x
Missing
店(東京)
1 フォロワー
tabbed by ぽっぷん
C4c9d904c02da68d6c37b2167fecc38aeee17256
店(東京)
あの酒場放浪記にも出た名物!ふじ芳の「うずら鍋」は激ウマ・必食の逸品
JR浅草橋駅西口から徒歩2分と駅チカ!! JR浅草橋駅西口から徒歩2分とめっちゃ駅チカに、「四季の味 ふじ芳」さんはあります。 こちらのお店の名物は「うずら鍋」!! 浅草橋には4年前に住んでいたのですが、その時はまだ「四季の味 ふじ芳」さんを知らず、今回、初訪問となりました!! 今回は、初訪問ということで、一番安い「うずら鍋コース(3500円)」をオーダー!! 足りなければ、追加オーダーすることにしました。 乾杯は、瓶ビール(サッポロ黒ラベル)で!! 生ビールもいいですが、冬に飲むには、瓶ビールがいいですねぇ。。。 お通しは、うざく!! お通しが、うざくって、なんかとっても贅沢ですね!! お通しが美味しいお店は、他の料理も美味しいので、めっちゃ期待が高まります。 おばんざい 優しいお味のおばんざいは、厚揚げ、筍、かぼちゃ、里芋、大根などが入っていて、一つ一つのカットが大きく、食べ応え満点です。 おばんざいにあわせて、お酒は日本酒に!! 【福美人 純米吟醸(広島県、福美人酒造】 お米の旨みをたっぷりと感じることができる食中酒にぴったりのお酒です。 刺身4点盛り 今日の刺身は、 ・寒ブリ ・メジマグロ ・平目 ・〆サバ  の4種類。 寒ブリがほどよく脂がのっていて、いい感じです。 えびしんじょう揚げ レンコン・のり・しそなどのえびしんじょう揚げ!! 揚げたてアツアツで、めちゃウマっす~!! 名物「うずら鍋」が登場!! うずら鍋が来たぁ~!! こ、こ、これは、まさにマウンテ~ン!!テンションあがるぅ。。。 うずらのお肉がめっちゃモリモリっす~!! ちなみに、こちらのお肉は、うずらとひな鳥の合挽肉ミンチとのことです。 こちらのお店では、スタッフの方が最高の状態で、うずら鍋を作ってくれます。 まずは、しいたけを入れたあと、お肉を器用に肉団子にして投入。 野菜を入れて、最後に春菊を入れれば、うずら鍋が完成!! 食べてみると、出汁がほんのりと甘く、めっちゃ美味い!! うずらは骨ごとミンチされているので、軟骨のコリコリとした食感が感じられ、しっかりとした味わいがあり、ウマウマっす~!! これは、食べに来る価値ありの逸品ですね!! 美味しいお鍋に日本酒が進む進む!! 【越の寒中梅 
5eabff1a80ef89e2b474b7ab28c80cacafed7c59
店(東京)
夢呆(ムホウ)
そばはもちろん絶品ですが、タモリさんのおすすめ一つ目は「揚げ銀杏」です。 お酒が進みそうですよね! 3年間でフル充電。 蕎麦とうどんの名店が さらなる進化を遂げる 学芸大学で46年。 地元の人たちに愛され続けていた手打ちそばの店『夢呆』が、3年間の充電期間を経て再開。 この2012年2月、白金高輪にリニューアルオープンした。以前に比べ、手狭になったとはいえ、スタイリッシュな店内は、蕎麦屋の酒と肴を楽しむには格好の雰囲気だ。 獺祭、神亀といったイマドキの酒と並んで、菊正宗の升酒あたりがリストアップされているのも、老舗ならではだろう。 鳥の照焼や鮪のぬたあえなど肴も充実。 それでいて、あくまでも蕎麦屋の肴としての域を超えない力の抜き加減がまた心憎い。 茨城の契約農家直送の常陸秋蕎麦で打つ手打ち蕎麦の旨さもさることながら、見逃せないのが手打ちうどん。 ご主人の和田邦具さんによれば「最初に親父が始めたのは、讃岐うどんの店」だったそうで、和田さんもうどん打ちはお手のもの。 打ってから丸一日寝かしたうどんは、艶やかで粉の風味も豊かだ。 自慢のいりこだしで味わうなら〝刻み〟がいい。油揚げと長葱が出汁の風味を引き立てる。 【アクセス】 東京都港区高輪1-1-12 カペラビル 1F 【営業時間】 11:30~22:00(LO21:00) 【定休日】 木曜日 【TEL】 03-6459-3973