x
6586f5880fcf4ad9834df3367f5f2a7f00b55571
いずみんのお気に入り
0 フォロワー
tabbed by いずみん
391bddb298ef2b85d03138d1dbcacc2b63770b8f
いずみんのお気に入り
食堂酒場Gracia|無敵のトンテキ
山海の幸に恵まれた三重県四日市市のご当地グルメは、厚切りの豚ロース肉を焼いて千切りキャベツを添えた「トンテキ」。浅草橋駅の近くには、本場より美味しいと言わしめるトンテキ自慢のレストラン「食堂酒場グラシア」がある。国産豚のリブロース肉を使用しているというトンテキは、分厚い肉の中からジューシーな肉汁があふれ、ボリュームたっぷり。なのにあっさりしていて、しつこくない。秋になると伊勢志摩の特産「的矢牡蠣」も入荷する。三重県の美味が、浅草橋の夜をさらに美味しくする。 トンテキ 980円 豚肉料理の最高峰として、洗練に洗練を重ねてきたことが伝わってくるトンテキ。つけ合わせのマッシュポテトがまた絶品。林SPFのリブロースを使用していて、有名なトンカツ屋さんが特上2800円で出しているものと同じもの。 +300円でご飯、味噌汁、漬けものが付いた定食も。 塩トンテキ 980円 トンテキと同じ肉だというのが信じられないほどの変化。グリルのトロ火でじっくり火を入れていく。味つけがシンプルなぶん、豚の力が前面に出る。 ローストポーク 1280円 黒板メニューのローストポーク 食堂酒場Gracia グラシア 東京都台東区浅草橋2-27-5  03-3865-8966 16:00-23:00LO 月曜休、第3火曜休、年末年始休 10席 完全禁煙 JR浅草橋から徒歩5分
937ab2c64b74593b32a10b4ab58931ab762ae2cb
いずみんのお気に入り
まるごとにっぽん|食も伝統文化も地方の魅力が浅草に
「まるごとにっぽん」は、日本各地の魅力が集結する商業施設。1階から4階まで各フロアに「ふるさと」がいっぱい詰まっている。 1階は全国から23店舗の地方色の豊かな食品が並ぶ「地産セレクトグルメフロア」。約300銘柄の日本酒や国産ワインなど、約2000種類以上の地方の逸品が購入できる食品館「まるごとにっぽん 蔵」に注目。 2階は、地方の伝統を生かした生活用品・雑貨のセレクトフロア。18店舗が参加して、丁寧な手仕事に、ぬくもりやこだわりを感じられるアイテムが並ぶ。 「旅の窓口」をテーマにした3階は、郷土料理や食文化を学ぶことができる「Cooking studio おいしいのつくりかた」や、地方の手仕事体験などのワークショップを開催する「workshop みんなでたいけん」など、地方独自の文化を学ぶ機会がある。 4階は、7店の飲食店が入った「カフェ&レストラン」のフロア。愛媛県産をメインに30種類以上の野菜がビュッフェ形式で楽しめる「チャーリーズベジタブル東京」や、1階の鮮魚店「越前若狭丸」で販売している新鮮な魚を使った海鮮丼などがいただける「海鮮若狭丸」など、各地の旬の味覚を味わえる個性豊かな店が揃っている。 まるごとにっぽん 東京都台東区浅草2-6-7 03-3845-0510 1・2F 10:00-20:00 3F 10:00-21:00 4F 11:00-23:00 ※一部店舗により異なる 年中無休 2015年12月17日オープン つくばEXP浅草駅より徒歩1分 東武浅草駅より徒歩7分 地下鉄浅草駅より徒歩8分
A67499e3e8657c76deb372c06892657a1efa011c
いずみんのお気に入り
絶品!焼きたてアップルパイ
カスタードクリームたっぷり!新感覚の焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」 店内はバターの甘い香りが漂い、まず目に飛び込んでくるのはずらりと並んだアップルパイ!これまでに見たことのないくらい大量のアップルパイが並べられているため、この光景に圧倒されますが、アップルパイ好きには夢のような空間です これだけの量でありながらも、店内に工房があるので、いつでも焼きたてで作り置きはしません! 焼きたてカスタードアップルパイは、サクサクの香ばしいパイ生地に、たっぷりのカスタードクリームが入っているが、クリームだけが主張することもなく、ゴロッとしたリンゴの食感もしっかりと楽しめる上品な甘さで絶品! 通常、カスタードクリームを入れるアップルパイは、甘く煮たリンゴとクリームをパイ生地に包んで一緒に焼き上げることが多いですが、ここでは2回に分けてパイ生地を焼くのが特徴。まずは、リンゴのみを入れて焼き、その後に特殊な方法でたっぷりのカスタードクリームを入れて焼き上げます 美味しさのヒミツは焼きたてだけではなく、原材料にもこだわっています ・なめらかなカスタードクリーム 北海道の新村牧場から直送の完全放牧乳牛のミルクを使い、最新技術のマシンによって、なめらかでムラのないカスタードクリームができあがります ・サクサクなパイ生地 サクサク感を追求するため、オリジナルブレンドの小麦粉と北海道産フレッシュバターを使い、144層ものパイ生地は、ふっくらとした繊細な食感を生み出します ・ゴロっとした新鮮リンゴ 旬の時期に収穫してすぐに2cm角のキューブ型に切り、フィリングしてます *営業時間 10:00~22:00
C09ef0d3c7ec622358fcd7c06b9ab703106be6d5
いずみんのお気に入り
こんなタルト食べたことない!表参道「What a Tart!(ワタァタルト)」
食事用の甘くないタルト“セイボリータルト” http://co-trip.jp/article/35958/ 地下鉄表参道駅から約5分。青山通りを渋谷方面へ向かって歩き、角を曲がって少し行くと、青々とした竹の植え込みが目印のお店が見えてきます。 ガラス張りのドアを開けると、色とりどりのセイボリータルトが並ぶショーケースがお出迎え。 食欲をそそる匂いもさることながら、形も具材もさまざまなタルトは、まるでケーキのように華やかです。 重厚感があり落ち着いた雰囲気の店内。お天気の良い日のランチには気持ちよさそうなテラス席、打ち合わせにも使える4人掛けのテーブル席など、目的に応じて使い分けできます。 日本では甘いタルトが主流ですが、欧米では食事用のセイボリー(甘くない)タルトは、パンと同じくらいポピュラーな存在。栄養価の高いものが手軽に食べられるとあって親しまれているんです。 「What a Tart!」が従来のタルトと異なるのは、タルト生地に一切バターを使用せず、太白胡麻油、グレープシードオイル、エキストラバージンオリーブオイルなど、身体に必要とされる油を使用している点。 そのため食べ応えはあるのにカロリーは抑えられ、驚くほど口当たりが軽やか。 常時12種類あるタルトは、フィリングに合わせた胡椒やルッコラなどの食材が生地に練りこまれていて、食感や風味の違いも楽しめます。 保存料や添加物を一切使用していない手作り品ですが、すべて火を通してあるため、温めれば翌日までサクサクのおいしさが楽しめます。