x
91b1cd717145947c835ca0424c3be8198b802cc8
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
370 フォロワー
tabbed by Ma☆sa
79e70429ba0a81a3a1216b2659f912b2614c5689
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
京都随一と言われる、絶品わらび餅!
京都・下鴨エリアの閑静な住宅街に佇む、京都が誇る甘味処「茶寮 宝泉」 店内は贅沢な純和風の造りで、古き良き京都の凛とした空気が漂っていて、お座敷からは日本庭園が楽しめ、夏は清冽な緑、秋には見事な紅葉を眺めることができます 一番人気は「わらび餅」 岐阜県産の本わらび粉に、波照間島産の黒砂糖を井戸水のみで練り上げ、まるで漆黒の宝石のようで京都随一といわれるほど評判!つるんとした口当たりですが、しっかりと粘り気がありながらプルプル感もあるという言葉には表現できない食感と上品な甘味で絶品! 波照間島産の黒蜜が添えられているので、お好みでかけて楽しめます オススメは「丹波白小豆ぜんざい」 透き通ったお汁にふっくらとした丹波産の希少な白小豆、そして綺麗に焼き目の付いた香ばしいお餅が入っていて口いっぱいに上品な甘味が広がる洗練された甘味です 白小豆は、小豆よりも小さな豆でとても生産量が少なく、香りや味が上品であることから高級品として扱われています そのほかにも、季節の生菓子や厳選された丹波小豆ぜんざいなども楽しめます *営業時間 10:00~17:00 *定休日 水曜日、木曜日
C25ddb8139bc4a9cac1bd64776f77a3cc096be17
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
京風情を満喫できる昔ながらの甘味処
1910年創業。京都東山のシンボル八坂の塔の近くにある、落語家・二代目桂文之助が創業した老舗甘味処「文の助茶屋 本店」 店内は、お多福さんや古い京絵馬などがたくさん飾られ、明治時代にタイムスリップしたような雰囲気。庭先からは八坂の塔が見え、京の風情を楽しむことができます オススメ№1「わらび餅」 本わらび粉を使い、香ばしいきな粉の香りと口の中でとろけるような食感が楽しめ、ニッキの味がアクセントになっている一品 オススメ№2「甘酒」 創業時からお店とともに歩んできた名物!砂糖とアルコール使わず、米麹のみで昔ながら製法で仕上げてます。さっぱりした喉ごしに米のつぶつぶ感が加わり、ほんのり自然な甘みでやさしい味わいです 甘酒は、冬っていうイメージがありますが、本来は夏の飲み物。夏バテしやすい時期、食欲不振になると身体は栄養を欲しがり、そんな時、麹酵素により醸成される天然の麦芽糖、ぶどう糖は消化吸収がよく、適度な糖分が身体を癒してくれます オススメ№3「田舎氷」 ふわっとした淡雪のような口どけの氷に、深入りした香ばしい京きな粉と白蜜を合わせた、たっぷりのきな粉蜜がかかっています。てっぺんには香味豊かなきな粉アイスクリーム、氷の中にはわらび餅が潜んでいて、全てが主張しすきず程よい甘さで美味! そのほかにも、抹茶ぜんざいやあんみつ、季節限定のパフェなどが楽しめます *営業時間 10:30~17:30 *定休日 水曜日
842d483cf8e8156d9f8004ea71675d58b8a546ff
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
目も楽しませてくれる京情緒あふれるタルト
京都東山・祇園の四条通り沿いにある隠れ家的なカフェ「京 カフェコムサ」  店内は、スタイリッシュでモダンな雰囲気で、カフェでありながらも京都らしい丸窓のある席や茶室をイメージした和室、四季折々の風景を楽しめる中庭などもあり、京都ならではの落ち着いた雰囲気を醸し出しています ショーケースには、四季折々のフレッシュなフルーツのタルトだけではなく、祇園辻利の抹茶をはじめ、西京白味噌や黒豆など京都の素材を使った京都限定や季節限定タルトも味わえます ~オススメ№1~ 「舞妓さんのタルト」 舞妓さんが髪に差す花かんざしをイメージしており、かんざしが変わるように材料も毎月変わり、京都限定のタルトで一番人気! ~オススメ№2~ 「雲の上のバナナと祇園辻利抹茶のタルト」 フィリピンの標高1000mという厳しい環境で育てられた極上の甘さを誇り、しっかりとした食感が特徴のバナナをふんだんに使い、祇園辻利の抹茶をたっぷり用いたクリームは、まるで薄茶そのもののような味わいで、薄茶の魅力を生かしきっていて、バナナとの絶妙なバランスで絶品! ~オススメ№3~ 「桃と西京白味噌のタルト」 味噌の老舗、本田味噌本店の西京白味噌に桃のピューレとクリームと合わせ、上品な甘さの桃をたっぷり載せたフロマージュ。白味噌入りクリームは濃厚に仕上がっているものの、全体的に甘さ抑えめで大人の味わいです タルトは盛りつけにもこだわり、和皿にのせてサーブされるなど京都らしさが表現され、見た目にも楽しめます *営業時間月 10:00~21:00(月~金曜日、日曜日) 10:00~22:00(土曜日)
5b0c6350c4f5dfa43ea938ad05ed723241d62122
