x
8f2e84776614bdd68be18e2243d83fa6e6be3fcd
tab帳
2 フォロワー
C53c0b2aa9effcdf45edc30f170a35d3e91c0fdf
tab帳
400灯のランプに映しだされるレトロな空間の灯りでステーキ&ブッフェレストラン
有馬街道温泉 すずらんの湯に隣接して、ステーキ&ブッフェレストラン「LAMP HOUSE FINE STEAK & HAMBURG」が7月にオープン。 こちらの運営は、すずらんの湯の同じ。手打ちうどん専門店「麺匠の心つくし つるとんたん」や「大阪屋形船」など、大阪だけでなく全国で商業施設を運営、プロデュースするカトープレジャーグループの同施設の第二期事業だそうです。 食事は、ハンバーグ・ステーキ・ローストビーフから選ぶメイン料理に、自由に好きなものを取るハーフブッフェ。季節ごとに変わるブッフェは、旬野菜のサラダ、焼きたてのパン、石窯ピッツァ、など。 店内に流れるBGMはカントリー&ウェスタン、リズム&ブルース「古き良きアメリカ」の情景がコンセプト。オイルランプをモチーフとした照明は、店内に100灯、外部に300灯設置、計400灯のランプに映しだされるレトロな空間の灯りが、ウッドキャビン風の建物を照らし出し、ノスタルジックな雰囲気をさらに強めます。 また来年春にはガーデンエリアでのバーベキューもスタートの予定ようです。有馬街道をちょっとドライブやハイキングで訪れたくなりますね。
2d5d4f09822f05b57ff0185c64b90889e219b51c
tab帳
紅茶が美味しいゆったりカフェ。
神戸で開催中の『マウリッツハイス美術館展』に行った帰りに寄りました。 前回、神戸に遊びに来た時にチェックしておいたお店です。 ランチタイムは11:30~15:00で、この日は12:30くらいにお店に着きました。 平日だったせいか運よくすぐに席に着くことが出来ました。 (しかも窓側の席) 常に満席状態だったので、人気店なんでしょうね。 この日のランチ(950円)は *鮭ごはん *とり肉とかぶの柚子こしょう煮 *蓮根と胡瓜の赤じそ和え(って書いてたけど、どう見てもオクラと人参ともやしと昆布だったw) *わかめと生姜のお味噌汁 *小さなデザート(ゼリーなんだけど、なんのゼリーか不明) *今週のお茶 でした。 野菜たっぷりで煮物メインのヘルシーな内容でした。 ただ、男性には物足りないかもしれませんね。 お茶は冷たいのか温かいのかどちらか選べたので、温かい方をお願いしました。 店員さんは女性ばかりで、お客さんもほぼ女性のみ! 女の子が好きそうなインテリアなので、そうなっちゃうのも無理ないかな? おひとり様も多かったような気がします。 素朴な家庭料理でしたが、器や盛り付けが可愛いのですごくオシャレに見えますね。 デザートの評価も高いのですが、この日は場所を変えることにして・・・お店を後にしました。 ごちそうさまでした。
D24c95c05e940754d2fa10223e2af37287ade446
tab帳
緑の洞窟に落ちる神秘の滝 ~シワガラの滝(兵庫県新温泉町)
シワガラの滝は知る人ぞ知る但馬の名瀑で、その神秘的な滝姿を見ようと写真家や滝好きの人たちにに大変人気が高い滝である。 落差は10mほどの小さな滝だが、洞窟に落ちる姿はとても神秘的で、訪れた人たちの心を惹きつけて止まない。 滝は外からでは岩壁に遮られてほとんど見えず、見るためにはどうしても水の流れる洞窟へ入る必要がある。洞窟内に踏み込めばすぐに苔むした岩肌を滑り落ちるシワガラの滝が見えるだろう。 洞窟はドーム状の空間で奥行きはほとんどない。その空間に水の落ちる音だけが途切れることなく響き続けている。 洞窟の壁に反響して迫力満点だ。 見上げれば岩の切れ目から光が射し込んでくる神秘的な光景が広がっている。 緑の葉の色は光を受けてますます鮮やかに輝き、黒い岩肌と白い飛沫と光の美しいコントラストを作り出してくれる。 シワガラの滝へは入り口から30~40分あればたどり着くことが出来る。 ただし観光地として整備された場所ではなく、自然のままの場所が多く残っている。 しっかりとした登山をするつもりで装備を整えて訪れて欲しい。もし途中で怪我などして動けなくなっても助けてくれる人がすぐに来る保証はない。 また蚊やアブなどの虫も多く、熊なども生息する地帯である。十分注意して欲しい。
112af73cd1a6602e376269d6a15cd4e58b92655c
tab帳
まるで緑の絨毯!苔むす庭で安らぐひと時「妙法寺」
ピンクや紫といった藤の花のカーテン、燃えるような真っ赤なもみじ…それに負けない、日本の控えめな美しさが鎌倉のお寺にあった!苔で覆われた石段、鬱蒼とした緑を見ていると、思わず時が経つのを忘れてしまいますよ。 ■異空間へ行けそうな苔の石段… 苔むした石段を見られるのは、鎌倉駅から徒歩10分ちょっとの距離にある「妙法寺」。苔が美しいお寺として”苔寺”とも知られています。本堂を通り過ぎて仁王門をくぐると目の前に現れる苔の石段は、都会の喧騒を忘れさせてくれますよ♪  保護のために石段を登ることはできませんが、上からも下からも眺めることができます。冬場は苔が少なくなってしまうため、梅雨の時期がおすすめ!足場が悪いところもあるので、訪れる時はスニーカーなど歩きやすい靴を履いてきてくださいね♪  ■ 基本情報 名称: 妙法寺・住所: 神奈川県鎌倉市大町4-7-4・アクセス: 鎌倉駅から徒歩約15分・拝観時間: 9:30~16:30(12月第2週~3月中旬、7月第2週~9月中旬までは土日祝のみ)・電話番号: 0467-22-5813・料金:中学生以上300円 小学生200円・参考サイトURL: https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/07myouhouji.html