x
3ef2590f14dbc86493cc18b38dcbb8ded276cad6
景色
4 フォロワー
tabbed by shoko8
02d34c36a380b9a95ee1b443a3713151686a3e59
景色
ぼんぼりの灯りに照らされる高田城と桜の幻想的な夜景を見に行こう【新潟】
高田城址を整備して作られた高田公園は、日本三大夜桜のひとつでもあり、ライトアップされた姿は幻想的。昼間は公園西側にある街屋をめぐり、夜には再び公園に戻ろう。同じ場所でも昼と夜で異なる雰囲気の桜を楽しめます。 歴史香る街歩きは幻想的な夜桜で締め 高田公園 1614年、松平忠輝の居城として築かれた高田城址を整備して作られた歴史ある公園。昼の桜が美しいのはもちろんだが、実は日本三大夜桜のひとつでもあり、ライトアップされた姿も見逃せない。昼は公園西側の通りを散策しながら、お茶や買い物、町家見学を楽しみ、日が落ちたら再び公園に戻るのが正解。同じ場所なのに昼と夜でまったく異なる雰囲気の桜絶景に酔いしれよう。 <第90回高田城百万人観桜会>開催期間:4月3日(金)~19日(日) TEL/025-543-2777(公社)上越観光コンベンション協会 住所/新潟県上越市本城町 営業時間/観覧自由 城下町を散策しよう! よしかわ杜氏の郷 「よしかわ杜氏の郷」は酒と農産物が自慢の道の駅。種類豊富な地酒はお土産にもぴったり。 TEL/025-548-2331 よしかわ杜氏の郷 越後高田町家三昧 春ノ巻 「越後高田町家三昧 春ノ巻」と題し、町家公開など高田のまちを楽しむイベントを開催。 TEL/025-526-6903(上越市文化振興課) 開催期間/4月3日(金)~19日(日) 住所/新潟県上越市高田地区  営業時間/10時~17時 まだある城×桜 国宝松本城 堂々たる五重六階の天守閣と艶やかな桜は絵になる美しさ。本丸庭園内には江戸帰りの加藤清正が立ち寄った際の伝承が残るシダレの一本桜も立つ。 <夜桜会>開催期間:松本城管理事務所の開花宣言3日後より8日間 TEL/0263-32-2902(松本城管理事務所) 住所/長野県松本市丸の内4-1 営業時間/8時30分~17時(最終入場16時30分) 定休日/12月29日~1月3日 料金/入場610円(松本市立博物館と共通) 上田城跡公園 桜で埋め尽くされる真田氏の居城。千本桜まつりでは、例年ステージイベントや物産展などが催され、県内外からの多くの人出で賑わう。 <上田城千本桜まつり>開催期間:4月8日(水)~4月19日(日) TEL/0268-23-5408(上田市観光課) 住所/長野県上田市二の丸 営業時間/見学自由
296cd5f67fc146a5755074f43f86e9024a71ab89
景色
【美人林】あなたもきっと息を呑む。日本が誇る新潟の絶景が美しすぎる
新潟県十日町市にある『美人林』をご存知だろうか? 新潟県松之山松口の北の丘陵に、樹齢90年ほどのブナ林が広がっていて、そのブナ木たちのすらりとした立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになったとか。 この美しさに魅了され、今では多くの観光客が訪れるようになり、写真愛好家たちの中でも一度は訪れてみたい絶景スポットとして人気を博している。 美しくそびえ立つブナの木も魅力的だが、もう一つの魅力として注目を得ているのが美しい"池"。 この池が美人林の美しさをより引き立てていると言っても過言ではない。 一年を通して美しい景色を見ることができるが、特に紅葉の時期には染まった美人林は下に落ちた色づいた葉は赤色の絨毯となり、私たちを迎えてくれ、雪が積もり一面真っ白になると、白い雪と青い池、枯れてしまった木々たちのコントラストが美しい。 ▫️主なアクセス方法 ・北越急行ほくほく線「まつだい駅」よりバスで15分 ・北陸自動車道「上越インターチェンジ」より車で60分 ・関越自動車道「越後川口インターチェンジ」より車で60分、「塩沢石打インターチェンジ」より車で60分 ※30台分の駐車場は完備していますが混雑時はお近くの駐車場を利用することをおすすめしています。
0cd3b7119984ea6548c6f77a1a338a0058069abe
景色
CM撮影のメッカ!日本とは思えない絶景|角島@山口
角島は、その美しさゆえ、さまざまな映画やテレビ番組やコマーシャルのロケ地として、たびたび取り上げられています。 角島は山口県の北西、日本海にぽっかりと浮かぶ、つつみの形をした、人口900人あまりの島です。 2000年の角島大橋完成にともない、一気に山口県を代表する人気観光スポットになりました。角島の魅力は、なんといっても白い砂浜とエメラルドグリーンの海です!日本海とは思えない、南国の海と錯覚してしまいそうな光景が広がります。 角島を含めた山口県北部の海岸線は、北長門海岸国定公園として指定されており、毎年たくさんの観光客の方々がいらっしゃるようですが、角島は特に美しいと評判です。 通行料金無料の離島架橋としては、日本第二位の長さを誇る角島大橋、明治9年に初点灯後、130年以上経った現在でも、現役で毎日点灯している総御影石造りの洋式灯台、角島灯台、全国でも指折りの透明度の海と、さらさらの白い砂浜で毎年たくさんの海水浴客を魅了している二つの海水浴場、角島大浜海水浴場・キャンプ場としおかぜコバルトブルービーチ、水平線に沈む夕日の美しさなどなど、角島は見どころいっぱいの島なんです。