x
316b22d39032ce91c525257cdd8831e5c7709764
Kyohei Shimizuのお気に入り
12 フォロワー
tabbed by Kyohei Shimizu
9c45ebfacb5608eb008c47c2def65af31579fc82
Kyohei Shimizuのお気に入り
円覚寺(鎌倉五山第二位)
円覚寺(えんがくじ)は鎌倉市山ノ内にある寺院。山号を瑞鹿山(ずいろくさん)と称し、正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)と号する。臨済宗円覚寺派の大本山であり、鎌倉五山第二位に列せられる。 禅宗をあつく信仰した第8代執権・北条時宗が、禅が広まることを願い、また文永の役(蒙古襲来)による戦死者の菩提を弔うために1282(公案)年に創建した。 ミシュラン・グリーンガイドで「寄り道する価値がある(★★)」を意味する二つ星の評価を得ています。 約6万平方メートルにおよぶ広大な寺域には18の塔頭が点在し、庭園や池が配されている。 本尊は宝冠釈迦如来、開基は北条時宗、開山は宗から招かれた無学祖元である。無学祖元の法灯は高峰顕日、夢想疎石と受け継がれ、五山文学や室町文化に大きな影響を与えたと言われる。 北条得宗の祈祷寺となるなど、鎌倉時代を通じて北条氏に保護された。 創建当初の伽藍の多くは戦火などで焼失したが、江戸末期に大用国師が僧堂や三門などの伽藍を復興し、現在の円覚寺の基礎を築いた。 山門、仏殿、法堂が一直線上に並び、禅宗様伽藍配置となっており、建長寺と同様、宗の万寿寺を模したものである。 JR北鎌倉駅の駅前に円覚寺の総門がある。境内には現在も禅僧が修行をしている道場があり、毎週土曜・日曜日には、一般の人も参加できる土日坐禅会が実施されている。かつて夏目漱石や島崎藤村もここに参禅したことが知られる。
16bdb32706f15176931678899aab6b835b29cd61
Kyohei Shimizuのお気に入り
明月院(あじさい寺)
数千株ものヒメアジサイが有名なあじさい寺。 ミシュラン・グリーンガイドで「寄り道する価値がある(★★)」を意味する二つ星の評価を得ています。 明月院(めいげついん)は、臨済宗建長寺派の寺院。山号を福源山と称する。本尊は聖観音、開基(創立者)は上杉憲方、開山(初代住職)は密室守厳(みっしつしゅごん)である。アジサイの名所として知られ、「あじさい寺」の通称がある。 山ノ内上杉家の祖、関東管領上杉憲方は密室守厳を開山として、明月院を開創した。憲方の没年は応永元年(1394年)で、それ以前の開創である。 なお、寺伝では、平治の乱で没した首藤俊通(しゅどうとしみち)の菩提のため、永暦元年(1160年)、その子の経俊が「明月庵」を建立したのが草創とされ、上杉憲方は中興者とされているが、実際の開基は上杉憲方とみるのが通説である。 明月院は、禅興寺という寺の塔頭(たっちゅう、子院)であったが、本体の禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。 境内には北条時頼の墓や、鎌倉最大のやぐら、鎌倉十井のひとつ「瓶の井」などの見どころもある。 現在は、「あじさい寺」として有名で、花の観光シーズンにはたいへんな混雑をみせる。
44cd011e0ea8c02a7094f2e8487f1cf6363a8ce3
Kyohei Shimizuのお気に入り
【下北沢/本屋カフェ】太陽が照らすBeautiful Day。