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
和菓子作家による一品が楽しめるカフェ
八坂の塔がそびえる京都東山にある、大正時代に建てられた邸宅の蔵をリノベーションしたカフェ「Salon de KANBAYASHI 上林春松本店」 邸宅は、フレンチレストラン「AKAGANE RESORT KYOTO HIGASHIYAMA 1925」になっています カフェでは、老舗茶舗の日本茶や新進気鋭の和菓子作家による一品が楽しめます 店内は、ゆったり座れるよう配置され、少し暗めの照明を灯していて、ついつい長居してしまいそうな雰囲気♪天気のいい日なら蔵の前に設けられたテラス席もオススメ! 日本茶は、歴史がある老舗茶舗「上林春松本店」が選定する玉露や煎茶を、急須で淹れて味わうことができます。玉露は、苦味が出ないよう低温のお湯を注ぎ、湯飲みに最後の一滴までしっかり注ぐのがポイントで、茶葉の旨みや甘みが抽出された濃厚な味わいが堪能できます。また、煎茶は玉露より温かいお湯を使い、一煎目と二煎目で味の変化を楽しめます オススメは「日菓お任せ和菓子」 和菓子作家・日菓による、自由な発想とユーモアが詰まったデザインを伝統的な技法や素材で表現の和菓子。季節替わりの和菓子3種を創意ある盛り付けで仕上げます 例えば、鴨川沿いの公園で寝ころんだ時に見える季節ごとの空の色を、枕のかたちの外郎にあしらう「枕もち 空/春夏秋冬」は、透明の皿を使い藁のベッドをイメージした一皿です そのほかにも、抹茶のモンブランや抹茶白玉ぜんざい、抹茶のガトーショコラなど、抹茶スイーツなども楽しめます *営業時間 11:30~17:00 ※土日はWeddingで利用できない時もあります
Bb2ffd27f39859c9417cb1d4b4d27b25fb180f24
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
驚きの極上の生チョコ!
京都・岡崎の閑静な住宅街に佇む、歴史ある京町家をリノベーションした隠れ家的なチョコレート専門店「Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House」 店内は、古都の情緒溢れる雰囲気で、しつらいにも情趣を感じる和空間が広がっています 独自の製法で作られる大人の味わいの生チョコレートは、見た目は真四角でとことんシンプル。でも、口の中に含んだ瞬間に明確な輪郭が一気に崩れて、とろけるような口どけと様々な深い味わいが楽しめる逸品! 生チョコレートは4種類! 「スウィートタイプ」 オーストリアの修道院で作られる芳醇なハーブリキュールを使い、口どけがまろやかでハーブの薫りや優しい甘さ、カカオのほろ苦さが楽しめます 「ビタータイプ」 ドミニカ産のオーガニックカカオマスやオーガニックシュガー、オーガニックココアなどを使い、隠し味に 奄美大島の黒糖焼酎を使ったビターな味わいでチョコレート好きの方にオススメの一品 「抹茶味」 厳選した宇治抹茶をふんだんに使い、抹茶の香りとほのかな苦味、上品な甘さが楽しめる一品 「フェアリーテール」 北欧産リンゴンベリーを使い、フレーバーの下にはビターチョコ、上にはドライブルーベリーが一粒のった甘酸っぱい大人の生チョコレートです カフェスペースでは、生チョコの4種セットやケーキともに、オーガニックコーヒーや抹茶などが楽しめます お持ち帰り用の生チョコレートは、手触りが心地よいおしゃれな和紙で包装されていて、スウィート・ビター・抹茶の3種ミックスが人気です *営業時間 12:00~18:00 *定休日 火曜日
C768e5b0f0c7c21adf25cc8dc71af8386e10971a
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
年に一度の出会い!究極の金平糖
創業以来、京都・百万遍の地に暖簾を掲げる、日本で唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」 金平糖はレシピがなく、気温や天候によって蜜の濃度や釜の角度と温度、釜で転がる金平糖の音を聞き状態を見極めて五感を使いながら体で覚えていく一子相伝の技です さらに砂糖に素材を加えると固まらないという常識を覆し、60種類を超える金平糖の風味と色彩を熟練の職人が丹精込めて手作りし、伝統と独自の製法を守り続けています 飴玉のように舐めるのではなく、カリッとかじるのが正しい食べ方。千利休が茶席に取り入れたことからもわかるように、噛んで味わうのが金平糖です。カリっとかじることで素材の香りや味わいがふわりと優しく、口いっぱいに広がります 風味豊かな金平糖は、苺やバニラ、林檎などの通年商品をはじめ、さくらんぼや完熟マンゴーなど季節限定品や歳時限定など、味わってみたいと思う魅力的な物が揃っています 特に最も難しい素材を使うため、ごくわずかしか作れない一年に一度だけ販売される究極の金平糖は、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気です ~究極の金平糖~ ・チョコレート(1月) ・キャラメルあられ(2月) ・シャトー・ヴァンブラン(5月) ・ブランデー(6月) ・梅酒(7月) ・日本酒(11月) ・ヴォーヌ・ロマン 赤ワイン(12月) ・宝来豆(12月) ~オススメ№1~ 「ヴォーヌ・ロマン 赤ワイン」 最もエレガントなワインを生む銘醸地、ブルゴーニュの赤ワインの風味を金平糖に凝縮させた究極の金平糖! 