x
Missing
湯布院
0 フォロワー
tabbed by yoko
A6d8475db6c7060d9c68c02ad3116c76799b6936
湯布院
まるで宝箱のよう - naYa
どうして、納屋? ー「たくさんの素敵なものが詰まったお店になればいいと思って」と、店主の彩子さん。その言葉通り naYaには たくさんのキラキラしたものが詰まっている。 湯布院の観光名所・金鱗湖を抜ける。地元の人でも迷うという、知る人ぞ知るカフェ。実際お邪魔している間にも二回、道案内を乞う電話がかかってきた。 バス停の看板の奥、緑に囲まれて何だかその建物自体が気持ち良さそうに佇んでいる。 店に入ると窓辺に並ぶ食器たち。大分の作家さんの作品や彩子さんがベトナムで買い付けたという食器に木漏れ日が落ちてキラキラと揺れている。 低めのカウンターの席につく。メニューには飲み物と、何かのタルト、の文字。出て来るまでわからないのかな?と思っていたら、きちんと黒板に書いてあった。日替わりでタルトを1〜3種類用意するので、その日にならないとわからないらしい。今でその数10種類以上、ぜひ通ってコンプリートしたいくらい、どれも美味しい。 珈琲もnaブレンドとayaブレンドとあり、それぞれ苦味と酸味が強めのブレンドになっている。アイスコーヒーもポットに氷をいれてそこに直接珈琲を落とす。何故そんな淹れ方をするのか訊いてみたところ、「急速に冷やした方が美味しくなるんです、風味がはっきりするというか」と教えてくれた。 お店の奥には、大分で活躍する作家さんのポストカードや絵が飾ってあり、隣には本棚に小説が置いてある。「本が人から人へ、旅をしていくのが好きなんです」そう語る彩子さん。小説に限り、お持ちかえり自由である。 彩子さんの淹れる珈琲、手作りのタルト、大分の作家さんの作品、木漏れ日、旅する小説、訪れる人々ーーたくさんのキラキラが詰まった素敵なカフェ、naYa。わたしには納屋というより宝箱に思えた。 湯布院散策の際には是非訪れてほしい。 tel : 0977-75-9760 営業時間 9:00〜17:00 定休日 : 金曜日 ※6/20 一周年記念 珈琲100円 Facebook : http://m.facebook.com/naya0620?refid=9&_rdr#_=_