x
46ac1b4f9091095318d5f6e81a4fabb2728bf4b8
焼肉
21 フォロワー
08bb2ba00b3053e13be71f231e225300e1b482ab
焼肉
都内で最強にウマくて安い焼肉屋キター!和牛ドッサリの盛り合わせが自慢『俺の焼肉屋』
霜降りのとろけるような肉がくいてー! けど和牛を食えるほどの金がない! とお嘆きの人に朗報だ。 東京に霜降りのとろける和牛カルビやロースがドッサリ乗った盛り合わせが激安で食べられる焼肉屋があるとの情報を読者からゲットしたので早速行ってみた所、確かにメチャメチャうまくて安いのにお会計は焼肉チェーン並みだったので、ご報告しよう! そのお店の名前は『俺の焼肉屋』。所在地は東京・蒲田だ。人気店なのかと思いきや20時半で客席の埋まりが7割程度だったので若干不安になったが、気を取り直してメニューを見てみることにした。 まずはドリンクを見てみると、サワーが294円、ソフトドリンクが100円とメチャメチャ安い!お酒を飲めない人にはかなり嬉しい値段設定だ。 肉も特選の和牛カルビやロース数種類が350グラムも乗った盛り合わせが3000円、牛タンも650円と激安。早速それとナムル盛り合わせ(350円)、ライスの中と小を注文。 数分ほどしてすべてのメニューが到着、盛り合わせの肉すべてに美しいサシが入っており、とても良い肉を使っていることが伺える。 一口食べると和牛の甘味、旨味が口いっぱいに広がり、ライスと一緒に食べると幸せすぎてショック死しそうな味わいである。一般的な価格で言うと、最低でもこの1.5~2倍ぐらいはしそうな気がした。 また、ナムルや牛タンも値段以上の味。店舗の雰囲気は落ち着いた感じではなく、ガスによる火で焼くタイプの焼肉だが、それを差し引いてもコストパフォーマンス抜群のお店であった。良い肉を使っているので、炭火でなくとも十分に美味しいのである。 ちなみにかかった金額は2人で4000円ちょっと。特選の盛り合わせを頼まなくても普通の和牛カルビは430円からあるので、更に出費を抑えて良い肉を食べることだって可能だ。 2人で盛り合わせを食べたら死ぬほど腹がいっぱいになってヤバかったので、2人の時は単品メイン、3~4人で来たときは350グラムの盛り合わせを頼み、お腹の具合を見ながら他に2~3品を注文するのが良いかもしれない。 蒲田は京浜東北線か京急線、東急線を使わないと行けないので、若干都心から行くのは不便な地域かもしれないが、それでも行く価値がある店であった。
21349176aeebb21c9fc13915d87358b2ff009166
焼肉
U字工事と武田医師が、川崎コリアタウンの老舗で焼肉を堪能
11月25日放送の「別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後5時20分)、「健康さんぽ」のコーナーで、お笑いコンビ「U字工事」の福田薫さんと益子卓郎さん、医師の武田淳也さんが、焼肉レストラン「西の屋」(神奈川県川崎市)を訪れた。  同店は川崎コリアタウンで1960年から営業している老舗だ。武田さんはまず赤身にサシの入った「上ロース」(1430円 税抜き)を注文、部位に合わせて背骨の周りにある筋肉の重要性を説いた。口にした益子さんは「うんめえ。カルビみてえ」と評した。次に武田さんは30種類の焼肉から、おすすめの3点を選んだ。第3位は「ハラミ」(850円 税抜き)。常に動く牛の横隔膜で、脂分が少なく低カロリーで高タンパクだという。第2位は「ハツ」(580円 税抜き)。絶えず動く心臓で脂分がほとんどない。第1位は、牛の脚の付け根、腰から尻にかけての部位「ランプ」(2100円 税抜き)。武田さんは赤身肉で脂分が少ないなどの特徴を説明した。  1位の予想を当てた福田さんは「ランプ」を食して「また、うんまい!」と一言、満足げだった。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。
7ae8b48e04b00063b4713ae37a90336309037e44
焼肉
激ウマ!大衆焼肉の名店