桐箱を開けるとお目見えするのは「ROMANEE-CONPEITO」と綴られた遊び心溢れるエチケット。ボトルの栓をあけると、ワインレッドに色づいた宝石のような金平糖が詰まっていて、口に含むと洗練された果実味と仄かなタンニンが、優美な甘みと共に広がっていき、奥深い大人の味わいです オススメ№2「天然水サイダー」 上品なブルーが美しく、口当たりのよい良質な天然水を使い、透き通るような爽やかな味わいで、通年楽しめる一品 オススメ№3「さくらんぼ」 さくらんぼ本来の香りが少ないため、たっぷりの果肉を使い、口当たりがよくナチュラルな風味が楽しめる季節限定の一品 *営業時間 10:00~17:00 *定休日 水曜日、第4火曜日
0a915b9067a82d448181b0aad811b6960ded6769
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
京都の魅力がつまったスイーツ
古都の風情漂う祇園にある、京都らしいスイーツが愉しめる隠れ家カフェ「TEA VENIR」 四条通にある、レトロな布小物やアクセサリーなどの雑貨を取り扱う「SOUVENIR京都」に併設されているので、こちらから入ることもでき、店の奥の坪庭を抜けた先にあります 店内はジャズの流れ、木の温かみを感じるしっとり落ち着いた空間が広がって、京都らしい庭を眺めながらゆっくりと寛ぐことができます 一番人気は「抹茶のフレンチトースト」 厚切りのパンに抹茶をたっぷりと染み込ませて焼き上げ、抹茶パウダーと粉糖で仕上げ、濃厚な抹茶の香りと苦味を感じられ、甘さ控えめの大人の味わいで絶品! オススメは「アフタヌーンティーセット」 上段は、聖護院八ッ橋総本店が手掛けるnikinikiの八ッ橋、五重塔モチーフのクッキーなど見た目も楽しめます。中段には、香り高い抹茶やほうじ茶の生菓子、美山卵を使ったカスタードプリン。下段にサンドイッチや京野菜のキッシュといった地元の素材を活かした品が揃い、京都の魅力がふんだんに盛り込まれたセットとなっています そのほかにも、京都の素材を使った軽食やスイーツが楽しめます *営業時間 12:00~19:00 *定休日 火曜日
301fcb595e2c4f12764e60041a6ac01b8653a17e
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
おもてなしの心をお茶にのせて伝える甘味
京情緒あふれる祇園白川に佇む、歴史ある京町家をリノベーションした「パスザバトン京都祇園」に併設されてるカフェバー「お茶と酒 たすき」 白川を前にした美しい佇まいは、風情ある町並みに溶けこみ、橋には2つの提灯が掲げられ、川向こうのお店へといざなってくれます 店内は、白を基調とした和モダン空間で、白川の美しいせせらぎの音に癒されながら、ゆっくりとした時間を過ごせ、日本人の美意識をお茶を通じて伝えたいと思いがこめられた、上質の抹茶や煎茶、甘味などが味わえます 一番人気は「富士山の天然氷のかき氷/抹茶みつ」 富士山の天然水を使った天然氷は、空気をたっぷり含んでいて、ふんわりとした口当たりのやさしい氷で、厳選した抹茶は使った抹茶蜜は、苦味よりも抹茶の持つ甘みが引き出されています。自家製の練乳はさらりとしていながらコクがあり、抹茶との相性抜群!こだわりのかき氷が楽しめます そのほかにも、焙じ茶みつや月替わりでフレーバーが変わる限定のかき氷も味わえます   オススメは「焼き麩まんじゅう」 生麩まんじゅうは、もちもちした食感で、中にはさらりとした甘さ控えめのこし餡が潜んでいて、自分でコンロで焼き、お好みできな粉や黒蜜をかけていただきます そのほかにも、上生菓子やぜんざいなど、京都らしい甘味も楽しめます バータイムでは、お茶をベースにした煎り番茶ハイボールや煎茶ジントニックなど、お茶の風味を生かした京都らしいすっきりしたカクテルや、黒豆茶きなこクリームラムなど甘めの独創的なオリジナルカクテルなども楽しめます *営業時間 11:00~20:00(月~土曜日) 11:00~19:00(日曜日、祝日) 21:00~翌4:00(Bar) *定休日 不定休
7ea0a43dc626090d1cbdba35627cffba9a809ae4
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
器まで氷!ふわっふわの生絞りフルーツのかき氷
明治16年創業。京都・祇園にある、京都で一番古い氷屋・森田氷室本店がプロデュースしたカフェ&ダイニングバー「PAGE ONE」 店内は木の温もりも感じる和モダンな雰囲気で、箱庭が眺められるソファー席や町家のイメージをそのままにした畳の席などがあり、ゆっくりとくつろげる空間が広がっています 氷を知り尽くした氷屋のふわっふわのかき氷は、氷彫刻の技術を生かし、器まで氷になっていて、涼しげでダイナミック!昼も夜も一年中、楽しむことができます かき氷に使われるのは、良質な純水の氷。器の氷も、食べる氷と同様の純水の氷で一つ一つ手作りしているので、夏の時期は売り切れてしまうこともあります 一番人気は「生絞りかき氷」 果肉たっぷり苺や、爽やかな味わいのレモンとオレンジの3種類が味わえます。氷の器の上には、きめが細かくふわっと繊細な口溶けの氷がこんもりと盛られ、その上には自家製の白蜜とフレッシュフルーツを煮詰めて作ったオリジナルのシロップがたっぷり。果実の甘みと酸味が絶妙な味わいで絶品! そのほかにも、宇治金時や季節限定のかき氷なども楽しむことができます 夜はダイニングバーとなり、かき氷も味わえますが、夏季の夜限定で食べるカクテルも楽しめます *営業時間 11:00~16:00/18:00~24:00 *定休日 水曜日
