x
【玄】ユーミンが『死ぬ前に食べる最後の晩餐』に選んだ、ミシュラン⭐️の蕎麦処
2016.04.27
奈良市福智院町、室町時代の書院造りの様式を伝える文化財・今西家別邸を利用した、ミシュラン1つ星を2012年以来毎年獲得し続ける有名人御用達のお蕎麦の有名店。 清酒「春鹿」で有名な今西家の別邸として建てられた、とても趣きのある建物を使用していて、まさに「隠れ家的」と言いたくなってしまう渋い店。 以前、ユーミン(松任谷由実)さんが「死ぬ前に食べる最後の一食を選ぶとしたら?」という質問に対して、"最後の晩餐"を玄さんのお蕎麦だと雑誌『文藝春秋』の蕎麦特集で言っていて、ご主人が年末になるとユーミンさんの自宅へ年越し蕎麦として生蕎麦を贈る仲だとか。 また、著名人や歌舞伎役者、某ハリウッド監督もフラリと立ち寄ったり、奈良出身の堂本剛さんがコンサートの打ち上げなどでよく利用しているお店なんだそう。 夜は一日二組限定、今のところ(15'12月現在)当面は予約はパンパンみたい。 お昼のメニューは、基本のお蕎麦は「せいろそば(@1,050円)」「田舎そば(@1,050円)」の2種類。 そのバリエーションとして、「梅たたきの水そば(@1,260円)」「山かけそば(@1,260円)」「おろしそば(@1,260円)」とある。 また、蕎麦を使った一品も何種類かあり、「そばがき(@1,260円)」「そば団子(@420円)」「そば豆腐(うにのせ・ゆばのせ)(各@525円)」などもある。
アイテムのスポット情報
[奈良市]
奈良県奈良市福智院町23−2
オリジナルアイテムをクリップした人

コメント

Missing