x
Missing
伊豆
0 フォロワー
tabbed by Maruco
3ee910754503b270ed7ff769555ee4e7f9e3a6cc
伊豆
《熱海市》MOA美術館
クロードモネ「睡蓮」や秀吉「金の茶室」などご存知の方も多いでしょう。 同美術館の創立者岡田茂吉(1882~1955)は 「美術品は決して独占すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、娯(たの)しませ、 人間の品性を向上させる事こそ、文化の発展に大いに寄与」するとの信念のもと、 戦後、東洋美術の優品の蒐集につとめ、海外への流出を防ぎ、 昭和27年、財団法人東明美術保存会(現在は財団法人エム・オー・エー美術・文化財団)を設立し、 箱根町強羅に箱根美術館を開館しました。 その後、創立者の「熱海にも世界的な美術館を建設し、日本の優れた伝統文化を世界の人々に紹介したい」 との願いを継承して、昭和32年、熱海市に熱海美術館が開かれ、 昭和57年創立者生誕百年の年には、現在の本格的な美術館を開館。 Mokichi Okada Associationの頭文字を冠するMOA美術館と改め、 当財団の中心拠点として、美術品の展観をはじめ、いけばな、茶の湯、芸能、児童作品展など、幅広い文化活動を展開しています。 同美術館のコレクションは、尾形光琳筆「紅白梅図屏風」、 野々村仁清作「色絵藤花文茶壷」、手鑑「翰墨城」の国宝3点をはじめ、 重要文化財65点を含む約3500点で構成されています。 その内容は、東洋美術を中心に絵画・書跡・工芸等各分野にわたり、 近年蒐集の西洋絵画及び彫刻等も含まれています。 毎月企画展を開催していますので、一度行ったことのある方も 今度は企画展に合わせて見学してみてはいかがでしょう? ここからの景色もとても素晴らしいです。 http://www.moaart.or.jp/ 住所/熱海市桃山町26-2 電話/0557-84-2511 営業/9:30~16:30(入館は16:00迄) 休館/木曜日、年末年始 料金/大人1600円・大高生800円・小中生無料 交通/熱海駅より「MOA美術館」方面行きバスにて約10分→終点下車 駐車場/あり(無料)