C6d6f1e6a0b90819de622b382c6129b35b75df81
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
華やかなジュエリーかき氷と和洋折衷スイーツ
京風情を感じられる祇園花見小路沿いにある、京料理店とイタリアンを展開する楽々荘が手掛ける甘味処「ぎおん楽楽」 店内は、元お茶屋さんの落ち着いた雰囲気で、掘りごたつのカウンターとテーブル席のこぢんまりとした空間です オススメ№1「あめちゃんみたいなかき氷」 氷の上に散らばるキラキラの錦水羹がまさに「あめちゃん」のようで、ほのかに甘みがあり、添えてある白玉もキュート!雪のようにふわっふわの氷の中には、寒天やフルーツが入っていてサプライズ感があり、ここでしか味わえない煌びやかな一品。シロップはベリーやマンゴー・ピーチの3種類から選べます オススメ№2「抹茶パフェ」 手作りの抹茶ジェラートやバニラジェラート、抹茶シフォンケーキ、イタリアンクッキーの洋素材と、丹波の滋味溢れる素材を組み合わせた、濃厚でありながら上品な甘さの幸せのハーモニーを楽しめる一品 一年中味わえる抹茶やきなこパフェの他にも、季節の素材を生かした期間限定も味わえます オススメ№3「わらび餅」 厳選したわらび粉を1時間以上かけて練り上げ、もっちりとした食感に、丹波黒豆きなこをたっぷりの黒蜜をかけていただく、ココでしか味わえない逸品! そのほかにも、あんみつやぜんざい、和風プリンなど和洋折衷のスイーツが楽しめます *営業時間 13:00~18:30 *定休日 不定休
46397cb0d59473a3587e9c0b14b61e1a7a0a3071
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
優しい風味のこだわりアイス
京風情溢れる祇園のメインストリート、花見小路から一本入った路地に佇む、きなこアイス専門店「祇園きなな」 店内は風情のある落ち着いた雰囲気で、1階が工房&スタンディングカウンターになっています。2階はイートインスペースで、陽が差し込み暖かみのある落ち着いた空間で、ゆったりとした空気が流れています きななとは、最高級品とされる丹波黒大豆きな粉と香り高い国内産大豆を独自の割合でブレンドした、きなこアイス。コクはあるのに口当たりがすっきりしていて、舌ですっと溶けるのが特徴! さらに、宇治抹茶や波照間産の黒砂糖など、厳選された天然素材を使い、化学的な着色料や保存料を一切使わず、脂肪分も極力抑え、きな粉をベースにした6種類が日替わりで楽しめます ~プレーン~ やわらかなきな粉風味で、後味もすっきりした優しい味わいの定番のきなこアイス ~黒胡麻~ 京都山田精油の練り黒ごまを練り込み、濃厚な味と香りが特徴的な黒胡麻きなこアイス ~小豆~ 丹波産大納言小豆を練り込み、小豆の粒の食感や甘味を楽しめる、小豆きなこアイス ~黒蜜~ 砂糖のかわりに波照間産の黒砂糖を使い、きな粉と相性抜群の黒蜜きなこアイス ~抹茶~ 京都宇治抹茶をふんだんに練り込み、抹茶の渋みときな粉の香ばしい風味を楽しめる、抹茶きなこアイス ~よもぎ~ よもぎのペーストを練り込み、野趣あふれるよもぎの風味と仄かなきな粉の香りが楽しめる、よもぎきなこアイス 一番人気は「できたてきなな」 文字通り、何のひねりもない直球勝負ですが、驚くほどのなめらかさで、スッーと抜けるきな粉の香りが味わえ、冷凍庫で固めたアイスとは段違いで、工房を併設されてる本店だけで体験できる逸品!フレーバーは日替りなので、どの味のできたてが味わえるのかは、当日までのお楽しみです オススメは「ベリーベリーきなな」 プレーンや黒胡麻、抹茶の3種類のアイスに、ヨーグルト・白玉・八つ橋・そばぼうろ・ラズベリーなど、たっぷりと盛られたトッピングの数々。素朴な和風テイストがアクセントになり、色々な食感や味わいを楽しめるパフェです そのほかにも、二種盛りや三種盛り、京都らしいパフェなども楽しめます *営業時間 11:00~19:00 *定休日 不定休
3a65dfab876207fd562b90b1d36ecc19a36d227d
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
絶品!きな粉や抹茶のスイーツ