本当にごくたまに、恒星みたいなオーラを放つ人がいる。この店、ピリカタント書店の店主・西野優さんもそうだった。 店内はそこまで狭いわけじゃないけど、席はたった7席。代わりに、沖縄のグラスや器だとか、本、雑貨から、 農家と直接交渉している野菜までが、床から天井近くまでぎっしりと並んでいる。 そんな空間で席を選び腰掛けると、自分もその中の小さなひとつになったみたいで、肩の力が抜けるってこんな感じなのかもと、帰り道でふと気づく。 「本を広げて読むときの想像力が好きで、そんな場所を作りたかった」と彼女が言ったとき、彼女が放つ恒星のオーラの中心にあるものがなんとなくわかった気がした。 あー、この店の空間にあるものすべてに、彼女の想像力が行き届いているのだと。雑貨も、店でいただける料理も、そして客である私もきっと、彼女の想像力が発する光を受けることできらめく星とか月とかそんな感じなのだと。 西野さんのそんな思いは、自身の故郷・北海道の言葉、アイヌ語よりピリカ=beautiful、タント=dayという店名に託された。 とは言っても、訪れた人に合わせて放っておいてくれたりするところがいいんだよね。もちろん西野さんとのおしゃべりはとても楽しいけれど、本を読んでもいいし、ぼーっとしてもいいし…。ちなみに私は店にいっこだけしかない ブランコでゆらゆらするのがすき。彼女の想像力の光に包まれながら、自分の想像力の世界で自由にたゆたうみたいな…。 こちらは2012年11月オープン。 彼女のオーラは心地よくって、光を放つのではなく受けるタイプの人間でも、月や星でもいいじゃないかという気がしてくる。 そこに自分らしさがあるならば。 #ozmagazine #オズマガジン
30eec20e49add92e5e35e3aff59ecdbb24d38c9e
Kyohei Shimizuのお気に入り
j.s.Pancake 中野セントラルパーク店(ル・クルーゼレストラン)
JOURNAL STANDARDが展開するパンケーキ専門のカフェ”j.s pancake cafe”。あたたかい雰囲気の店内では、「fashionable and relaxing lifestyle」をテーマに、生地や食材にこだわりを持った「ふわモチ」なパンケーキや、自家製ブレンドの紅茶を中心にゆったりとした時間を楽しめます。 フライパンに乗ったボリューミーな "j.s.パンケーキ" は、注文時に好きなトッピングを3種類選ぶことがで可能。また、野菜中心のベジタブルデリ、食べ応えのあるミールデリなど、気分に合わせてお好みのメニューをお選びいただけます。 ウッドベースのあたたかい雰囲気と、大きなガラスの明るい空間で、落ち着いた時間をお過ごしください。 電話番号: 03-5345-7360 ※この情報は「ル・クルーゼレストラン」キャンペーンの事務局によって投稿さました。店舗運営元に内容を確認いただいてますが、営業時間などのお問い合せは直接店舗までお願いします。 ※キャンペーン応募には、ル・クルーゼ公式アカウントをフォローする必要があります。このアイテムを投稿しているキャンペーンアカウントではないのでご注意ください。 ※以下のURLからキャンペーンサイトに移動して、ル・クルーゼ公式アカウントをフォローできます。
75840c496cf2ce3f64f90876ff37bbc7ba92a29b
Kyohei Shimizuのお気に入り
祥瑞(ル・クルーゼレストラン)
六本木の東京ミッドタウンからほど近い、美味しくボリューミーなお肉と自然派ワインを楽しめるワインバー。 入り口は木の一枚扉。店内に入ると、ウッド調インテリアと、赤い壁には写真やサインが並び、大きな黒板には本日のメニューが書かれています。 ボリューム満点の「サーロインステーキ」「青首鴨のコンフィ」「黒毛和牛ステーキ」など、ジューシーなお肉料理が味わえるお店です。ル・クルーゼのココット・オーバルで調理された牛肉のテリーヌは絶品。 できる限り自然のままの製法で作られたビオワインも楽しめます。 お肉本来の旨みがぎゅっと凝縮されたお肉と、優しい味わいのワインは絶品!お肉好きな方必見のお店です。 電話番号: 03-3405-7478 ※この情報は「ル・クルーゼレストラン」キャンペーンの事務局によって投稿さました。店舗運営元に内容を確認いただいてますが、営業時間などのお問い合せは直接店舗までお願いします。 ※キャンペーン応募には、ル・クルーゼ公式アカウントをフォローする必要があります。このアイテムを投稿しているキャンペーンアカウントではないのでご注意ください。 ※以下のURLからキャンペーンサイトに移動して、ル・クルーゼ公式アカウントをフォローできます。