x
うどんsugita
2015.01.21
うどんに魅せられたご主人が独学で打ち上げる麺は、 讃岐風でも武蔵野風でもない、ここにしかないうどん。 もっちりとしたコシと小麦の力強い風味を堪能できる1杯です! 中目黒駅から少々離れた住宅街の一画に、ご夫婦で切り盛りする、小さなうどん屋さんがあります。 その名も「うどん sugita」。元々「麺喰い」だったご主人は、独学で打ち方を習得。 讃岐でも武蔵野でもない、オリジナルうどんを作り上げたのです。 昼のみの営業というハードルの高さを乗り越えてでも、食べに行く価値は充分にある、そのうどんを今回はご紹介しましょう! 磯の風味と小麦の香りが一体に 「のりぶっかけ」(1100円)は、驚くほどたっぷりの海苔で、磯の香りが豊かに漂います。 でも香りの正体はそれだけではありません。 うどん自体にも青のりを練り込み、さらなる奥深い香りを生み出しているのです。 ご主人のうどんに対する思い入れは相当なもの。仕込みは営業終了後の夕方から、深夜にまで及ぶそう。そしてその翌日は朝5時から。手間ひまかけて生み出されるその1杯をご堪能あれ! ■うどん sugita 【所在地】: 東京都目黒区上目黒2-47-5 【電話番号】:03-3719-0699 【定休日】:水曜・木曜 【営業時間】:11:30~14:00(土日祝は~15時)
アイテムのスポット情報
うどん sugita
[東京23区]
東京都目黒区上目黒2-47-5
オリジナルアイテムをクリップした人

コメント

Missing