x
Missing
たえこのお気に入り
2 フォロワー
tabbed by たえこ
B5c2befde109ebd560396a7e6d16c9621fea95b4
たえこのお気に入り
色とりどりの美しいオシャレなおはぎ
サザエさんの町。桜新町にある、オシャレで斬新なおはぎ専門店「タケノとおはぎ」 シンプルな店内には、大きな木のテーブルがひとつ置かれ、その上に2段重ねの7つの木箱。その前には、おしゃれな器に盛られた色とりどりの日替りで変わるおはぎを全7種類が並んでいます 注文を受けたら木箱の中からおはぎを取り出し3個・5個・7個であれば、可愛らしいわっぱに入れてくれるので、おもたせにもオススメです 彩りも味わいも豊かなおはぎは、こし餡やつぶ餡だけではなく、レモンピールやアーモンドなど、ユニークな食材の組み合わせ、新しさと伝統が融合したおはぎが楽しめます オススメ№1「つぶ餡/こし餡」 香りの高い北海道産大納言を使った餡は、上品な甘さで、つぶ餡は豆の風味がしっかりと感じられます。中の餅米はつぶつぶ感を残しつつ、もっちりとした食感!期待を裏切らない安定の美味しさです オススメ№2「ナッツ」 赤もち米を白餡で包んだ上に、ザクザクに砕かれたオーガニックのアーモンドなど数種類のナッツで全体を包み、一見おはぎとは思えない新食感!ナッツが和菓子にも合うことを証明する一品 オススメ№3「藻塩と八重桜」 もっちりとした食感の五穀もち米を北海道産の白花豆を使ったピンク色の白餡で包み、見た目にもキュート。八重桜の塩漬けがアクセントになり、優しい甘さのなかに桜の淡い香りを感じる一品 一般的に桜を使ったお菓子が楽しめるのは春に限られますが、ここでは一年中楽しめます オススメ№4「レモンとココナッツ」 雑穀米をスッキリとした甘さが特徴的な白餡で包み、その上にたっぷりとココナッツパウダーを散らして、アクセントにレモンピールが使われています。一口食べるとふわっとココナッツの香りが広がり、和のイメージを覆すアジアンテイストな一品 オススメ№5「ごまとあんず」 味わい豊かな雑穀米と有機干しあんずを、香り豊かな有機すりごまで包み、上品な甘さで時おり感じるあんずの甘酸っぱさが良いアクセントになっています そのほかにも、日替りでショコラや麻の実ときなこなど、和菓子の常識を覆すおはぎに出会えます *営業時間 12:00~18:00 ※売り切れ次第終了 *定休日 月曜日、火曜日
63b4e85ceb6d3a501a6c70586d4863d0ec8558c7
たえこのお気に入り
【comcrepe 原宿店】富山県発"日本初の本物のクレープブリュレ"が原宿で楽しめちゃう!
『comcrepe コムクレープ』とは、富山県富山市の市街地の中心に2014年4月にオープンした老舗クレープ屋さん。 ホワイトチョコをイメージした真っ白の壁が目印で、クレープをもとめてやってきたお客さんの行列ができている。 コムクレープにはスイーツ女子の心をくすぐる自慢の看板メニューが2つあり、1つ目は「クレープブリュレ」。 日本で初めて焦がしクレープを生み出したのは実はコムクレープ。 特製のオリジナルバニラカスダードをキャラメリーゼし、こだわりのもちもちしたの生地で巻く。キャラメルの香ばしさと、中のクリームと生地の甘さが絶妙にマッチする絶品クレープ。 2つ目は看板商品のミクレープ。 ミクレープはクレープの生地を2枚使用し巻いた日本初の食べ歩きミルクレープ。 ミクレープにはさまざまな種類があり、イチゴミクレープにチョコを加えてまろやかにしたイチゴ&チョコミクレープや、クリームチーズを加えて爽やかな酸味をプラスしたイチゴ&クリームチーズミクレープなどお気に入りのミクレープをチョイスできる。 そんな富山で大人気のコムクレーたプが2016年7月に原宿竹下通りの裏路地にオープン。 作り立てのクレープブリュレを、その場で味わうことができる。
F6a56ca3321feb8be8072a195238d6244f7ef5bd
たえこのお気に入り
ふわふわ卵がたまらない!テイクアウトしたい絶品サンドイッチ6選
迫力とおいしさのあまりあっという間に完食!『マドラグ』のコロナの玉子サンド ひとめでふわふわ感が伝わる、圧倒的なビジュアル! こんなサンドイッチなら、開いてすぐに歓声が上がるだろう。 この逸品が買えるのは2016年8月に神楽坂のキュレーションストア『la kagu』に出店した、『喫茶マドラグ』。 京都の人気喫茶店『マドラグ』の東京初出店とあり、オープン前から話題となった。 分厚いふわふわ玉子をサンドした「コロナの玉子サンド」がこちらの名物。 『コロナ』とは、以前京都にあった老舗洋食店。 その味に惚れ込んだ喫茶『マドラグ』の店主・山崎氏がその味を継承し、おいしさを今に伝えている。 なんと1切れに対してで1個分の卵を使用しているという。 濃厚なのかと思いきや、昆布ダシが効いていてあっさりと食べられる。 秘伝の味付けが生む、優しく懐かしい味わいで、何個でも食べてしまいそう! このふわふわ食感を生み出すのは、卵が固まるギリギリの水分量と中火~弱火という細かな火加減。 そして、その後の蒸らしの温度管理だ。 また玉子をパンに挟む時、無理に力をかけないこともふわふわの食感を生む秘訣だという。 このテイクアウトの「コロナの玉子サンド」は1日10品限定販売。 なるべく午前中に訪れて、この絶品玉子サンドを味わって欲しい。