薄暗い小道に小さく光る黄色看板。焼肉激戦区、赤坂の路地裏にある、昭和の香りを残す一軒家の老舗焼肉店「赤坂 大関」 天井の低い煤けた店内は、1階がテーブル席で趣ある佇まい。2階は座敷になっていて、煙と香ばしい匂いが漂っています。勢い良く肉が焼ける音、サラリーマンたちの会話、二階席の廊下から階下に向かって注文を叫ぶ声。すべてが入り交じってまるで高度経済成長期の場末のような空間を作り出しています 精肉は、定番のカルビやロースをはじめ、ミスジやイチボなどの希少部位など堪能できますが、オススメは牛一匹と牛半分の2種類から選べる特別コース! ~牛一匹コース~ 1皿目/塩だれホルモン&精肉(7種) 2皿目/タレ厚切り精肉(5種) 3皿目/みそだれホルモン盛合せ(7種) ~牛半分コース~ 1皿目/塩だれホルモン&精肉(7種) 2皿目/タレ厚切り精肉(5種) 評判の塩だれは、シンプルだが美味しい!肉質やお客さんによって微妙に配合が変えています。脂が乗った肉ならば塩を強めに、お年寄りのお客さんなら塩を弱めに、お酒と共に味わっている男性客ならば塩やにんにくを強めにと緻密なテクニックが肉の美味しさを引き立てくれます そのほかにも、一品料理やクオリティーの高い多彩な精肉やホルモンが楽しめます *営業時間 17:00~23:30(月~土曜日) 15:00~21:00(日曜日、祝日)
Be0a13227a7f20dd1bcc1fd8498f8893139ff921
焼肉
炭火焼肉なかはら
三ノ輪の「炭火焼 七厘」といえば、焼肉マニアであってもそうでなくても、一度くらいは名前を聞いたことがあるに違いない。 七厘の営業を10月末で終了し、市ヶ谷に新しくオープンしたビルの最上階に入り、「炭火焼肉なかはら」として再始動した。 下町風情のあった昔の店舗を知る人からすると、モダンでスタイリッシュな店内に驚くかもしれない。 代名詞とも言える、「幻のタン」は予約必須。 日本一、いや世界一と言ってもいい最高級黒毛和牛のタンは、初めて食べた人は衝撃を受けるに違いない。 タン元、タン先、タンゲタの3種類が盛り合わせになっており、それぞれに味の濃さと食感の違いを楽しめる。 一番高価で希少なタン元は特に、なめらかさ、弾力、あふれ出る肉汁に感動すら覚えるだろう。 また、レッドカーペットと呼んでもいい「サーロイン」は美しい肉目にうっとり。 サッと焼いて口に入れれば肉の甘さと脂の甘さに目を閉じてしまいそうになる。 脂は口の中でさーっと溶けていき、キレが良いのが特徴。 「ハラミ」と「シンシンカブリ」 好きな人が多いハラミは、繊維の質感を楽しめる部位。 四方を焼いて肉汁を閉じ込め、ハラミの中で肉汁を対流させて焼き上げるのがポイント。 シンシンカブリは内腿にあたる赤身肉。これも焼過ぎに注意が必要だ。 赤身なのにしっとりと柔らかく、まとわりつくような肉質を堪能してほしい。 「なかはら」では保健所の許可を得た合法生肉を提供している。 ユッケが大好きなそこのあなた!思う存分にいただくことができるのだ。 シメは冷麺もいいが、肉寿司でシメるというのはどうだろう。 極上肉を使った肉寿司は「なかはら」以外ではなかなかお目にかかれない。 個室も完備し、ワインや日本酒も揃っているので、肉好きな方への接待も成功すること間違いなし!
180b8409af50faeff2a296450c53538d31c1d491
焼肉
焼肉本舗 ぴゅあ 品川店|JA全農グループ直営の焼肉店
「焼肉本舗 ぴゅあ」は、JA全農ミートフーズ直営の焼肉店。全国のJA産地を通じで出荷された畜産物を取り扱う、国産畜産物No.1シェアの会社直営だから、新鮮で安心な国産の肉を手頃な値段で楽しめる。カジュアルな雰囲気の店内で、全国JA産地から取り寄せた国産肉を満喫。 ランチメニュー ○国産牛カルビランチ 1000円/肉1.5人盛1300円 キムチ、サラダ、スープ、 ご飯大盛り無料 ○国産牛ハラミランチ 1100円/肉1.5人盛1400円 (ハラミ・サガリ) ライス・スープ・サラダ・キムチ付 ○国産和牛上カルビランチ 1600円/肉1.5人盛2000円 ライス・スープ・サラダ・キムチ・ナムル付 ○お肉屋のビーフカレー 国産牛使用 750円/大盛800円 スープ・サラダ付き ○国産牛カルビ丼 900円 スープ・サラダ・キムチ・温泉玉子付 ○カルビクッパランチ 800円 サラダ付 ○ビビンバランチ 800円 スープ・サラダ・キムチ・温泉玉子付き ディナーメニュー ○国産牛 カルビ 880円 ハラミ 1080円 上ハラミ 1880円 ○国産 黒毛和牛 カルビ 1080円 中落ちカルビ 数量限定 980円 上カルビ 1680円 ○国産牛 ホルモン ギアラ 680円 レバー 780円 ハツ 680円 ショウチョウ 680円 シマチョウ 780円 ミノ 780円 ○一品 ナムル盛り合わせ 780円 ナムルもやし 450円 焼肉 ぴゅあ 品川店 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル2F 050-5799-1505 月-金 ランチ11:30-15:00/ディナー16:00-23:00 土 15:00-22:00 日祝休 54席(夜景が見える) 全面喫煙可(ランチタイム全面禁煙) JR品川駅港南口から徒歩3分