京都・祇園。京情緒が漂う白川のほとりに佇む、和洋菓子店「吉祥菓寮」 店内は、1階がパティスリーになっていて、ショーケースには自家焙煎きな粉や宇治抹茶、オーガニック素材を使ったケーキなどが並び、焼き菓子や葛菓子など、和洋のスイーツも揃っています。2階はカフェスペースで、和モダンな落ち着いた空間が広がっています オススメ№1「焦がしきな粉パフェ」 香ばしいきな粉をまぶしたサクサクのメレンゲ菓子をスプーンで割ると、中には上品な甘さの自家製スイーツがぎっしり!自家製のきな粉とバニラの2種類のアイスクリームに、豆乳ブランマンジェやほうじ茶、クランチチョコなどが層になり、色々な食感の違いが楽しめる逸品! テーブルには、こだわりの焙煎きな粉が置かれていて、かけ放題!きな粉専門店の自家焙煎きな粉を存分に味わえ、別添えの黒蜜をかけると、きな粉の優しい甘味も引き立ちます オススメ№2「本わらび餅」 南九州産の本わらび粉を使い、もちもちとした弾力がありながらも、すーっと消えてなくなるような優しい口どけで、キメ細かな深煎りのたっぷりのきな粉は豊かな香りでやさしい甘さが際立ち、ふだん控えめな存在感ですが、主役級の魅力を伝えてくれます。別添えの黒蜜をかけると、また深みのある甘味が加わり美味! オススメ№3「焦がしきな粉のはんなりロール」 新潟産の米粉を使い、竹炭パウダーを練り込み、しっとりふんわりとした生地に、深く煎った京きな粉とクーベルチュールホワイトチョコを合わせたショコラクリームと北海道産の生クリームをマーブル状に巻き込み、見た目と食感のアクセントにわらび餅のようなゼリーが散りばめられています。きな粉の香ばしさが感じられ、濃厚でまろやかな味わいを楽しめる一品 そのほかにも、季節限定のパフェやデザートプレート、かき氷などが楽しめます *営業時間 10:00~19:00
33d1593a4a864bae20d3d81393151c469c3479a4
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
絶品!斬新なティラミスとプリンのかき氷
京都・岡崎の静かな住宅街に佇む、小さな可愛らしい菓子・茶房「チェカ」 一階は、テイクアウトできるようになっていて、二階がカフェスペースになっています を基調としたナチュラルな雰囲気の洋菓子店。2階はカフェになっており、茶釜で1杯ずつていねいに淹れた珈琲やお茶がケーキと一緒に 味わえます。人気は、ティラミスのパーツを分解して、ドーナツ型に組み立てたという『チェカのティラミス 店内は、白を基調としたナチュラルな雰囲気で、1階は販売スペースでショーケースにはスイーツが並んでいます。2階はカフェスペースになっていて、アンティーク感ある木のテーブルや畳の座敷があり、ゆったりと時が流れる空間です また茶釜があり、1杯ずつ丁寧に淹れた、まろやかな口当たりの抹茶や珈琲などと一緒にスイーツが楽しめます 一番人気は「チェカのティラミス」 白と黒のコントラストが美しい、個性的で焼きドーナツのようなまティラミス!土台のショコラタルトは、サクサクとした食感で、内側はしっとりした甘さ控えめのスポンジ。その上にマスカルポーネのムースが重なり、まわりは薄いホワイトチョコレートでコーティング。真ん中は水飴のような食感のほろ苦いエスプレッソソースで、マスカルポーネとのバランスも抜群!濃厚でやさしい大人の味わいを楽しめる逸品! オススメは「プリンのかき氷」 アングレーズソースにキャラメルソース、カリッとほろ苦い飴状のキャラメルの食感が面白みを加え、プリンの味を再現!中には、本物のプリンが現れるという演出もあり、なめらかな食感と優しい卵の味が楽しめ、最後まで氷によって味が薄まることもなく絶品! 夏季限定でカフェスペースは、氷屋チェカに変わり、スイーツはテイクアウトのみになります *営業時間 10:00~19:00 *定休日 月曜日、火曜日
20dc56393560ae124457a6b17afe7fda60bfaaa6
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
和洋の枠を超えた、新趣のお菓子
京情緒たっぷりの祇園にある、京町家をリノベーションした、ニュースタイルのあんこスイーツ専門店「京都祇園あのん」 店内は洗練された和モダンな空間で、1階が販売スペースや坪庭が眺められる席があり、2階はテーブル席や一人で過ごせるカウンター席が用意され、ゆったり落ち着いた空間で、ちょっとした隠れ家的な雰囲気が漂っています オススメ№1「あんぽーね」 北海道・十勝産の小豆をじっくり炊き上げたつぶ餡と、マスカルポーネチーズを使った自家製クリームを滋賀県産の糯米を使った最中でサンド。サクッと歯切れのよい香ばしい最中、ほのかな塩気で甘さ控えめのつぶ餡、そして滑らかでコクがあり、ふわっとした酸味のクリームがやさしく調和している逸品! 2つの割り合いをお好みで変えながら、様々な変化を楽しめ、ほっこり落ち着く美味しさ! オススメは「あんえくれあ」 香り豊かなシュー生地にサブレをプラス。ざくっと歯ごたえある生地の中に、北海道・十勝産の小豆を使った素朴な甘みのこし餡とミルキーな生クリームを挟み、ガナッシュには丸久小山園の抹茶を使っていて、すっきりとした後味も愉しめます オススメ№3「あんです」 白あんと洋の素材を組み合わせ、雄大なアンデス山脈をイメージした山型のケーキ。サクサク食感のメレンゲ菓子を土台とし、北海道・十勝産小豆のつぶ餡とホイップした生クリームを2層仕立てで、柔らかく炊き上げ、あっさりとした味わいの白あんで優しく包み込み、仕上げに丸久小山園の抹茶をハラリと振り、アンデス山脈に広がる春の新緑の芽吹きに見立てた逸品! その他にも、あんまかろんやあんたると、京おはぎなど、あんこに新しい感性を吹き込んで、和洋の枠を超えた新感覚のあんこの世界が愉しめます *営業時間 12:00~20:00(月~金曜日) 10:00~20:00(土曜日) 10:00~18:00(日曜日、祝日) *定休日 火曜日
