x
84dd8ade59a548530f5a4dea213b172f98dff375
*行ってみたい* OSAKA spot
24 フォロワー
tabbed by ♡ramyu♡
960073c9ff0d314434199b41fbe4699e2c9df750
*行ってみたい* OSAKA spot
【CHEESE CRAFT WORKS 淀屋橋】お店には自家製のチーズを使った料理が盛りだくさん‼︎
「CHEESE CRAFT WORKS チーズクラフトワークス」は大阪市中央区淀屋橋にある人気のチーズ料理専門店。 淀屋橋店と中崎店の2店舗があり、それぞれのお店ではフロマージュブラン、リコッタチーズ、カッテージチーズの3種類のチーズを毎日手づくりしているほど。 白を基調としたオシャレな店内では自家製のフレッシュチーズをさまざまな料理で堪能することができ、フレッシュチーズやチーズタルトなどのテイクアウトメニューもあり、手土産にもオススメ。 看板メニューの「チーズフォンデュ」は、他では見た事がないくらいふわふわムース状のエスプーマに仕上げてあり、バゲットや生ハムが巻かれたグロッシーニをディップしていただく。 その他、人気メニューの「5種チーズの石焼リゾット(1380円)」は、ベーコンや野菜と4種類のチーズを使用したリゾットの上にたっぷりのラクレットチーズをかけていただく、チーズ好きにはたまらない、まさにチーズづくしのメニュー。 いろんなチーズを少しずつ味わいたい方にオススメの「自家製フレッシュチーズの4種盛り」は、自家製のフロマージュブラン、リコッタチーズ、カッテージチーズの3種類と、北海道直産のフレッシュモッツァレラを蜂蜜やオリーブオイルでシンプルに楽しむことができる。
B05948a5c44d175dec39aa1cf29f02eea9df9c87
*行ってみたい* OSAKA spot
TV取材も相次ぐ 限定10食 名物!頂鯛定食!は、1000円
大阪のこの1,000円の頂鯛定食はホントすごい。 「名物!頂鯛定食」なんとっ、1000円!1日10食限定。開店前に並ばないとgetできない話題のお店です。 ★名物!頂鯛定食!限定10食 海老天ぷら・出し巻き・鰻の蒲焼・お造り三種・ゴマカンパチ・ウ・マ・イ(ウニ・マグロ・イクラ)・豚汁が入った贅沢な原価150%の定食がなんと1000円で楽しめます。「NYにある、炉端居酒屋」をコンセプトにした北新地のネオ居酒屋! 確かな素材の確かな美味しさを感じて頂くために、食材にこだわり、産地にこだわり、毎日届く鮮魚も鳴門・和歌山・厚岸とスタッフが産地に直接出かけ、見つけてきたものばかり! こだわりの調理器具や技術で創るお料理の数々、信頼のワインインポーター『モトックス』のワインと唎酒師・焼酎アドバイザーが選ぶ日本酒・焼酎もご一緒に♪ 2013年10月2日に読売テレビの「朝生ワイドす・またん!」で、行列のできる関西の限定グルメを特集したコーナーで紹介されてから、「せやねん! 2014年3月22日)」、「水野真紀の魔法のレストラン(2014年1月20日」/毎日放送)、・教えて!ニュースライブ・正義のミカタ(2014年5月3日/朝日放送)など取材も相次ぐ話題のお店です。 ◇浪花ろばた itadakitai(頂鯛) 大阪市北区曽根崎新地1-6-21 栄和ビル 1F JR東西線北新地駅 徒歩5分 北新地駅から202m
Aa28bc3c6ae028605cd0272ad48d4f90ce1e9a6e
*行ってみたい* OSAKA spot
【マンジェ】『日本一旨いとんかつ』ダウンタウン松ちゃん大絶賛の食べログ全国とんかつ部門堂々1位の名店
ホテルフレンチの経験が生み出す究極のとんかつが評判の大阪府八尾市の『マンジェ』は食べログ全国とんかつ部門堂々1位に輝いた名店。 取り扱っている豚肉は、全国からシェフがこだわり抜いた豚肉を使用している。 『TOKYO-X』 生産量がとても少なく入手困難で「幻の高級豚」と呼ばれていて、上質な赤身を脂肪がほどよく混ざった肉質ビタミンを他の豚より2倍含んでいる。 『宮崎 あじ豚』 ビタミンEを豊富に含み、とっても柔らかくジューシーで、まろやかな味わいを楽しむことができて、100%植物性の飼料と、ミネラル活性水で育っている豚。 『鹿児島 黒豚』 サツマ芋を飼料に育てられていて臭みがなく豊潤な肉質と上質な脂肪が特徴の豚肉。 激ウマとんかつを用意された「白トリュフソルト」と「黒炭ソルト」に付けていただくスタイル。 こだわりは「とんかつ」だけではなく、定食についてくる「ご飯」や「赤だし」「サラダ」「お漬物」そして「お塩」「お茶」にまで至る。 ▫️ごはん 新潟岩船の粘り、甘味、つやが特徴のお米「コシヒカリ」を使用 ▫️赤出汁 豚のスジ肉で出汁をとり、3~4時間かけて仕上げている しかもタピオカ入り ▫️サラダ 極力水は使わないキャベツのコールスロー 自家製ドレッシングで仕上げている ▫️お漬物 自家製のお漬物。 