多くの観光客で賑わいを見せています。またこの近郊は日本一甘い秋芳梨の産地であり、8月から9月にかけて梨狩りの観光客も多い。 毎年6月上旬、地元の人々によって池ざらいが行われ、年2~3回定期的に清掃活動が実施されています。