7232df556eaff838e017ba0fea1b2529f4113703
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
旧宮家別邸で優雅にカフェタイム
京都・銀閣寺に近い吉田山。その中腹に建つ、旧東伏見宮別邸・吉田山荘の敷地内にあるカフェ「真古館」 料理旅館・吉田山荘は、昭和天皇の義弟である、旧東伏見宮家別邸として使われていました。そして同じ敷地内にある山小屋風の建物がカフェになっています 店内は、アンティーク家具や照明が並びレトロでモダンな空間が広がり、教会で使われているというチャーチチェアが厳かさを感じさせ、まるで教会のような雰囲気が漂っています 大きな窓の外は、初夏には新緑に染まり、秋には紅葉が窓枠を額縁のようにして真っ赤に染まり、木々の隙間からは比叡山をはじめ、五山の送り火で知られる大文字山など、京都市街を囲む山々の稜線を遠くまで見渡すことができます 一番人気は「チョコレートケーキ」 乳製品や卵、白砂糖を一切使わず、豆腐とカカオマスで作られたヘルシーなスイーツで、ほんのり甘く濃厚な味わいで美味! オススメは「お福もち」 有機農法による十六穀米や大納言小豆、もち玄米を使用した餅は、香ばしく粒々した食感で、きな粉と黒蜜をたっぷり絡めると深みのある味わいを楽しめます 甘味には、和紙に書かれた和歌が添えられています。日本に古くからある仮名文字の文化とその美しさを知ってほしいとの思いから、古今和歌集や百人一首などから季節ごとに選び、女将自らが書いています。裏面には読みと歌の意味が添えられております *営業時間 11:00~18:00 *定休日 不定休
44fe2d7ea431ffe0f2d6f0294a9d19b39b9d5708
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
秘密にしたい!大人の甘味処
枝垂れ桜で有名な桜名所。円山公園の中にある、元料亭をリノベーションした、趣ある草庵の佇まいの甘味処「茶菓円山」 店内は、割烹料理屋のような瀟洒な落ち着いた大人の愉しむ空間になっていて、和の美意識が際立つ甘味をイメージし、道程も風流な季節の茶菓が愉しめます オススメ№1「福蜜豆」 大きめに切られた寒天に白玉。紫花豆や白花豆、紅絞り豆など種類豊富で、各社各様の食感や甘さを味わえる豆の競演!素材の奥深さを感じる上品なみつ豆です 黒蜜と白蜜が添えてあり、最初は白蜜をかけて、最後に黒蜜を足すと、あっさりだったみつ豆がだんだんと濃くなっていき、味の変化を楽しむことができ絶品! オススメ№2「真葛羹」 吉野本葛と胡麻で仕上げられ、もっちりとしていて滑らかな食感!ゴマの香りが口いっぱいに広がり、クリーミーで胡麻豆腐のような様相もありつつ、和三盆糖がベースのソースを絡めると濃厚でありながらもスッキリとした甘さが後をひく印象的な逸品! オススメ№3「豆おこし」 黒豆おこしは、荏胡麻や黒豆、玄米を黒砂糖で固めていて、従来のおこしよりやわらいのが特長のひとつ。時間を掛けて煎ってある胡麻は、とても香ばしく、アクセントに加えてある大徳寺納豆の塩加減と香りも絶妙!黒砂糖の苦みや雑穀の旨味が重なった奥行きのある味わいは、今までにない新しい感覚。それでいて伝統も感じる至高の和菓子で美味! そのほかにも、季節の素材を使った一種の料理のような甘味や、白味噌仕立ての京都らしいお雑煮や京揚げと九条ねぎの煮麺などが堪能できます お茶には、八坂神社の境内で汲む御神水を使い、厳選された抹茶や煎茶、玄米茶など楽しめます。お茶以外にも珈琲やワインなどもあり、お酒と菓子の妙味も楽しめます *営業時間 11:00~19:00 *定休日 火曜日
2a2c443ad8b50533d6068bb9c02b6bcfe82945d9
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
京都の街並みを一望できるカフェ
京都東山、長い歴史を紡ぐ高台寺の境内にあるカフェ「SLOW JET COFFEE 高台寺」 東山のシンボル・八坂の塔を据えた風情ある街並みを一望でき、晴れた日にはシルエットになった塔と茜色の美しい夕景も望めます 店内は、シンプルで光が差し込む開放的な雰囲気で、ゆったりとくつろげる空間が広がっていて、テラス席は心地よい風を感じられます 一番人気は「高台寺ガーデンケーキ」 抹茶とコーヒーフレーバーのメレンゲを木に見立て、チョコで作られた石や抹茶クラムで苔と庭園をイメージしたジオラマ風ケーキ。メレンゲの木は季節ごとに色を変え、京都の四季を思わせる、オリジナリティ豊かな抹茶づくしで絶品! オススメは「抹茶パフェ」 一保堂茶舗の抹茶をふんだんに使ったゼリーやわらび餅が添えられ、ぷるぷる、もちもち、様々な食感を楽しめる一品 そのほかにも、ガトーショコラやきな粉パフェなど寺スイーツや、京野菜を使ったカレーやパニーニなどの軽食も楽しめます 自家焙煎コーヒーは、生豆から焙煎し、一杯ずつ丁寧に淹れてくれるハンドドリップコーヒ―や、仏・ユニック社のエスプレッソマシーンで高速抽出したほろ苦いエスプレッソなどを味わえます *営業時間 9:00〜18:00