季節を感じて頂けるよう心掛けている ▫️お茶 京都は「ちきり屋茶店」のほうじ茶使用 ▫️お塩 世界の塩7種をブレンド ☆主なメニュー マンジェとんかつ定食 1,260円 ひとくちとんかつ定食 1,060円 天然エビフライ定食 1,380円 [天使の海老]フライ定食 1,670円 超特大エビフライ定食 2,200円 カキフライ定食(冬季限定10月~) 1,390円 ロースとんかつ定食 1,170円 上ロースとんかつ 1,510円 ヘレとんかつ定食 1,380円 特ヘレとんかつ定食 1,860円 上ヘレとんかつ定食 1,510円 単品メニュー 450円追加で定食にすることができる。 (ごはん、サラダ、味噌汁おかわり自由) ジェノベーゼとんかつ 1,100円 フォアグラとんかつ 1,780円 ゴルゴンゾーラとんかつ 1,100円 日向あじ豚&特上ヘレカツ2,380円 鹿児島黒豚&特上ヘレカツ2,880円 TOKYO-X&特上ヘレカツ3,400円
Fb27d94523f655ea4c8d9ac68ff2e0543e606ce5
期間中
*行ってみたい* OSAKA spot
【LUKE’S 心斎橋店】N.Y.発ロブスターロール専門店が表参道店に続き関西初上陸
低価格で新鮮なロブスターが味わえると、ニューヨーカーを虜にしているロブスターロール専門店『LUKE’S』が、大阪・心斎橋に関西初登場となる『ルークス心斎橋店』を9月18日(金)にオープンさせる。 同店は、2009年にニューヨークのマンハッタンで誕生し、全米に20店舗展開。今やニューヨークNo.1の呼び声高いロブスターロール専門店へと成長した。 4月にオープンした東京の表参道店では、高級なイメージのあるロブスターを気軽に楽しめると、オープン直後から連日行列ができるほど話題となっている。 ぎっしりとロブスターの身がサンドされた「ロブスターロール(レギュラー)」(980円) 「ロブスターロール(レギュラー)」(980円)は、少量のマヨネーズとレモンバター、それにハーブスパイスを加えただけの、シンプルな味付け。野菜を一切使用しないことで、良質なロブスターの素材が楽しめる。 また、使用するロブスターは、漁港で水揚げしたものを直接買い付けた後、すぐに自社で加工。それにより、リーズナブルな価格を実現している。 3種類の味が楽しめる「テイスト オブ メイン」(1980円) メニューは、他にも「シュリンプロール」(950円)や「クラブロール」(1380円)、3種類のロールを味わえる「テイスト オブ メイン」(1980円)など、ラインアップも豊富だ。 関西初となる心斎橋店は、9月14日(月)から店頭などで配布するフライヤーを持参すると、ロールを購入時にコカ・コーラがもらえる。さらに、オープンする9月18日(金)から9月27日(日)までに、店頭のフォトスポットで撮影し、インスタグラムに「#lukeslobster_jp」のハッシュタグをつけて画像を投稿すると、こちらもロール購入時にポテトチップスが1袋もらえる。 ■LUKE’S 心斎橋店 9月18日(金)オープン 住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-21 1F(JOURNAL STANDARD 心斎橋店内) 電話:06-4704-8297 時間:11:00~21:00 休み:不定休
38a905a3377e08cecebf344f193a2e03e7dc7dfd
*行ってみたい* OSAKA spot
【BOTANI:CURRY】カレー激選区で連日完売してしまうほどの人気店
「BOTANI:CURRY ボタニカリー」は大阪市中央区の小さなビルの1階にあるカレー屋さん。 4つのカウンター席と3つのテーブルが並べられた小さなお店は、木を基調としたシンプルな空間で、カフェのようなオシャレな雰囲気がいい。 連日完売してしまうほどの人気店で、店内には整理券がないと入ることができない。 お店は11時開店で10時から整理券が配布されていて、お目当てのカレーを食べるため、10時よりも前に訪れるという人も数多くいる。 お店の中にはたくさんのスパイスの瓶が壁一面に並べられていてこれまたしゃれおつ。 ボタニカリーの特徴は、何と言ってもお皿にキレイに盛りつけられた彩りの鮮やかさで、たくさんの人がインスタにその美しいカレーの写真を上げているほど。 カレーには、玉子ピクルスやクリームチーズ豆腐といったユニークなトッピングを加えることができ、より彩り鮮やかなプレートにすることができる。 「ボタニカリー」(900円)は、チキンベースの少しとろみのあるルウに3種のキーマを組み合わせた、お店の看板メニュー。 16種類ほどのスパイスが入ったカレーは絶妙な辛さと奥深さがあり、肉の旨味もしっかりと感じられ、細かく刻まれた野菜とも絡まりやすく、一体感のある味わいが楽しめる。 ボタニカリーよりもマイルドな辛さの「シュリンプカリー」(800円)は、プリプリとしたエビの食感も楽しめる一品。 カレーは他にも「ポージョカリー」という魚介ベースのチキンカレーがあり、全て好みの辛さが選べる。 また、12時〜13時30分のランチタイム以外はカレーの合いがけを注文することもできる。