x
⛲ 日本三大清流の一つ「柿田川湧水群」の透明度がスゴい | RETRIP
2017.03.29
⛲ 環境庁「名水百選」「二一世紀に残したい日本の自然百選」 ⛲ 東京から約2時間、富士山の麓に、 柿田川という 全長1.2kmしかない一級河川としては最も短い河川がある。 川の透明度は群を抜いており 長良川・四万十川とともに日本三大清流に数えられている。 その湧き水は全部富士山に降った雨や雪。 大自然が作ったその湧水群に 12月頃になると、 鮎が産卵のために柿田川を遡上してくるなど、 いろいろな生物がやってきて新たな命が生まれる。 ⛲ 柿田川上流にあり、富士山の伏流水が、1日100万トン、こんこんと湧き出ている湧水群は、 飲料水、工業用水、農業用水に利用されている。 *飲料水として日最大約19万トン *工業用水として日最大約11万トン *農業用水として約0.6万トン ⛲ 水温は年間を通して15°前後で安定しており、 そのまま飲料水として飲める程きれい! ⛲ 柿田川誕生の歴史は富士山の噴火! 約8500年前に富士山の爆発で大量に噴出した三島溶岩流層と その下の火山表層の性質により、 この地方に降った雨や雪は地下水となって流下し、 三島市や柿田川の地表に湧き出ている。 その中でも最大のものが本湧水群である。 ⛲ 【かつてはかなり汚染された川だった・・・】 高度経済成長時代には製紙工場の排水が流れ込んだり樹齢百年を超える樹木が伐採されるなど、涼しげな場所というには程遠い姿だった。 第二展望台にある、あの水の青さにひきこまれそうになる深くて神秘的な円筒で囲まれたわき間。 これは当時の製紙工場の取水管の名残である。 ★工場に汚染されていたのは今となっては昔の話。今は日本三大清流に挙げられる程のきれいさを取り戻した柿田川。 ちょっとした散歩にでも、まったりとしたデートにもうってつけのスポット、一見の価値あり!
アイテムのスポット情報
柿田川湧水群
[静岡県]
静岡県駿東郡清水町伏見72−1
オリジナルアイテムをクリップした人

コメント

Missing