92c7c2eb9ba44a843583afc7272b2b15905bf0d9
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
川のせせらぎに心安らぐ町家カフェ
京都・東山、趣ある町家が軒を連ねる住宅街に佇む、町家をリノベーションした町家カフェ「三味洪庵」 店内は、木の温もりを感じる落ち着いた空間でテラス席もあり、さらさらと涼やかに流れる白川のほとりで、古都の風情にたっぷり浸ることのできます 一番人気は「丹波産黒豆・豆乳ぷりん」 南禅寺御用達の服部豆腐店の豆乳を用い、ほどよい弾力でくせがなく、それでいてしっかりとした豆乳の味がふわっと口のなかに広がります。ふっくらつやのある甘い黒豆が程よいアクセントになり、快い口どけも印象的。そのままの味を楽しんだあとは、別添えの黒蜜をたっぷりかけるとコクのある蜜がからむことで味に深みが加わり絶品! そのほかにも、厳選した抹茶を使った抹茶シフォンや抹茶パフェなど、和テイストなスイーツが楽しめます ランチのオススメは「京のおぞよ御膳」 このお店の自慢のひとつで、旬の素材を手間ひまかけて調理したおぞよや、伝統を守り続けてきた西京味噌漬などが添えられた二段重の御膳は滋味深く、心にもお腹にも沁みてゆきます *営業時間 11:00〜15:00(ランチ) 14:30〜18:00(カフェ) *冬季営業時間(12月10日〜3月31日) 11:00〜15:00(ランチ) 14:30〜16:00(カフェ) *定休日 月曜日
F42953d0ea8fdd46e31003b99242ed57e105f7d0
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
祇園の路地に佇む、大人のカフェ
京の風情を感じる祇園。花見小路の美しい石畳の細い路地裏に佇む、お茶屋をリノベーションしたカフェ&バー「祇園NITI」 店内は凛とした雰囲気で、落ちついた和モダンの空間が広がり、ゆったりとした時間を愉しめる大人の場所です 一番人気は「淡雪/天然氷のかき氷」 日光の氷職人・四代目徳次郎の作る天然氷を使ったかき氷で、まるで淡雪のように軽く、口どけよいふわっふわ!通年3種類のかき氷が楽しめます グランドメニューの宇治抹茶金時とミルク金時の中には、練乳のババロアと大納言あずきがたっぷりと入っており、1度で2度異なる味わいが楽しめます もう1つの季節の果実は、1ヶ月に2度種類が変わり、フルーツ以外にも、モンブランやティラミスなどの変わり種もあり、一期一会の味を楽しめます オススメは「生おかき+凉炉/5種ディップ添え」 自分で生おかきを凉炉で焼くという体験型で、おかきがぷくぷくと焼けていく工程も楽しめ、自分好みに焼けたら、添えられてる5種類のディップから好きなものを選んで味わえます そのほかにも、ほうじ茶のミルクプリンや無花果とくるみのガトーショコラなども楽しめ、夜はバーに変わり、ゆったりと時間の中でお酒を楽しむことができます *営業時間 10:00~17:45(7~9月) 11:00~18:00(10~6月) 19:00~翌2:00(Bar time) *定休日 水曜日 ※7~9月は不定休
479ea42ad85ed7016eb18b960c919d778a39a7ad
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
絶品!大人スイーツ、タルトタタン
京都・岡崎エリアの片隅にある、京都で一番美味しいタルトタタンに出会えるカフェ「ラ・ヴァチュール」 店内は、クラシカルな雰囲気でゆったりとくつろげる空間が広がっています 看板メニューのタルトタタンは、先代のユリおばあちゃんが、パリで出会ったタルトタタンに魅せられたのが始まりで、今はお孫さんがレシピを受け継いでいます。本場フランスのタルトタタン協会から認められた逸品! 1ホールを作るのに20個以上の青森産のリンゴを使い、ひとつひとつ水分の含み方や酸味が違うので、リンゴのご機嫌を伺いながら、じっくりと丁寧に4~5時間かけて焼き上げています リンゴの旬は10月ですが、タルトタタンの味は、旬だけにはとらわれません!旬のリンゴは水分やペクチンを多く含んでいるので、タルトタタンにするとゼリーのように仕上がり、一方で真夏のリンゴは、もっとも水分が少ない時期なので、火を入れてタタンにすることで、味の濃い、コクのあるタタンになり、時期によって変わる風味や食感を楽しめます タタンの楽しみの一つは、リンゴの食感の変化!外側のリンゴはキャラメルのようにほろ苦く、歯ごたえがあり、中はトロトロとしていて甘酸っぱく、一つのタタンのなかで様々なリンゴの味わいを楽しめるのがタルトタタンの魅力!季節やリンゴの味わいによって温めて供されたり、ヨーグルトソースが添えられたりします タルトタタンのほかには、スイスの伝統的なスイーツ「クルミのタルト」や、コーヒーシロップに浸した生地でモカバタークリームを挟んだチョコレートケーキ「オペラ」が楽しめます *営業時間 11:00~18:00 *定休日 月曜日
893b3071dcf250e31416d9068f3e1a7486d18425
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
パブロの京都限定スイーツを堪能!
京都・祇園界隈にある、大阪生まれの焼きたてチーズタルト専門店「PABLO」 店内は、提灯やイラストなど和の雰囲気を所々に散りばめ、京都らしさを表現した空間です ショーケースには、看板商品の焼きたてチーズタルトをはじめ、京都限定や季節限定などのタルトやプリンなどが並んでいます ~オススメ№1~ 「栗とわらびもちの濃い宇治抹茶チーズタルト」 京都産の宇治抹茶をたっぷりと混ぜたチーズ生地に、栗ときなこのわらび餅を入れてしっとりと焼き上げたタルト。深みのある宇治抹茶チーズ生地に、舌触りの良いなめらかなわらび餅と栗が食感のアクセントになっていて絶品! ~オススメ№2~ 「とろけるチーズプリン/白玉宇治抹茶」 なめらかなクリームチーズのプリンに京都産の宇治抹茶を混ぜ、抹茶ソースをかけたチーズプリン。トッピングに白玉や大納言あずき、マスカルポーネチーズクリームをあしらい、チーズのコクと宇治抹茶のまろやかな味わい楽しめる、大人の和スイーツ! ~オススメ№3~ 「丹波の黒豆ときなこのフルーテ」 クリームチーズに丹波の黒豆や京きな粉、黒蜜ソースを合わせた和風スムージー。上にはエスプーマ製法でふわふわにしたクリームチーズ生クリームを絞り、黒蜜ソースと黒豆をトッピング。京きなこの香ばしさと黒豆の素朴で上品な味わいを楽しめます *営業時間 10:00〜21:00 *定休日 不定休
A3dd6f9b102c7a71d997d1d61256cd36d5672c9f
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
絶品!抹茶&ほうじ茶スイーツ
京都・東山七条にある、日本茶専門店「清水一芳園」に併設されてる和カフェ「茶処 一祥」 店内は和モダンな落ち着いた空間で、洗練された雰囲気のゆったりとくつろげます 多種類のお茶と、茶葉との調和を考え素材にこだわった創作茶スイーツが楽しめます ~オススメ№1~ 「プレミアム抹茶ロールケーキ・霞的」 最高級抹茶をたっぷりと練り込み、しっとり焼いた抹茶生地に、香りづけにレミーマルタンを入れた白餡を巻き込み、抹茶エスプーマをはさんだロールケーキ。芳醇な香りが広がるとともに、和とも洋ともいえない深い大人の味わいがする逸品! ~オススメ№2~ 「清水パフェ」 宇治抹茶を惜しみなく使用した濃厚な抹茶アイスや抹茶羊羮、抹茶クリームをはじめ、きな粉アイス、ミルクプリン、わらび餅、小豆煮、白玉、栗の渋皮煮、お茶のビスキュイなどで構成して、最後に宇治抹茶ふりかけた、清水一芳園の理念を体現した抹茶パフェです 抹茶の風味を生かすため、砂糖は極限まで控えめにしていて、最初から最後まで素材の調和を楽しめ絶品! ~オススメ№3~ 「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」 天然氷に、二種類の高級抹茶をブレンドした濃茶と岡田製糖所の阿波和三盆糖で作った蜜をブレンドしたエスプーマをたっぷりとかかっていて、中には甘さ控えめな小豆も隠れており、白玉と練乳が添えられています エスプーマ独特のふんわりやわらかな口当たりで抹茶の香りや苦味が口いっぱいに広がり、練乳をかけるとまろやかな甘味が加わり、また別の味わいに変化します。甘さ控えめの抹茶と小豆、練乳のやさしい甘み、白玉のアクセント。抹茶のかき氷の王道と呼べる味わいで絶品! そのほかにも、京都の伝統とイタリアンドルチェの融合を楽しめる宇治抹茶ティラミスやガトー抹茶、抹茶ぜんざいなども楽しめます *営業時間 11:00〜17:30 *定休日 月曜日、年末年始
998e66d59ac15f34a8418a5ce58d54eef4e33433
大人の週末“京都/洛東Sweets散歩”
絶品!5つの味で楽しめる小さな炙り団子
京都・祇園、八坂の塔の近くにある、一口サイズの炙り団子が評判の甘味処「十文堂」 店内は、こぢんまりとした居心地のいい空間で、こだわりの自家製和スイーツを味わえます 名物の鈴なり団子は、巫女が神楽を舞う際に用いる神楽鈴と呼ばれる鈴をイメージしたもので、幸福が鈴なりに降ってきますようにと、そんな想いを込められた縁起の良いお団子です 一番人気は「団楽」 ビー玉ほどの小さな可愛らしいサイズの5種類の鈴なり団子を全て味わえるセット。香ばしく表面はパリッと、中はもっちりとした焼きたて食感を楽しめます ~京風白みそ~ 京都のお雑煮のような、まったりとした優しい味で、ほどよい塩気に柚子の香りが絶妙な一品 ~黒ごま醤油~ 秘伝の甘辛だし醤油で焼き上げ、原了郭の黒七味がピリッと効いて、ごまの香りを引き立ててくれます ~みたらし(きなこ仕立て)~ 黒ごま醤油団子に、まろやかな甘さのみたらしだれに黒寿きな粉をまぶしていて、程よい甘さで上品な味わいです。きな粉が苦手な方には、きな粉無しもできますが、醤油の辛みが強く感じてしまうので白団子になります ~いそべや焼~ 甘辛いだし醤油出しで焼き上げ、香ばしい団子の下に敷かれた焼き海苔で深い味わいを楽しめ、甘い団子と団子の間の箸休めとしてちょうど良い一品 ~粒あん~ 甘さ控えめに炊いた丹波大納言小豆をたっぷりのせてあり、上品な甘さを楽しめます オススメは「鈴なり最中」 香ばしい焙じ茶の味と生クリームとチーズクリームがバランスよく合わさった大人の味わいを楽しめる一品 そのほかにも、炙り栗きんとんなど、ここでしか味わえないこだわりの甘味や四季折々の限定メニューも楽しめます *営業時間 11:00~18:00 *定休日 水曜日、木曜日